サイゾーpremium  > 特集  > IT  > ハッカーの再就職先は【危険ドラッグ】の密売!?
第1特集
サイバー犯罪とハッカー最前線【2】

地下化する日本ハッカーの現在 ハッカーの再就職先は危険ドラッグの密売!?

+お気に入りに追加
anonymouss.jpg
『我々はアノニマス 天才ハッカー集団の正体とサイバー攻撃の内幕』(ヒカルランド)

――かつては、他人のPCからデータを取得したり、メールやSNSのパスワード取得、そして決済システムへの侵入などをしていたハッカーたち。サイバー対策に関する法律が定められたことで、違うシノギへと移行しているようだ……。

「ホワイトハッカー」などの言葉が流通しはじめ、これまで語られていたようなハッカー=犯罪者というイメージは薄らぎつつある。しかし、現実にはいまだに多くの違法行為を働くブラックハッカーたちが暗躍しており、個人情報を盗んだり、詐欺行為を働くといった悪事も少なくない。

「コンピュータにこだわっているだけではハッキングは成り立ちません」と語るのは、元ハッカーとして犯罪スレスレの行為を行ってきた山本氏(仮名)。彼によれば、ハッキングを行うために、対象の会社で働きながら内部情報を収集したり、個人情報を盗み出すために宅配業者に変装したり、運転免許証を偽造したりと、もはやスパイ顔負けの行動を行ってきたという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ