サイゾーpremium  > 特集2  > 重厚長大した【大ヒット作】裏レビュー

――紙幅の都合上、こちらの記事の中に登場した人気タイトルすべてを紹介することはできないが、タイプの異なる6作品をピックアップ。多様化したソシャゲの世界をのぞき見てみよう。

1605_2toku_1.jpg

■ソシャゲの代名詞となったロングランタイトル
【1】『パズル&ドラゴンズ』
[開発・運営]ガンホー・オンライン・エンターテイメント
[開始日]12年2月20日(iOS)/12年9月18日(Android)
[ジャンル]パズルRPG
 手持ちのモンスターを使ってパーティーを組み、ドロップを利用したパズルを行うことでダンジョンのモンスターを倒して進めてゆく。入手したモンスターを合成することで育成ができる。もはや「パズドラ」という単語がソシャゲを意味しているという誤解を生むこともあるくらい、日本国内でもっともよく知られたソシャゲ。

 孫正義氏の弟・孫泰蔵氏が会長を務めるガンホーは、13年にソフトバンクの子会社化。もともとは『ラグナロクオンライン』という人気のオンラインゲームの運営会社として知られていた。



1605_2toku_2.jpg

■大手の受託で溜めたノウハウと絵力で勝負
【2】『グランブルーファンタジー』
[開発・運営]サイゲームス
[開始日]14年3月10日(ブラウザ版)
[ジャンル]RPG
 厳密に言うと、モバゲー上で配信されているブラウザゲーム。キャラクターデザインとサウンドディレクターを『ファイナルファンタジー』シリーズを手がけた人物が担当しており、豪華スタッフ陣と美麗な絵でユーザーを集めている。

 もともとサイゲームスは、大手の人気タイトルの開発を受託で担ってきたことで成長してきた会社。そこで培ったノウハウを活用して、本作や『神撃のバハムート』のような自社タイトルを当てていると見ることができる。だがさすがに最近のガチャ騒動で、勢いは削がれるか。


1605_2toku_3.jpg

■往年のヒットシリーズはここでも強し
【3】星のドラゴンクエスト
[開発]モバイル&ゲームスタジオ
[運営]スクウェア・エニックス
[開始日]15年10月15日(iOS/アンドロイド)
[ジャンル]RPG
 通称『星ドラ』。パーティを組んで地図上を冒険し、遭遇した魔物と戦う王道RPG。『ドラクエ』シリーズをソシャゲに落とし込んでおり、家庭用ゲーム機時代の雰囲気を比較的忠実に再現している。DSでいう「すれちがい通信」のような機能を備えており、地方やイベント会場などで端末を振るとアイテムを入手できる。

 スクエニは『ファイナルファンタジー』のほうでもソシャゲ化に成功、『ファイナルファンタジー グランドマスターズ』ほか、複数タイトルがスマートフォン向けにリリースされ、評価を得ている。


1605_2toku_4.jpg

■SMAP中居のCM起用も話題に
【4】『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』
[開発]サイゲームス
[運営]バンダイナムコエンターテインメント
[開始日]15年9月3日(Android)/15年9月10日(iOS)
[ジャンル]アイドルリズムゲーム
 度重なるアニメ化や派生シリーズによって、お化けコンテンツと化した『アイマス』のリズムゲーム。通称『デレステ』。年末からSMAP中居正広をCMに起用し「だからアイドルはやめらんねぇ!」と叫ばせたが、その直後SMAP解散騒動が勃発したため、観る者に微妙な気持ちを呼び起こした。

 バンナムは自社で開発をあまり行わず、本作もサイゲームスが担っている。ただしこれまでの『アイマス』シリーズはモバゲー上で配信されていたのが、本作は完全にバンナムによる直接配信になっており、状況の変化を感じさせる。


1605_2toku_5.jpg

■LINE+ディズニーという最強の組み合わせ
【5】『LINE:ディズニーツムツム』
[開発・運営]LINE
[開始日]14年1月29日
[ジャンル]パズルゲーム
 制限時間内に、積み上げられた“ツム”(ディズニーキャラがデフォルメされたぬいぐるみ)を3つ以上つないで消すパズルゲーム。開始から4日で100万ダウンロードを突破し、現在もトップセールスランキング上位をキープ。LINEでつながっている友人のスコアを見たり、自分のスコアを知らせたりゲームに誘うことができる。

 LINEゲームとしては、そのほかに『ポコパン』もヒット作だが、現在は少々勢いが落ち気味。それに対し、『スター・ウォーズ』なども取り込んで、『ツムツム』はまだユーザーを伸ばしている。


1605_2toku_6.jpg

■原作・アニメファンという太客
【6】『Fate/Grand Order』
[開発]DELiGHT WORKS
[運営]TYPE-MOON、アニプレックス
[開始日]15年7月30日(Android)/15年8月12日(iOS)
[ジャンル]RPG
 同人ゲームから一大ブランドに成長を遂げたTYPE-MOONの、伝説的ノベルゲーム『Fate/stay night』スマホ版。原作のシナリオライター・奈須きのことイラストレーター・武内崇が企画の中心となっている。2010年代に入ってからもアニメ化などのメディアミックス展開がなされていた人気作のため、固定ファンを多く抱えており、インディペンデント系ながら大手ゲームメーカーと渡り合うほどの売り上げを叩き出している。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ