サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 色情霊との性的行為――そのエクスタシーの原理に迫る【1】/【色情霊】の正体を精神科が分析
第1特集
色情霊との性的行為――そのエクスタシーの原理に迫る【1】

出会えるポイントは“レム睡眠”?江戸後期から語り継がれる色情霊、精神科医がそのメカニズムを分析!

+お気に入りに追加

日本では古くから幽霊とセックスする──色情霊との性体験を綴った作品が多く残されている。それは必ずしも“フィクション”として語られるものだけではなく、現代まで“実体験”として語られているケースも少なくない。果たして、色情霊は本当に存在するのか? 精神科の医師と共に迫ってみたい。

出会えるポイントはレム睡眠?江戸後期から語り継がれる色情霊、精神科医がそのメカニズムを分析!の画像1
幽霊とのセックス体験は文学やマンガ、映画など、これまでにも多くの作品で描かれてきた。それは果たして、ただの妄想の産物なのか、それとも……。(写真/@prelude2000_flickr)

「夜明け前に金縛りに遭い、目に見えない何かに乗っかられる感覚がありました。そして手探りで上半身を触られたんです。金縛りに遭うとき、いつもだったら首を絞められるのに、その日は手が下に下りていって、股間を触られました。ズボンを下ろされる感覚があって、パンツも脱がされている感じがしました。実際には下ろされてはいなかったのですが……。そして、その後に股間を触られている感触があって、それがすごく気持ちいいんです。はっきりエクスタシーを感じましたし、実際に触られているよりはるかに気持ちよかったです――」

 これは幽霊とセックスしたという50代の男性A氏の体験談だ。A氏のように、性的な行為を迫ってくる幽霊、いわゆる「色情霊」に遭遇したという報告例は決して少なくない。ネット上でも「色情霊」で検索すると、こういった体験談が多数寄せられていて、なかには“真剣な悩み”として相談する人もいる。

 本来、恐怖や畏怖の対象であるべき幽霊が、エロいことをしてしまっているなんて……。呪いや祟りといった類ではなく、純粋にエロが目的の幽霊など、存在していいのだろうか! 

 すでに夢精とは年齢的に無縁となってしまった身(筆者の年齢は30代後半)。しかも最近は精力自体衰えているゆえ、寝ているだけでエロい体験ができるというのは非常に興味深い。  

 しかし、現実的に考えて、色情霊体験とはどのような状態にあるのか? できるだけ怖い要素を排除しつつ、体験できそうな方法を探ってみたい。

 そもそも色情霊とは、そのスジのマニアたちの間では「性や恋に対する未練を残したまま死んでしまった者が、その執着から現世で幽霊となり、異性と性交をしようとするもの」とされている。特に日本ではその存在は昔から言い伝えられており、国際日本文化研究センター名誉教授で日本の美術史家・春画研究家としても知られる早川聞多氏によると、随筆などにも色情霊と思わしき現象が数多く書かれているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』