サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【武田梨奈】海援隊の曲を聞いて「ペダルを漕ぎます!」と励まされてました。

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1407_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

1407_mimi_04.jpg

海援隊
『新しい人へ』
1972年に結成された海援隊が99年11月に発表したシングル。同年10月より放送開始され、風間俊介、亀梨和也らが出演していた『3年B組金八先生』第5シリーズの主題歌でもあった。


 クレディセゾンのCMで、頭突きで瓦を割らせてもらったんですけど、この間、数えてみたんです。全部で200枚以上でした。なんの数字かというと、実際に頭突きで瓦を割ってみるという企画をテレビでやらせていただきまして。「あのCMでは本当は割ってなくて合成なんじゃないか?」というご意見があったからなんですけど、そんなわけでいろんな番組で実際に割ってみた瓦の枚数が200枚以上という(笑)。

 空手は小学校4年生から始めて、高校1年生の時には全国大会で優勝することができました。ただ、始めたきっかけは、父と弟を応援に行った大会で2人ともが1回戦負けしちゃったのが悔しくて、じゃあ私がやってやると心に誓ったからなんですけどね(笑)。

 そんな私の好きな音楽といえば、なんといっても武田鉄矢さん。小学生の頃、上戸彩さんが出演していた『3年B組金八先生』(第6シリーズ)をリアルタイムで見て武田さんを大好きになったんです。海援隊さんの歌も大好きになって。特に好きな1曲を選ぶとしたら「新しい人へ」です。〈止まれば倒れるこの自転車が/君が選んだ生き方なんだね〉という歌詞があるんですけど、私は挑戦することに意味があるって受け取ったんですね。私にとっての挑戦=演じること。でも、うまくいかないことのほうが多い。そんな時、落ち込むと必ず「新しい人へ」を聞くんです。いままでに何万回と聞いたんじゃないでしょうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ