サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 【高橋ダイスケ】「マッチョ・ドラゴンとラジャ・ライオンだけはガチ」
連載
ライター・高橋ダイスケの青春のプロレス読闘記【6】

「マッチョ・ドラゴンとラジャ・ライオンだけはガチ」

+お気に入りに追加

――本で蘇る、僕たちの青春だったあのプロレスラー・格闘家回顧録。

1409_ccc_05.jpg
『流血の魔術 最強の演技』(講談社)。

 [絶版になってしまった本がどうしてもほしくなり、方々探したものの見つからず、『1万円払ってでも手に入れる!』と覚悟を決めた矢先、ブックオフの100円コーナーで発見して、ちょっと複雑な気持ちになった」のが、今回紹介する『流血の魔術 最強の演技』(講談社)である。

 この本は、25年間新日本プロレスでレフェリーを務めたミスター高橋による暴露本だ。本書では、これまで氏がかかわった「猪木舌出し失神事件」「シンの伊勢丹前襲撃事件」「藤原テロリスト事件」「噛ませ犬発言」「流血の仕組み」などの裏側を明かし、それらが演出=ブックだったことを発表。陰りを見せ始めた業界に転換を促すべく、日本のプロレスもアメリカのWWF(当時)のようにエンターテインメントであることを公表して、その路線でいくべきだと説いた。この本は発売された当時(2001年)、一部を除くプロレス関係者から徹底的に黙殺されていて、かく言う僕も「なんてことを書くんだ! 馬鹿野郎!」と憤慨し、不読不買を決め込み、新日本プロレスへの忠義を貫いたものだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』