サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 【石油利権】って何だ?
第1特集
イスラム世界1400年の歴史を読み解く【4】

日本には石油を掴むチャンスがあった!?――イスラム世界と【石油利権】

+お気に入りに追加

そもそもアラブ世界に対する欧米列強の関与の強い動機となったものは、いうまでもなく石油である。19世紀半ばにアメリカで産声を上げた石油産業は、一次大戦を経て一気に重要度を増し、いわゆる石油メジャーが形成されていく。そんなおりもおり、1931年にバーレーンで、33年にクウェートで、そして38年にサウジアラビアにおいて大規模な油田が発見され、ペルシャ湾岸地域の政治的重要度は格段に増し、それがかの地の国際紛争を一層複雑なものへと変えていくのである。

1603_gairon_05.jpg
2008年に撮影された、サウジアラビアの油田の様子。(写真/REX FEATURES, アフロ)

 イスラエルやパレスチナ問題同様、近現代の中東世界を考える上で欠かせないのが、石油の存在と欧米列強の干渉だろう。保坂氏は、この分野の本としてはダニエル・ヤーギン著『石油の世紀』(日本放送出版協会)が最も充実していると話す。

「『石油の世紀』には、19世紀の終わりから20世紀の初頭、オイルショック時などの詳細な裏側が描かれており、欧米政府や大企業が、石油を巡ってどんな権謀術数を張り巡らせてきたかがわかる」

 中東の石油が世界各国の標的になった大きな要因として、1914年に始まった第一次世界大戦がある。同大戦は、戦車、飛行機、戦艦など当時の新兵器が惜しげもなく投入されたことでも知られるが、それはそのまま、それら新兵器の動力源たる石油の重要性を飛躍的に高めていくこととなったのだ。以後、「石油=国力」となっていくのだが、まさにその頃、中東では次々と石油が発見される。イランは1907年と少し早いものの、イラク、バーレーン、クウェート、サウジアラビアなどはすべて1920〜30年代。この地域を押さえることの重要性は、加速度的に増していったのである。

「ちなみにこの1930年代初頭、日本政府に対し当時のイラク王国の石油会社から、利権を買わないかという打診が入っています。しかし日本政府は何も返事をしないまま、話は立ち消えになる」

 日本は当時、石油の輸入をほとんどアメリカに頼っていた。そのアメリカに対して全面戦争を仕掛けていったのだから、そもそもが無謀な戦いであったわけだ。当時、すでに一部の石油メジャーは中東にも触手を伸ばし始めていた。もし、あの時代に中東との関係を築き石油を確保できていたとしたら……。現在の日本の立ち位置が大きく変わっていた可能性さえも、否定できないのではなかろうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ