サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【FSD】を腐った目線で観る!

――『フリースタイルダンジョン』の人気は、今やヒップホップに興味がなかった人をも惹きつけている。その筆頭格が、二次元系のオタクや腐女子だ。本稿では、日本語ラップを聴きつつオタクでもある方々と、ヒップホップの素養はないが『FSD』に萌えている方に集まってもらい、オタク目線での面白みを語り合った。

1606_fujyoshi_01.jpg
YouTubeでの全編公開が『FSD』人気に寄与していたが、残念ながら5月10日で配信が終了。

A:日本語ラップリスナー歴10年・腐男子
B:日本語ラップリスナー歴15年・オタク男性
C:日本語ラップリスナー歴10年・腐女子
D:非ラップファン・腐女子

A 最近ネットで、腐女子やオタクの人が『フリースタイルダンジョン』(以下、『FSD』/詳細は本特集冒頭参照)にハマってるのを見ることが増えましたね。僕は日本語ラップも好きだし、アニメやBL【※1】含めマンガも好きだから、両者が交わりつつあるのがうれしいです。

B 皆、アニメを観る感覚でハマっているんじゃないかな。一昔前まではネットだと「ラップは親に感謝ばかりしてる」という揶揄も多かったし、自分自身オタク友達に「俺クラブ行ってる」と言ったら「ナンパしてるの?」みたいになることも多かった。その後、ゼロ年代後半に「ニコラップ」のようなネット発のラップが注目されたりして、だんだんオタクの中でも日本語ラップやヒップホップが“アリ”になってきた記憶がある。でも本来のヒップホップファンの中では、ニコラップは認められてない空気もあった。

C 昔はヒップホップファンの前で、オタクや腐女子をカミングアウトなんて絶対できなかった。でも今は、ヒップホップファンで「アニメ見てます」という人も増えてるし、『FSD』に出ているACE【※2】くんもアニメ好きを公言してますよね。双方の文化が徐々に近づいてきて『FSD』が決定打になったんじゃないでしょうか。周りの腐女子も、『弱虫ペダル』や『ハイキュー!!』【※3】みたいな、スポーツマンガと似た感覚で『FSD』を楽しんでいる感じがあります。

1606_fujyoshi_02.jpg
『FSD』放送第19回にも登場したGOMESS。その異色のキャラクターで、NHKの『ハートネットTV』に取り上げられた。画像はアルバム『あい』より。

D 私はもともとヒップホップのことは全然知らなかったんですが、『高校生RAP選手権』(以下、『高校生~』)をたまたま観て、GOMESS【※4】くんに萌えたんです。全然ヒップホップをやりそうなルックスじゃないのに、どんどん勝ち進んでいくのが面白くて。それで気になって調べたら、「GOMESSとニガリ【※5】の関係性まとめ」みたいなネット記事を見つけたんです。ニガリくんはGOMESSくんに憧れて『高校生~』に出て、一度戦った上で仲良くなった。その2人が河原でじゃれ合いながらラップを披露する動画を観て、「これはヤバい」と。『高校生~』も『FSD』も、出てくるラッパー同士のライバル関係や先輩後輩という関係性がわかりやすくて、『ASAYAN』やジャニーズJr.を観てるノリで楽しめるんですよね。

C 『FSD』でも、チャレンジャーはもちろん、モンスターにも毎回煽りVTRがつけられてて、しつこいくらいにラッパーの背景を解説しますもんね。

A あと、意外と重要なのは「コンプラ」【※6】。元来ヒップホップはホモソーシャルというか、女性蔑視的な表現の多い文化だけど、そういう表現に「コンプラ」をかぶせることで、表面上は覆い隠されているじゃないですか。結果、女性にも抵抗なく届いたというのはあると思う。

C 『FSD』では誰に萌えてる人が多いんですかね? 私は古めのヒップホップファンなので、般若【※7】が一番物語を持ってるって思っちゃうんですけど。般若×焚巻【※8】なんか、泣いてるZeebraさんも含めて最高でしたよ。

D 周りを見てると、R-指定【※9】×DOTAMA【※10】戦で一気に腐人気に火がついたと思います。

B 自分の周囲ではなぜか、腐女子よりも百合厨【※11】があの試合にめちゃくちゃ反応してた。2人を女子化させたイラストをツイッターに上げたりして。

A 煽りVからバトルの内容まで関係性の歴史が出ていた上に、2人とも感情がむきだしで、わかりやすかったんでしょうね。見た目も好対照だし、『弱ペダ』でいうと東巻(東堂尽八×巻島裕介)【※12】みたいな(笑)。

D DOTAMAさんなんて、そのまんまBLマンガに出てきそうなルックスしてますもんね。

A やっぱり女子にとっての入口として、ルックスは大事だと思うんですよ。マンガと一緒で、T-Pablow【※13】みたいなイケメンやDOTAMAみたいなヒップホップらしくないキャラがいるから萌えが成立するのでは。漢【※14】さんやサイプレス上野【※15】さんだけだと劇画になっちゃうから……。

C でもR-指定とDOTAMAをBLで考えると、掛け算の前と後ろ【※16】がどっちなのか、人によって意見が違うんですよね。みなさんはどっち派ですか?私はR指定×DOTAMA派なんですが。

D 私もそっちです。「年上性悪ヒゲメガネは受け」という解釈になりがち……。

B 我々2人は逆です。きれいに性別で意見が割れましたね。

A 僕はチャレンジャー総攻め説を推してるんで、どうしてもD×Rなんです。

D つまりモンスターが誘い受け【※17】、と(笑)。一方で、イケメンだけどT-Pablowくんはあんまり腐女子の餌食にはなってない印象があります。

C 彼の場合は、カップリングどうこうというより、少年マンガの主人公を見る気持ちで観てるのでは? PONY戦なんかまさに「戦いの中で成長してる……!」って感動しましたよ。

A ニガリ戦も少年マンガっぽさがあった。クラスの素朴なやつと人気者が、凸凹コンビ的にお互いを認め合いながら戦う、っていう王道。そもそもT-Pablowは“設定”盛りすぎじゃないですか。川崎の不良が『高校生~』で優勝して一度消えて戻ってきて、また優勝した時点でドラマティックなのに、双子で、2人を中心にクルーを組むという。

C そのままふゅーじょんぷろだくと【※18】で単行本にできるレベル!

D 商業BLでも『コオリオニ』【※19】みたいなガチでエグいやくざモノで話題作が出てきたり、「屑BL」や「下衆BL」アンソロジーなんかもあったりで、暴力的なBLマンガも以前と比べてすごく増えたと思うんです。腐女子のツボのひとつとして、「ロマンスとしての底辺社会」みたいなものがあるんじゃないか。

A 「ロマンスとしての底辺社会」ってパンチラインだな(笑)。そもそも日本社会全体が、だんだんゲットー的なものを身近に感じるようになってきてるというのはあるかもしれないですね。それは腐女子も例外ではない、という。

B そのほかの『FSD』の注目バトルでいうと、こないだのR-指定×KOPERU【※20】戦もすごかった。

C あれは超燃えたし萌えた!

B ヘッズの間で、先に名前が知られていたのはKOPERUくんなんですよ。B-BOY PARK・U20のバトルを勝ち抜いて優勝して一気にプロップスを上げて。その後Rくんとコッペパンというユニットを組んで解散して……という背景があった2人が、「地上波でいまお前とやり合えてうれしい」「ニヤニヤしてんじゃねぇよ」ってバトルするという。

D しかもそこでKOPERUくんが、Rくんに勝ったら賞金もらって帰っちゃうっていうのがまた……。「Rくんとの関係性だけで『FSD』に出てる」って言ってるようなものじゃないですか。

C KOPERUくんが「(ここで挑戦を)やめます」って言った瞬間、思わず審査員席で拳を上げるERONE【※21】にも目がいった(笑)。地元の兄貴みたいな人が、後輩同士の絆を見て盛り上がっていたのが良かったです。

A 先輩・後輩なら、漢×MEGA-G【※22】戦もいい。バトルの内容も良かったし、終わった後のMEGA-Gの……

B 「ディスりきれなかったです」! あれは名言ですね。漢さんでいうと、輪入道【※23】とのバトルも好きでした。

C バトル以外だと、KEN THE 390【※24】とサ上の組み合わせがツボです。同い年で仲良いんですよね。KENが審査コメントするときに「上野は~」って呼び捨てにするのがすごい好き。

A サ上がドリームランドの仲間たちと集まっているVTRがあったじゃないですか。敗戦が続いてるサ上に対して、相方のロベルト吉野【※25】が「負けは勝ちだよ、負けたほうが得るものが大きい」と慰めて、「そう言ってくれるお前がいるの超うれしいぜ」ってサ上が返す。あれ見たとき、「何があっても、こいつがいるから大丈夫」って思ってる関係性って超素晴らしいな、と。

D 「何があっても、こいつがいるから大丈夫」って、まさにBLで描かれる関係性の最高峰じゃないですか。

B 「サ上とロ吉」って、すでにカップリング名ではなく普通にユニット名ですけどね(笑)。

「RUMIが出たら泣く」最終的には男女やおいへ!?

1606_fujyoshi_03.jpg
バトルでの評価も高く、レーベルSANAGI RECORDINGSも主宰するRUMI。画像は『甘い魔者』より。

D 詳しい人から見て、今後チャレンジャーとして出てきたら、物語的にも盛り上がるラッパーって誰ですか?

C いろいろいるけど、私、RUMI【※26】が出たら泣いちゃうな。

B 確かに、焚巻戦以降、次に般若と物語を作れる人はRUMIしかいないかも。

D どんな人なんですか?

A DJ BAKUとRUMIと般若が高校生の頃、「般若」というグループを組んでたんです。RUMIが家庭の事情で辞めてしまって、バラバラになっていたんだけど、08年のUMBで2人が決勝で戦って。そこで般若がRUMIに対して「お前はいつの間にかいなくなったけど俺は何も変わっちゃいねえ」って言う。

C しかもその時RUMIは「般若」のメンバーだったDJ BAKUと結婚してる。すぐ離婚しちゃうんだけど……。

D その背景だけで、すごく興味が湧きました。女性ラッパーの活躍も観たいし。

B それにRUMI強いですもん。女性ラッパーの中では、一番強いんじゃないですか?

A しかし今回「腐視点」で、っていうお題なのに、最終的に期待するのが女性との物語でいいんでしょうか。

D やおいに性別は関係ありませんよ! 【※27】

(文/昆布羅井案子)

【※1】BL:男性同士の恋愛や関係性を描いた作品のこと。SEEDAやSALUを手がけるプロデューサー・BACHLOGICのことではない。

【※2】ACE:『FSD』では隠れモンスターだったり通訳・山下新治だったりするラッパー。

【※3】『弱虫ペダル』や『ハイキュー!!』:少年マンガ。腐女子人気が高く、二次創作の一大ジャンルになっている。

【※4】GOMESS:幼少期に自閉症と診断され、引きこもっていた過去を持つラッパー。

【※5】ニガリ:MC ニガリa.k.a 赤い稲妻。長野県出身の朴訥としたキャラクターが特徴。

【※6】「コンプラ」:『FSD』のバトル中、放送禁止用語(=コンプライアンス的にマズい)と判断されたワードにかけられるピー音・伏せ字のこと。

【※7】般若:『FSD』ではラスボスを務める。

【※8】焚巻:UMB2010埼玉準予選の優勝者。現在、唯一ラスボス般若までたどり着けたチャレンジャー。

【※9】R-指定こちらの記事参照。

【※10】DOTAMA:黒髪+眼鏡にスーツ姿という珍しいスタイルのラッパー。バトル歴12年で、数々の大会で好成績を収めている。こちらの記事に登場したハハノシキュウの相方。

【※11】百合厨:男×男を愛好する腐女子に対し、女×女を愛好する人々のこと。

【※12】『弱ペダ』でいうと東巻(東堂尽八×巻島裕介):『弱ペダ』二次創作における人気カップリング。性格も競技スタイルも真逆でありながら、互いを認め合う宿命のライバル関係。

【※13】T-Pablow:本誌「川崎」連載でお馴染み、BAD HOPのメンバー。『FSD』ではモンスターのひとり。

【※14】漢こちらの記事参照。

【※15】サイプレス上野:通称“サ上”。『FSD』のモンスターのひとり。レペゼン横浜ドリームランド。

【※16】掛け算の前と後ろ:BLの「◯◯×△△」という表記から、「掛け算の前」が攻めで、「後ろ」が受けを指す。

【※17】誘い受け:BLにおいて、攻めに対して自らちょっかいを出したりして誘いをかけていく受けのこと。

【※18】ふゅーじょんぷろだくと:BLに強い出版社。重めのストーリーやエグめの作品に定評がある。

【※19】『コオリオニ』:刑事×ヤクザのBLマンガ。梶本レイカ作。ルポライター・鈴木智彦氏や深町秋生氏ほか、ヤクザものを手がける作家を驚愕させている話題作。

【※20】KOPERU:大阪出身、若くしてバトルで名を上げたラッパー。

【※21】ERONE:大阪の老舗ヒップホップクルー・韻踏合組合のメンバーであり、『FSD』審査員のひとり。

【※22】MEGA-G:漢率いるMSCのメンバーのひとり。

【※23】輪入道:2014年のMCバトル9大会で優勝した実力者。般若同様に長渕剛の熱烈なファン。

【※24】KEN THE 390:KOPERUも所属するレーベル・DREAM BOYの主宰。『FSD』審査員。

【※25】ロベルト吉野:「サイプレス上野とロベルト吉野」のDJ。

【※26】RUMI:フィメールラッパー。

【※27】やおいに性別は関係ありませんよ!:今や「やおい」は必ずしも男同士の恋愛だけを指す単語ではなくなっている。「男女やおい」という概念は、マンガ家よしながふみが三浦しをんとの対談で語っており、徐々に広がりつつある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ