サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【韓国】"反日"本のキケンな世界
第1特集
やっぱり韓国人は日本が嫌い!?【1】

安重根が安倍晋三を暗殺する歴史フィクションが大ウケ!? 韓国で読まれている“反日”本の中身を検証する!

+お気に入りに追加

――日本に反韓、反中国本があふれているように、韓国にだって反日の本があふれている!? 伊藤博文を暗殺した安重根が現代によみがえって安倍晋三を射殺する!?日本が太平洋に沈んで跡形もなくなる!? 知られざる、韓国国内で読まれている“反日”本を、彼の地の出版事情と共にお届けいたします!

1508_anti-J_1.jpg
『日本はない』の邦訳版である『悲しい日本人』。1994年にたま出版より発売され、翌年、翌々年には続編も発売されている。

 韓国で出版されている「“反日”本」の実態に触れる前に、まず韓国出版業界の現状を俯瞰したい。結論からまず書くのであれば、韓国の出版業界もまた、世界各国の趨勢に漏れず不況に襲われている。

 韓国出版文化協会が毎年公表している資料によると、1998年に約1億9000万部あった総発行部数は、14年には約9416万部まで激減。98年の半数を割り込んだ。初版の平均発行部数も右肩下がりで、05年の5550冊から、14年には1979冊まで落ち込んでいる。

 それだけではない。95年に5449店舗あった書店は、13年の統計では1625店舗まで減少。教保文庫(日本の紀伊國屋書店などに相当)など大型テナントに居を構える有名チェーン店は残る一方で、街の小規模な書店は徐々に姿を消し始めている。この書店の店舗減少については、日本と似たような状況にあるといえるのではないだろうか。当然、各出版社が商品を卸す書店の数も年々減少している。10年にはひとつの出版社あたり平均32・5店舗だったのが、14年には21・5店舗となった。

「韓国の出版業界に大きな打撃を与えたのは、98年のアジア通貨危機(IMF危機)と08年のリーマンショック。特に98年のIMF危機の際には、廃業に追い込まれる中小出版社が多かった。加えて韓国では、IMF危機以降にIT革命が起き、急速にデジタル化、オンライン化が進みました。そのような背景から、紙の出版文化や書店を取り巻く環境が一気に悪化しました」(韓国某出版社・社長)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載