サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【韓国】"反日"本のキケンな世界
第1特集
やっぱり韓国人は日本が嫌い!?【1】

安重根が安倍晋三を暗殺する歴史フィクションが大ウケ!? 韓国で読まれている“反日”本の中身を検証する!

+お気に入りに追加

――日本に反韓、反中国本があふれているように、韓国にだって反日の本があふれている!? 伊藤博文を暗殺した安重根が現代によみがえって安倍晋三を射殺する!?日本が太平洋に沈んで跡形もなくなる!? 知られざる、韓国国内で読まれている“反日”本を、彼の地の出版事情と共にお届けいたします!

1508_anti-J_1.jpg
『日本はない』の邦訳版である『悲しい日本人』。1994年にたま出版より発売され、翌年、翌々年には続編も発売されている。

 韓国で出版されている「“反日”本」の実態に触れる前に、まず韓国出版業界の現状を俯瞰したい。結論からまず書くのであれば、韓国の出版業界もまた、世界各国の趨勢に漏れず不況に襲われている。

 韓国出版文化協会が毎年公表している資料によると、1998年に約1億9000万部あった総発行部数は、14年には約9416万部まで激減。98年の半数を割り込んだ。初版の平均発行部数も右肩下がりで、05年の5550冊から、14年には1979冊まで落ち込んでいる。

 それだけではない。95年に5449店舗あった書店は、13年の統計では1625店舗まで減少。教保文庫(日本の紀伊國屋書店などに相当)など大型テナントに居を構える有名チェーン店は残る一方で、街の小規模な書店は徐々に姿を消し始めている。この書店の店舗減少については、日本と似たような状況にあるといえるのではないだろうか。当然、各出版社が商品を卸す書店の数も年々減少している。10年にはひとつの出版社あたり平均32・5店舗だったのが、14年には21・5店舗となった。

「韓国の出版業界に大きな打撃を与えたのは、98年のアジア通貨危機(IMF危機)と08年のリーマンショック。特に98年のIMF危機の際には、廃業に追い込まれる中小出版社が多かった。加えて韓国では、IMF危機以降にIT革命が起き、急速にデジタル化、オンライン化が進みました。そのような背景から、紙の出版文化や書店を取り巻く環境が一気に悪化しました」(韓国某出版社・社長)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』