サイゾーpremium  > 特集  > アダルト  > 色情霊との性的行為――そのエクスタシーの原理に迫る【1】/【色情霊】の正体を精神科が分析
第1特集
色情霊との性的行為――そのエクスタシーの原理に迫る【1】

出会えるポイントは“レム睡眠”?江戸後期から語り継がれる色情霊、精神科医がそのメカニズムを分析!

+お気に入りに追加

日本では古くから幽霊とセックスする──色情霊との性体験を綴った作品が多く残されている。それは必ずしも“フィクション”として語られるものだけではなく、現代まで“実体験”として語られているケースも少なくない。果たして、色情霊は本当に存在するのか? 精神科の医師と共に迫ってみたい。

出会えるポイントはレム睡眠?江戸後期から語り継がれる色情霊、精神科医がそのメカニズムを分析!の画像1
幽霊とのセックス体験は文学やマンガ、映画など、これまでにも多くの作品で描かれてきた。それは果たして、ただの妄想の産物なのか、それとも……。(写真/@prelude2000_flickr)

「夜明け前に金縛りに遭い、目に見えない何かに乗っかられる感覚がありました。そして手探りで上半身を触られたんです。金縛りに遭うとき、いつもだったら首を絞められるのに、その日は手が下に下りていって、股間を触られました。ズボンを下ろされる感覚があって、パンツも脱がされている感じがしました。実際には下ろされてはいなかったのですが……。そして、その後に股間を触られている感触があって、それがすごく気持ちいいんです。はっきりエクスタシーを感じましたし、実際に触られているよりはるかに気持ちよかったです――」

 これは幽霊とセックスしたという50代の男性A氏の体験談だ。A氏のように、性的な行為を迫ってくる幽霊、いわゆる「色情霊」に遭遇したという報告例は決して少なくない。ネット上でも「色情霊」で検索すると、こういった体験談が多数寄せられていて、なかには“真剣な悩み”として相談する人もいる。

 本来、恐怖や畏怖の対象であるべき幽霊が、エロいことをしてしまっているなんて……。呪いや祟りといった類ではなく、純粋にエロが目的の幽霊など、存在していいのだろうか! 

 すでに夢精とは年齢的に無縁となってしまった身(筆者の年齢は30代後半)。しかも最近は精力自体衰えているゆえ、寝ているだけでエロい体験ができるというのは非常に興味深い。  

 しかし、現実的に考えて、色情霊体験とはどのような状態にあるのか? できるだけ怖い要素を排除しつつ、体験できそうな方法を探ってみたい。

 そもそも色情霊とは、そのスジのマニアたちの間では「性や恋に対する未練を残したまま死んでしまった者が、その執着から現世で幽霊となり、異性と性交をしようとするもの」とされている。特に日本ではその存在は昔から言い伝えられており、国際日本文化研究センター名誉教授で日本の美術史家・春画研究家としても知られる早川聞多氏によると、随筆などにも色情霊と思わしき現象が数多く書かれているという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』