サイゾーpremium  > 特集2  > 1分でわかる!?【ピケティ】に便乗しまくる雑誌レビュー

――ピケティ、そして『21世紀の資本』に関連した経済論文のことはよ~くわかった! では、(サイゾー含む)商魂たくましい日本の出版業界は、このブームにどう便乗してきたのだろうか? 当記事では、日本の出版メディアによるピケティと『21世紀の資本』の関連記事を、サクサクサクっと総ざらい!

keizai15035s.jpg
『【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!』(あさ出版)

 まず、日本の雑誌でこのブームにいち早く便乗したのは「日経ビジネス」。英エコノミスト誌がピケティを取り上げた記事を翻訳掲載している。いずれも「政策の設計図としてはお粗末」(14年5月19日号)、「英ファイナンシャル・タイムズがデータに疑義」(14年6月9日号)とネガティブな内容だが、後者に関してはピケティ自身が反証済み。ピケティの考察が海外で多くの議論を巻き起こしていることがわかる。

 日本でピケティが注目を集めるきっかけとなったのは「週刊東洋経済」(7月26日号)における巻頭特集だろう。他誌に先駆け独占インタビューを実現し、『21世紀の資本』の論点、日本社会の現状についての提言、「資本主義のポジティブな力は、公共の利益のために利用するべき」「本の目的は議論を巻き起こすこと」といったピケティの言葉を紹介。なぜアメリカでピケティが熱狂的な議論を巻き起こしたのかを分析するコラムも掲載し、概要を知るには十分な内容になっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号