サイゾーpremium  > 特集  > ジャニーズ  > そして"放浪者"は中目黒に根付く――【EXILEと都市の発展】
第1特集
EXILEのコンテンツ・ツーリズム

HIROは阪急・小林一三になれるのか? EXILEタウン化する東京・中目黒を歩く

+お気に入りに追加
1408_nakame_01.jpg
中目黒✕EXILEマップ。↑画像をクリックすると拡大します。

――EXILEは所属事務所のオフィスのみならず、ダンススクールもアパレルショップもグッズショップも、経営する居酒屋もすべて東京・中目黒に集結させている。かつては渋谷系・文化系の街であった中目黒は、今やEXILEタウン化しつつあるのだ。宝塚歌劇団を作り上げた阪急・小林一三を手本に、なぜLDHが中目黒に根付きつつあるのか、未来予想図を考える。

 ここ数年、中目黒の街には、アパレルショップ、グッズショップ、居酒屋などEXILEの関連施設・店舗が次々と誕生し、いつの間にやらEXILEに占拠されつつあるのをご存じだろうか。

 90年代末のカフェブームを牽引したオーガニックカフェ、古着屋のパーグラムマーケットといった店に代表されるサブカルチャーとファッションが同居する街の中目黒は、かつては渋谷系の王子様・小山田圭吾が住む街として知られていた。それだけでなく多くの芸能人、文化人らを見かける街だった。だが、いつしかそれらの店はなくなり、小山田君もこの街を去り、玉川地域の桜新町に引っ越してしまった。そして、気がつくと大きなドン・キホーテがこの地に本店を移していた(2009年)。このあたりから、ヤバい感じは始まっていたのだ。
 
 で、EXILEである。彼らの母体、HIROが代表を務めるLDHは、中目黒のEXILE化を進めている。コンビニエンスストアや居酒屋チェーンが、物流の効率化を図るため、同じエリアに店舗を集中させることを、ドミナント戦略と呼ぶ。これと同じように、EXILEは中目黒に集積したドミナント戦略を発動し、この街をEXILEカラーに染めつつあるのだ。

中目黒に増殖するEXILEの聖地

 中目黒の地図を広げ、EXILE関係の物件を巡る旅に出てみよう。

 まず訪れるべき聖地は、EXILEのご本尊に当たるLDHの本社ビル【1】である。ここは、ドン・キホーテ中目黒本店から山手通りを挟んだ斜め向かいにある。本社の前で記念撮影をしようとした瞬間に、常駐している複数のガードマンがそれを阻止しようとやってくる。日常的にファンが訪れ、撮影をしていることが多いのだろうと想像できる。

 同じビルには、EXILEが運営するダンススクールのEXPG東京校【2】が入居している。夕方頃になると、ここに通うジャージ姿の小学生たちが次々集まる光景を見ることができる。ヒップホップダンスは、もはや小学校の必修科目。EXILEは、国家のお墨付きの教育施設を押さえているということになる。

 このLDH本社、EXPGの入るビルから山手通りを中目黒駅方面に歩いて行くと、すぐ隣のブロックにEXILEとのコラボレーションでオリジナルバーガーを展開しているフレッシュネスバーガーの店舗がある。こんな細部にまでEXILEは宿っているのだ。さらにまっすぐ数分歩き、ブックオフのある交差点を渡った向かいには、LDHが経営するアパレルブランド「24karats」【3】のフラッグシップストアがある。

 EXILEの強みは、ダンススクールからアパレルストアまでを幅広く手がける多角経営にある。いまどきCDは売れないし、ライブは人は集められても利ざやはたかが知れている。いやむしろ、ライブはCDを売るためのプロモーションに等しい。だが、そこに集まったファンは、新作のコンサートグッズを山ほど買ってくれるのだ。EXILEのコンサートに出かけてみると、ファンが熱狂するのは本番のパフォーマンスだけではないことがわかるはず。むしろ熱を感じるのは、会場の外である。そこでは、最新グッズの販売ブースにファンが群がっている。

 なかでも、原価が安く利益率の高いアパレルをグループ内に抱えていることは大きな武器だ。24karatsのジャージは、セットアップで3万円台。とはいえ、原価は恐ろしいほど安いはずだ。値段に付与されているのは、EXILEという付加価値。彼ら自身が24karatsのアイテムを身につけてコンサートを行ったりメディアに露出することで、付加価値を上げることができる。

 パフォーマンスや芸能活動で得た人気を、最も利益率の高いアパレルに振り向けて回収する。こうした一連のシステムとしてEXILEを評するなら、EXILEとは歌って踊れるジャージ屋さんなのだ。そういっても過言ではないだろう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号