サイゾーpremium  > 連載  > 過激なコラムニスト発掘!CYZO COLUMN CURATION  > 「ポリスから逃れて踊れ!ACID期の迷作『RAVE』」
連載
【DJ】 MOODMANのゲームに電源はいらない【1】

「ポリスから逃れて踊れ!ACID期の迷作『RAVE』」

+お気に入りに追加

――DJがレコードをゲームに持ちかえ"電源不要遊戯"の楽しみ方を伝授!

1409_ccc_04.jpg
『RAVE』の中身はこんな感じ。各種フライヤーがゲームのキーとなる。

 電源いらずのエンターテインメント、いわゆるボードゲームやカードゲームについてつらつら連ねる前段として、そもそもの話を。私が90年代初頭にボードゲームにハマるきっかけになった『RAVE』について触れさせていただきます。

 91年にUKの〈WOW〉から発表されたこの逸品は、セカンド・サマー・オブ・ラヴ【註:80年代末のダンス・ミュージックのブーム】を契機に欧州全土に広がったレイヴ文化をボードゲームに定着。クリミナル・ジャスティス法【註:94年制定の反レイヴ法】によるレイヴ衰退前夜の狂乱を疑似体験できる希有なシミュレーション・ゲームです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号