サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 6組の【アイドル声優】たちのウラオモテ
第1特集
萌え声な上にカワイイ!【2】

アニメでキャワイイ萌え声を奏でる彼女たちの“素顔”とは? 6組のアイドル声優たちのウラオモテ

+お気に入りに追加
1411_voice_08.jpg
アルバム『Thank You』(2014年2月、フライングドッグより)

■ももクロと同じ事務所の変わり種
中島愛(なかじま・めぐみ)
1989年6月5日生まれ、25歳。スターダストプロモーション所属
08年、アニメ『マクロスF』で約5000人の応募者の中からランカ・リー役を勝ち取り声優デビュー。「ランカ・リー=中島愛」名義の楽曲「星間飛行」が大ヒットすると、09年に本人名義での音楽活動をスタート。音楽的にも評価は高かったが、今年3月末で約5年間にわたる音楽活動を無期限休止。ブログや公式HPも閉鎖され引退説も流れたが、放送中の『ハピネスチャージプリキュア!』でキュアラブリー役に抜擢。マクロス一発屋の汚名を返上したが、今後の活動予定は不透明なまま。アメリカのプロレス団体WWEや昭和アイドル歌謡が好きというサブカル属性があまり生かされることがないのは、非常に残念。

1411_voice_07.jpg
公式サイトより

■ガンダムママが強力に助力
潘めぐみ(はん・めぐみ)
1989年6月3日生まれ、19歳。アトミックモンキー所属
一般公募を経て、08年に実写映画『櫻の園』で女優デビュー。声優としては日本大学芸術学部演劇学科に在籍中の11年、『HUNTER×HUNTER』の主人公・ゴン=フリークスに抜擢されデビュー。同作には、彼女の母親で機動戦士ガンダムでララァ・スンを演じた潘恵子も主人公の育ての親役として参加、親子共演を果たした。速水奨・秀之、大塚周夫・明夫など二世声優は少なくないが、彼女の場合は特に強く母親がバックアップしていると囁かれるも、演技力もあるので人気は上々。現在放送中の『ハピネスチャージプリキュア!』で、キュアプリンセス役を担当するなど、着実にステップアップを重ねている。

1411_voice_06.jpg
アルバム『4 colors for you』(2014年6月、ランティスより)

■ソニー傘下の実力派集団
スフィア[高垣彩陽(28)、豊崎愛生(27)、戸松遥(24)、寿美菜子(23)]
ミュージックレイン所属
09年2月に4人で結成された声優ユニット。同年4月にはシングル「Future Stream」で歌手デビュー。大手ソニー傘下で資金力があるだけに、事務所の営業力はピカイチ。4人それぞれが単独でも活躍しているが、なかでも戸松と高垣は声優としても芝居に定評があり、最年少メンバーの寿も成長著しく、アイドル声優の中では実力者集団である。『けいおん!』の平野唯役で大人気声優としての地位を確立した豊崎は、ルックスもよく深夜のバラエティ番組に出演するなど活躍の幅を広げたが、本人にはアイドル活動への意欲がないようで、人気はかげり気味で、近年は声優としても恵まれた作品に出演していない。

1411_voice_05.jpg
シングル「齧りかけの林檎」(2014年10月、ポニーキャニオンより)

■最近は少しテング気味!?
竹達彩奈(たけたつ・あやな)
1989年6月23日生まれ、25歳。アセンブルハート所属
日本ナレーション演技研究所の特待生オーディションを経て、当時の最年少記録である15歳でアイムエンタープライズに所属。08年に、OVA『kiss×sis』で声優デビュー。翌年出演した『けいおん!』の大ヒットで知名度が上昇。かわいさのツボを押さえた王道のアニメ声で人気を確実にし、以降、ラジオや音楽など活躍の幅を広げたが、知る人ぞ知る“窃盗癖”が問題となり、12年5月にアセンブルハートへ移籍した。もともと根暗だったが、最近は現場でも努めて愛想良く振る舞っているとか。一方で、最近は挨拶もしてくれなくなったと嘆く技術スタッフも。ある意味“プロ”になったということか。

1411_voice_04.jpg
シングル「ほほ笑みモード」(2014年10月、Aniplexより)

■地下アイドルの知られざる過去
花澤香菜(はなざわ・かな)
1989年2月25日生まれ、25歳。大沢事務所所属
幼稚園児の頃から子役として活動し、『やっぱりさんま大先生』などに出演していた。03年にアニメ『LAST EXILE』で声優デビュー。地下アイドルを経て、06年に『ゼーガペイン』で本格的に声優業を志し、大沢事務所に所属。新人時代は非常に声が小さく、制作スタッフは「大沢事務所が推すんだから何かあるんだろう」と使い続けていたという。その後、『かんなぎ』や『魔法遣いに大切なこと ~夏のソラ~』『化物語』などの作品に出演し、メキメキと技術が上達。グラビア展開可能なほどのルックスと、女性ファンも引き寄せる透明感のある声で、いまやトップクラスの人気を誇るアイドル声優に。

1411_voice_03.jpg
シングル「Tinkling Smile」(2014年8月、キングレコードより)

■子役あがりのロリロリ萌え声
小倉唯(おぐら・ゆい)
1995年8月15日生まれ、19歳。シグマ・セブンe所属
08年に「internet Adventure〔iA〕 」のアバターボイスで声優デビュー。モーニング娘。などを擁するアップフロントと提携したアップフロントスタイルからデビューしたため、初期は普通のアイドルとして見られることも多かったが、StylipS、RO-KYU-BU!といった声優ユニットに参加しながら、『ロウきゅーぶ!』『ヤマノススメ』などオタク人気の高いアニメで主要キャラを演じ続けたことで人気を獲得。13年には、ゆいかおりとして長年コンビを組んできた石原夏織と共に、シグマ・セブンeに移籍。子役出身でダンスや歌の経験もあり、ルックスもいいので作品に恵まれれば大化けの可能性も。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ