サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > オネエ系モデル・IVANが選ぶイケメン妄想写真集
第1特集
女の妄想促進剤!イケメン写真集の中身

乾いた女も思わず濡れる! オネエ系モデル・IVANが選ぶイケメン妄想写真集

+お気に入りに追加

――「グラビア写真集」といえば女性タレントやアイドル、女優など”女の主戦場”であるのは言わずもがな。しかし、一方で”男性グラビア”の世界もじわじわと広がりを見せているのだ。ここではオネエ系モデル・IVANが”オンナ目線”と”モデル目線”で、その楽しみ方を伝授。女は男のナニを見て興奮するのか? 男性読者諸君、必見です。

1409_IVAN_01.jpg
(写真/加藤純平)

 出版不況の煽りを受け、女性タレントの写真集売り上げは軒並み頭打ち。一方、今でもコンスタントに売れ続けているのは実は男性写真集なのだ。そこで今回は男女両性を使い分けるモデルとして人気急上昇中のIVAN氏に、イケメン写真集10冊を眺めてもらい、エロ度数とファッション度数を測ってもらった。ぶっちゃけ発言満載、IVAN節炸裂でお届けします。

 がんちゃん(岩田剛典)、昨日一緒に飲んでた~ウケる。この人はEXILEの中では甘いマスクで、どちらかというとアイドル系ですよね。という意味では、この『G 岩田剛典』【1】は、「自分ががんちゃんの彼女だったら」と乙女な妄想ができる写真集。「デートで私が撮ってきちゃった」みたいなノリ。そこは昔のアイドルとは違うよね。今は”会いに行けるアイドル”のような身近な人が求められているから。でもEXILEならNAOKIのカラダが好き!

 同じシリーズでも、『G 郷ひろみ』【2】は、全然違う。郷さんは、スターとして極めてらっしゃるので、オフショット風のコマでも、ちゃんと表情を作ってる。どの写真も計算されてるんです。全ページおしゃれですね~。撮影は香港出身の写真家? なるほど。色使いや雰囲気が、アートの域に入ってる。すごい好きです。

 お次は蜷川実花さんの作品、大好きー。「この子はこういう背景が似合うな」っていうのがよくわかってらっしゃるでしょ。例えば『NINAGAWA MEN 1』【3】のナリ(成宮寛貴)も、”ザ・成宮”って感じがする。えーと、これは誰の写真? 早乙女太一? 私のほうがきれいだわ。言うよね~(笑)。蜷川さんとは、このあいだジバンシィのパーティでお会いしたの。私のことを知っていてくださって、「ぜひ撮らせてほしい」と言われて。早く撮られたい~!

 同じ蜷川さんでも、こちらの『豊川悦司 蜷川実花』【4】は、蜷川さん色を抑えてますよね。光の色具合も。ロケ地・大阪の寂れた感じ、いいですね。しかも、エロ度が高い。ほら、このベッドで寝てるショットなんか、「おはよ、もう年なのに昨夜は何回もイッちゃったね♡」って感じ。言わすよね〜(笑)。蜷川さんって、本来、乙女のハートを持ったフォトグラファーなんですよ。でも、この写真集は男くさい。男性カメラマンが撮ったようなテイストの写真になってるから、その使い分けがすごい。

 福士蒼汰くんはかわいいよね~(『福士蒼汰写真集 Blue』【5】)。かわいいけど細マッチョは好みじゃないの、ゴメンね~。それに、きれい過ぎて妄想しづらい。「私が福士くんの彼女であるはずがない」と思っちゃう。ロケ地がオーストラリアってのも現実味がないよね~。福士くんはおとぎ話的というか王子様的というか、昔っぽいアイドルですね。

『一徹写真集』【6】は、期待していた割にはそんなにエロくない。AV男優なら、「もっとできたでしょ」って思っちゃう。ぶっちゃけそこまでイケメンでもないのに、福士くんと同じジャンルのきれいな撮り方をしてるから、「いや、君にそれは求めてない」って思う。もっと過激な撮り方をしてあげたほうがいい。カラダも期待を裏切られたわ。がっかりしてます……って言い過ぎ~?(笑)

 ここからはアスリート部門ね! キャー、村田諒太さん大好き~(『プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT』【7】)。ちょ、お尻、ヤバくない? ヤバ、ヤバ、ヤバーッ!!なんでこんなエロいの。ヤバッ、ヨダレ出ちゃう(笑)。ガッチリ系のカラダ、どタイプです♡ この女性フォトグラファーは私と同じ目線で見てますね。アングルがエロいもん。この感じをとらえられるのは女性目線ならでは。これは、渇いてる女子用です! 電マ壊しちゃお!!

 さあ、きたよ、私のダーリン、ウッチー(内田篤人/『IMPACT men 01 ATSUTO UCHIDA』【8】)。ちょっとごめんなさいね(と表紙にチューをする)。この人どこでポージングを覚えたんだろう、すごく上手。日本人でここまでハイブランドがキマる人は珍しいです。ご本人にはお会いしたことないんです。一回でいいからHしたい。絶対私と肌が合うと思う。結婚したいです。無理だと思ってるでしょ? 来年あたり篤人と電撃結婚してるかもよ、びっくりしないでよ。

『国防男子』【9】、これは女子向けじゃない。ゲイ界隈で売れますよ。もっと裸があるのかと思ったらそうでもないし。素人な感じが好きな人は好きでしょうね。

 わ、これはダメじゃん。『スクールボーイ・コンプレックス』【10】? 私、17歳の弟いるから、こういうのイヤなんです。お姉ちゃん目線で見ちゃう。かわいいんだけど、これには萌えない。何でもありなんだな、日本って。海外では絶対売れないですね。

 男性写真集を見たのは、今回が初めて。一番のお気に入りは、もちろんウッチー。ウッチーの休日に密着した写真集をプロデュースしてみた〜い。エロさで言ったら、村田さんのが一番。舐めたいもん。パクッといきたいもん。これが女の本音よ! 男性読者は女のおっぱいや脚、お尻と好みがさまざまで、その部分を見るだけでもゾクゾクするじゃない? でも、女子はカラダの部分にエロさを感じるというより、写真全体から「この人の彼女だったら……」「ここで抱かれたら……」と妄想してエロいと感じる。だから、カラダを強調し過ぎるとえげつなくなって、ゲイ雑誌になっちゃう。適度でいいんです、男性の写真集は。今日はとっても新鮮でした♡

(構成/安楽由紀子)

女の妄想を掻き立てる男性写真集10選

――2013年から14年に発行された最新イケメン写真集をカテゴリー別に編集部が厳選。IVANが☆5つで辛口ジャッジをくだす!

1409_IVAN_03.jpg

■EXILEとデート→SEXできる1冊
【1】『G 岩田剛典 三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE』
ギャンビット/2014年3月6日発売/2500円+税/撮影:Munetaka Tokuyama
ファッション度★★★☆☆
エロ度★★★☆☆
IVANタイプ度★★☆☆☆


1409_IVAN_02.jpg

広告キャスティング会社のギャンビットが発行する「G」シリーズの第2弾。EXILE兼三代目J Soul Brothersのパフォーマー岩田を渋谷、原宿、青山のスタジオで撮影。「EXILEの中では、"会いに行けるアイドル"系のがんちゃん。これ、全然着替えてないね。辛うじてスーツ姿を載せているところが、ファッションといえばファッション。DVD付き? やだ、いらなーい(笑)」(IVAN)


1409_IVAN_05.jpg

■異国情緒の中に垣間見るヒロミゴーの素顔
【2】『G 郷ひろみ』
ギャンビット/2013年5月29日発売/1905円+税/撮影:Jimmy Ming Shum
ファッション度★★★★☆ 
エロ度★★☆☆☆ 
IVANタイプ度★★★☆☆


1409_IVAN_04.jpg

「G」シリーズ第1弾。57歳(当時)の郷ひろみに香港出身の写真家が、48時間密着した。台湾の異国情緒あふれる街角にたたずむ郷などオフショット感満載。「写真集というよりは、スタイルブックですね。海外の雑誌みたい。おしゃれ。さすがセルフプロデュースをされているだけあって、よく考えられた写真集。でもエロ度は低い。ファッションとエロの両立は難しいんです」(IVAN)


1409_IVAN_07.jpg

■日本中のイケメン総勢100人勢揃いの圧巻
【3】『NINAGAWA MEN 1』
講談社/2013年1月29日発売/2667円+税/撮影:蜷川実花
ファッション度★★★★★ 
エロ度★★★☆☆ 
IVANタイプ度★★★★★


1409_IVAN_06.jpg

写真家・蜷川実花がこれまで撮影してきた男性100人以上を集めた写真集。綾野剛、岡田将生、小栗旬、妻夫木聡、東出昌大ら人気俳優を網羅しているほか、東方神起、ゆず、三代目 J Soul Brothersらアーティストの写真も収録。「間違いなくおしゃれ。けっこうエロも楽しめる。見たい俳優がほとんど載っているから、女の子同士で『この人好き、この人は別に』っていろいろしゃべりながら楽しめます」(IVAN)


1409_IVAN_09.jpg

■うらぶれた中年の肉体が醸す色香
【4】『豊川悦司 蜷川実花』
学研マーケティング/2013年3月12日発売/1905円+税/撮影:蜷川実花
ファッション度★★★★★ 
エロ度★★★☆☆
IVANタイプ度★★★☆☆


1409_IVAN_08.jpg

昔から豊川のファンだったという蜷川による、豊川初の写真集。大阪へ一緒に旅をしているような構成になっており、豊川の素っぽい表情を引き出している。「豊川さんといえば、ザ・巨根。以前、スポーツクラブが一緒で、着替えたときに見ちゃったの。ワオ! っつって(笑)。今、豊川さんの写真集を出すというのは意外性がありますね。IVANもこのテイストで蜷川さんに撮っていただきたいです」(IVAN)


1409_IVAN_11.jpg

■『あまちゃん』俳優の当たり障りない写真
【5】『福士蒼汰写真集 Blue』
ワニブックス/2013年9月20日発売/2286円+税/撮影:藤本薫
ファッション度★★★☆☆
エロ度★★★☆☆
IVANタイプ度★★☆☆☆


1409_IVAN_10.jpg

10代最後の旅をテーマにオーストラリアで撮影。ビーチハウスやモーテルでの姿を掲載しているほか、ロングインタビューも収録。「この子スタイルいいのに服に着せられてる感があるから、ちっともカッコよく見えない。カッコいいというより、かわいい。かわいいけど身近ではなく憧れという感じ。上半身ハダカで水に濡れてるショットが結構あるけど、私にとってはエロさはまだまだ」(IVAN)


1409_IVAN_13.jpg

AV男優の割には脱ぎっぷりがケチくさい?
【6】『一徹写真集 Caramel』
KADOKAWA/メディアファクトリー/2014年4月25日発売/1852円+税/撮影:野村佐紀子
ファッション度★☆☆☆☆ 
エロ度★★☆☆☆ 
IVANタイプ度★☆☆☆☆


1409_IVAN_12.jpg

さわやかな風貌で"エロメン"として女性に人気がある「SILK LABO」専属のAV男優・一徹を、荒木経惟の弟子・野村佐紀子が撮影。「意外と一緒に出ている女性モデルのほうに目がいっちゃう。女性との絡みより、ひとりエッチとかを撮影すればよかったのに。これはちゃんと書店で試し見をしてから、買うかどうか決めたほうがいいです。AV男優だからエロいだろうと思うと、がっかりします」(IVAN)


1409_IVAN_15.jpg

■乾いた女子を"濡らす"肉体美!ケツ!
【7】『プロボクサー 村田諒太フォトブック FIGHT』
マガジンハウス/2014年5月22日発売/2000円+税/撮影:山口徹花
ファッション度★★☆☆☆ 
エロ度★★★★☆ 
IVANタイプ度★★★★☆


1409_IVAN_14.jpg

鍛え抜いた肉体を持つプロボクサー村田諒太をマガジンハウス所属のフォトグラファーが撮影。一糸まとわぬバックショットなど大胆な脱ぎっぷりを見せている。「パッと見カッコいいけど、よく見たらおブス。だからこそエロい妄想が掻き立てられるわ〜。これにファッション性が加わっていたら、完璧に近い。村田さん、結婚していることを公表しなきゃよかったのに。女子のファンは萎えるよね〜」(IVAN)


1409_IVAN_17.jpg

■ウッチーをマネキンにしたスタイルブック
【8】『IMPACT men 01 ATSUTO UCHIDA』
講談社/2014年6月16日発売/2750円+税/撮影:SACHIKO HAYASHI、HIRO MATSUI
ファッション度★★★★★
エロ度★★☆☆☆
IVANタイプ度★★★★★


1409_IVAN_16.jpg

話題の男性を特集するファッションムック第1弾。サッカー日本代表の内田篤人がモデルとしてアルマーニやフェラガモなど20以上のハイブランドの服を着こなす。「私の好みドンピシャのウッチー。表情のつくり方もいい。ちょっと不機嫌そうな写真なんか、『篤人、何怒ってんのー、昨日は遊びに行っちゃったけどー、浮気なんかしてないってー』って妄想したくなっちゃう♡ エロが少ないのは残念」(IVAN)


1409_IVAN_19.jpg

■コスプレ満載!国を守る胸板に二丁目が沸く
【9】『 国防男子』
集英社/2014年5月12日発売/1800円+税/撮影:宮嶋茂樹
ファッション度★★☆☆☆
エロ度★☆☆☆☆
IVANタイプ度★☆☆☆☆


1409_IVAN_18.jpg

日本全国の基地に勤務する39名の若手男性自衛官の仕事ぶりや訓練の様子、休日の姿を、”不肖・宮嶋”こと宮嶋茂樹が撮影。「この人まつげ長ーい。マツエク? マツエクなんかしてたら国を守れないか、そうだよねー。……って、つい国を守れる・守れないというまじめな見方をしてしまうので、ふつうの女子にはちょっと重い。コスチューム萌えする人にはいいけどね。あと二丁目ではウケそう!」(IVAN)


1409_IVAN_21.jpg

■ショタ、そしてBLを愛するオタク女子向け
【10】『スクールボーイ・コンプレックス』
グラフィック社/2014年6月6日発売/1600円+税/撮影:青山裕企
ファッション度★★☆☆☆
エロ度★☆☆☆☆
IVANタイプ度★☆☆☆☆


1409_IVAN_20.jpg

女子高校生を撮影した『スクールガール・コンプレックス』で知られる青山裕企の、少年美をテーマにした写真集。小学生から高校生まで12人の男子たちを撮影。上半身裸のショットなどもアリ。「ショタが好きな人とか腐女子とかには需要があるんでしょうね。確かに、制服のショットはちょっとかわいいなと思いますけど。私には理解できません。つーか、これ一歩間違えると危なくない!?」(IVAN)


IVAN(アイヴァン)
1984年2月9日、メキシコ生まれ。父が日本人とスペイン人のハーフ、実母がメキシコ人のクォーター。04年にパリコレのモデルに選ばれ、トップモデルとして活躍するもその後ホームレス生活に陥る。13年『有吉大反省会』(日本テレビ系)での「オネエ」カムアウトと、歯に衣着せぬキャラクターで一躍人気に。初の著書『IVANTITY [アイバンティティ] 』(ワニブックス)が絶賛発売中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ