サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 韓国の売れ筋【反日本】
第1特集
やっぱり韓国人は日本が嫌い!?【2】

罵詈雑言から韓日戦争まで……これが韓国の売れ筋「“反日”本」だ!

+お気に入りに追加

韓国では、実は日本ほど悪意に満ちた本は多くないことは本文で見た。そんな韓国の日本関連書籍をいくつかご紹介!

■盗作騒動でミソがついたベストセラー
コテコテ“反日”本

1508_anti-J_2.jpg

【1】『日本はない』チョン・ヨオク(1993年)
【2】『下品な日本人』ユ・ジェスン(1994年)
【1】は、チョン・ヨオクが日本人のイジメ体質や没個性的な性質を批判した激辛エッセイ。反日感情を煽って一躍ベストセラーになった。同氏は本書の成功から政治家に転身。しかし12年に、友人であるルポライターのユ・ジェスンから「自分のアイデアや資料を盗用した作品」と訴えられ、12年に敗訴。政治家としての信用も失墜した。なお、盗用元と思われるユ・ジェスンのエッセイ【2】は、【1】の翌年の発売である。

■植民地時代の英雄が安倍首相を撃つ!
“日帝時代”系小説

1508_anti-J_3.jpg

【3】『安重根、安倍を撃つ』キム・ジョンヒョン(2014年)
【4】『亡魂』キム・トクス(2015年)
伊藤博文を射殺した安重根が現代に生まれ変わり、安倍総理を狙撃。裁判で、「歴史歪曲」「竹島領有権」など安倍総理が犯した15の罪を糾弾するという歴史フィクション小説。作家は「右傾化する安部内閣への警告」と話す。韓国の“反安倍感情”が表面化したような一冊だ。一方の【4】は、「竹島には日本を沈没させる秘密がある」というブッ飛んだ設定の小説。日本の植民地解放時代に、主人公が竹島の謎に迫る姿が描かれる。

■やっぱり日本が圧勝しちゃう!?
韓日戦争モノ

1508_anti-J_4.jpg

【5】『fire day』ユン・ジョンソク(1995年)
【6】『1999韓日戦争』ペク・ナクボム(1992年)
架空の韓日戦争をテーマに戦争の恐ろしさを描いた【5】。単純な日本批判というよりも、戦争によって生じる悲惨な事件や人間の変化に焦点が当てられた群像劇。海上封鎖によって深刻な物資不足に陥る韓国や、日本国内で起こる反戦デモなどをリアルに描写。【6】は【5】と同じテーマながら、韓国人が書いたとは思えないほど、日本が圧倒的な強国として描かれている。韓国ではいまだに強烈なアンチがいるほどの問題作である。

■日本のすべては韓国発信!
“ルーツは韓国”系

1508_anti-J_5.jpg

【7】『日本は百済の亡命政権』キム・ソンホ(2012年)
【8】『日本はもうひとつの韓国』プ・ジヨン(2009年)
元官僚のキム・ソンホは、日本の地名が韓国に似ていることに驚き、正しい歴史を解明すると誓う。その後、歴史書を研究し、82年に『沸流百済と日本の国家起源』を出版。「日本人の祖先は韓国人で間違いない」と論理的に分析した。それから約30年後に大幅な加筆修正版として出版されたのが【7】である。【8】は、「日本語は韓国語のなまりである」など、言語、地理、歴史などから韓国がいかに日本に優越しているかを説く。

■日本人はすべからくスケベである!
“日本の性文化”系

1508_anti-J_6.jpg

【9】『日本女性に対する90秒ポルノグラフィー』チョ・ミン(1999年)
【10】『日本性文化』キム・ユシク(2004年)
儒教国家色がまだ強かった1990年代。日本へ留学した著者たちが受けた衝撃をもとに、日韓の“性文化”の違いを記した【9】と【10】。前者は、スケベという言葉の持つ日韓の印象の違いを分析。性を嫌悪する当時の韓国よりも、比較的オープンな日本の性文化のほうが美しいと解説している。後者は、より儒教国家ならではの視点で日本の風俗やAVなど性文化を分析。装丁のエロさから、ビニールに包装されるという異例の事態に。

■日本をマジメに経済分析!
“現代日本分析”系

1508_anti-J_7.jpg

【11】『インターネット時代と日本の沈没』ウィ・ジョンヒョン(2012年発売)
【12】『墜落する日本』イ・ジョンガク(2011年発売)
これまで韓国で書かれた日本に関する書籍は前提として、日本に対する“アリ”か“ナシ”かを語る本が主流だ。【11】は、そうした観点を無視して、世界的な市場を席巻した任天堂やソニーの業績不振を例に取り、優秀な人材だけを集めた閉鎖的な企業体質はインターネット社会のグローバル化に適応できないと分析。【12】もまた、感情論を抜きにして日本の少子高齢化に伴う人口減少問題に焦点を当て、同じ問題を抱える韓国人に苦言を呈す。

【註】各書籍の日本語タイトルは、編集部が独自に翻訳したものです。あらかじめご了解くださいませ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ