サイゾーpremium  > 特集2  > 演劇界への続々投入の【卒業を見据えた】運営戦略
第2特集
乃木坂46"清楚さ"の裏側【4】

乃木坂は演劇界からひっぱりダコ!? 卒業後も見据えたソニーの女優化戦略

+お気に入りに追加

――AKB48グループと比べ、お茶会やかるた大会など文化系イベントを頻繁に行っている節が見受けられる乃木坂46。なかでも、結成以来、毎年行われる演劇公演は、ファンの評判も高い。ここでは、『「アイドル」の読み方: 混乱する「語り」を問う』(青弓社)の著者で、乃木坂46に詳しいライターの香月孝史氏が、その重要性を分析した。

1501_にとく_15.jpg
今年3月に『デスブログ 劇場版』で主演を務めた中田花奈。彼女のほか、能條愛未などがそれぞれ主演を務めるホラー映画3作が公開された。

 乃木坂46には、「劇場」が存在しない。このため、メディア非選抜メンバーが歌やダンスをアピールする場所が乏しくなっており、メンバー内やファンの不完全燃焼を招く種になっているようにも見える。

 しかし、乃木坂46の目指す姿はそもそも、今日のアイドルシーンのスタンダードからはやや離れたところにあるのかもしれない。乃木坂46運営委員会委員長のソニー・ミュージックレコーズ今野義雄氏は『OVERTURE No.001』(徳間書店)のインタビューで乃木坂について、「ひとつの”劇団”のような女優集団を目指したい」と当初のコンセプトを語っている。「将来的に、彼女たちが一線級の役者と並んでも遜色がないように羽ばたいてほしい」というその言葉からうかがえる乃木坂の未来像は、歌やダンスを中心的な活動にする現在のアイドルの標準型には当てはめにくいものなのだ。

 その象徴が、CDデビューした2012年から毎年恒例になっているミュージカル公演『16人のプリンシパル』である。やや試作品的な企画だった初年度の公演を経て、前年の渋谷PARCO劇場から13年には赤坂ACTシアターに会場の規模をアップさせ、13年は演出に劇団「毛皮族」主宰の江本純子、脚本に劇団「ナイロン100℃」所属で映画『桐島、部活やめるってよ』の脚本でも知られる喜安浩平を招聘し、小劇場演劇界の実力者と乃木坂46メンバーとの化学反応を期待する布陣をとった。今年の公演では、テレビドラマ『ミューズの鏡』(日本テレビ)『コドモ警察』(TBS)などの演出家、福田雄一を起用している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』