サイゾーpremium  > 特集2  > 【本当にエロい写真】座談会

――デジタルデバイスの発達もあって、写真がより身近になった昨今。写真展もそこかしこで活発に開催されるなど、にわかに写真ブームの様相を呈している。しかし実際の写真批評となると“権威にまみれたご託宣”のごとき解説が並び、一般人にはとっつきにくい……。そこでここでは、現役の写真家たちが、セクシーやエロ写真を切り口として最新の写真事情について語った。

1610_2toku4.jpg
インスタグラム(ライアン・マッギンレー)
多くの写真家がインスタグラムにアカウントを持っており、作品とは違った味わいがある。

[座談会参加者]
A…カメラマン歴15年 男性
B…カメラマン歴5年 男性
C…カメラマン歴20年 男性
D…カメラマン歴17年 男性

──今回は、現在活躍している写真家の皆さんに、写真におけるエロ表現の今について、お話しいただければと思います。

A エロといえば、まずはヌードですよね。最近だとアメリカのフォトグラファー、ライアン・マッギンレーの大規模な個展『BODY LOUD!』(東京オペラシティ アートギャラリー、16年4/16~7/10)が、話題になりましたね。

B 撮影自由だったから、おじさんが真剣な顔で、ガラケーで延々と裸の写真を撮ってるのがおもしろかったです(笑)。

A ライアンって「裸+自然」みたいな写真で知られているけど、似たようなモチーフを別のフォトグラファーが広告で使っていて。代理店やクライアントの意向なんだろうけど、ああいうのを見ちゃうと、日本におけるライアンの価値も終わりかな、と思わされますよね。だって、ライアンに頼めばよかったじゃん、という類の仕事なんだもの。

──ライアンといえば、ヌードのポートレートも有名ですよね。チェキや「写ルンです」で身の回りにあるものを撮るみたいな、90年代頃の雰囲気がリバイバルしているのでしょうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』