サイゾーpremium  > 特集  > 企業裏事情  > 【エンタメ業界】音楽不況に視聴率不振でお先真っ暗!?

――年末を迎え、各企業の14年度第2四半期の連結業績が発表され始めた。本稿では、エンタメ、通信・IT、メディア、製造の”サイゾー的”要注目企業をチェックしていこう。

1412_donyu_01.jpg
(絵/都築 潤)

↓ソニー
[連結売上高]7兆7672億円 [純利益]-1283億円[連結従業員数]140,900人
2014年度第2四半期決算において、現在までの売り上げ台数が約330万台と発表されたプレイステーション4。決して低い数字ではないが、純利益を補う数字とはならなかった模様。また、音楽事業部は今年4月に商号を変更。「エンタメといえばソニー」と称された企業は、迷走から抜け出せるか。

↓フジテレビ
[連結売上高]6421億円 [純利益]172億8200万円 [連結従業員数]1,377人
「振り向けばテレ東」と揶揄された振るわない視聴率、頼みの綱は人気ドラマの続編、局内社員の大異動、ヤラセ疑惑に誤報など、今年3月期決算では、在京民放キー局5社の中で唯一の減益となったフジテレビ。開局55周年を迎え、一時的に明るいニュースにも恵まれたが、再生の日はいつになるのやら。

↑エイベックス
[連結売上高]1569億3500万円[純利益]73億2,200万円 [連結従業員数]1,423人
音楽不況といわれてはや数年、そんな向かい風をものともしなかったのが、創業以来の最高益をたたき出したエイベックス。『アナと雪の女王』のサウンドトラックで潤う音楽事業のみならず、BeeTVをメインとした映像事業、今夏開催された『ULTRA JAPAN』といったライブ事業など、”思わぬヒット”と”手堅いヒット”をうまく両立させた。

↑レベルファイブ
[売上高]104億円(2011年発表) [純利益]非公開[連結従業員数]280人
泣く子も黙る『妖怪ウォッチ』人気で、あらゆるメディアでその企業名を誇示したレベルファイブ。ニンテンドー3DSのゲームは販売本数100万本を突破し、関連玩具である「妖怪メダル」は、もはや1000万枚の販売に迫る勢い。今や社会現象となった”妖怪ウォッチ熱”は、いつまで続く?

※注釈がない純利益は14年3月期純利益、「連結売上高」は14年度3月期、「連結従業員数」は2014年発表の数字になります。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載