サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「全摘」―お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"   > 【高須基仁】ASKA騒動に見る芸能界にはびこる、恐喝のカラクリを明かす
連載
お騒がせ男の"最初で最後の懺悔録"──高須基仁 の「全摘」 No.26

ASKAの薬物使用は才能の老化防止のため! 芸能界にはびこる、恐喝のカラクリを明かす

+お気に入りに追加

──年齢不詳、職業不明、痛風持ち……老獪タカスが、自らの五臓六腑をすする気合で過激に告白&提言

1407_takasu_01.jpg
杉本彩に先日会ったら、往年のにっかつ女優のような懐かしさ漂うイイ女の顔つきになっていた。性格もいい。体もいい。私が写真集をプロデュースするからには、当然脱がせるぞ! 「脱がせ屋」復活にご期待あれ!!

 先日、白内障の手術をした。今年1月から右目は失明状態だった。すべてを磨りガラス越しに見てるようなもので、近づこうと見えない。見えないことは本当にストレスだと、あらためて気づいた。

 白内障は若い人はあまりならない。ほとんどが加齢によるもの。老化は歯、目、まらにくるというが、ついに目にきたわけだ。歯はすでに入れ歯とインプラント。まらはまだ大丈夫。いざとなればバイアグラがある。

 手術は15分ほどで終わった。術後は完璧。新緑の季節、グリーンのグラデーションがこんなにきれいだったとは、と久々の景色に驚いた。

 医療の進歩はすごい。美容整形も含めて、「アンチエイジング」は、これ以上ないというほどできている。ちょっと昔まで、バイアグラなんて夢のまた夢だった。女性も、50代後半の女性が、娘夫婦の受精卵の代理母として出産した例がある。

 だが、どういう手段を用いてもアンチエイジングできないものがある。才能だ。才能に不老はないと思う。一般的に、どんな才能も65歳には枯渇している。芸能人が薬物に走るのは、老いていく才能のささやかなアンチエイジングではないか。

 ASKAは56歳。髪の毛はたくさんある。歯や目は治したのだろう。バイアグラも飲んでいたかもしれない。そして最後、老いさらばえた才能をもう一回復活させるため、薬物を使用したのだろう。薬物による高揚感に、失ってしまった才能が甦ると勘違いしたのではないか。

 ヒット曲「SAY YES」が主題歌となったドラマ『101回目のプロポーズ』(フジテレビ)は、もてない男とかっこいい女の恋愛物語だった。ASKAも見た目はケモノのようで武田鉄矢に似ている。愛人とされるあの女は浅野温子という感じ。セックスのときに、ふたりで『101回目』を見ながら、登場人物になりきって寸劇でもしていたのかもしれない。

 薬物に走らずとも、サラリーマンにも似たような感覚がある。サラリーマンは、「定年」という言葉にいちばん老年を感じるようだ。その喪失感を埋めるため、私の友人は定年後、「元○○株式会社●●部長」と、一部上場企業に勤めていた頃の肩書が入った名刺を作って持っている。笑っちゃうね。自分を証明する手段が、「元○○社員」という名刺しかないのか。その名刺がもたらす現役当時の高揚感は、おそらくASKAが数万人の前で歌っていたときの高揚感と似ているのだろう。

 ASKAは薬物使用に関して、当初は合法の「アンナカ(安息香酸ナトリウムカフェイン)」だと思っていたと供述した。確かに、初めはシャブと思わず、使用していた可能性もある。ASKAは、シャブの味なんかわからない。自宅に覚せい剤検査キットがあったというから、「もしかしたら非合法かも……」と疑ったこともあるかもしれないが、その時にはもうやめられない状態になっていたのだろう。

 私が聞いた話によると、ASKAのシャブ使用をつかんだあるアングラ人物はそれをネタに、ASKAを恐喝しに行ったという。しかし、ASKAは「合法だ」と突っぱねた。恐喝者は、次に所属レコード会社に、「2億円払わなければ、週刊誌に記事が掲載されますよ」と持っていった。ユニバーサルの役員は「書くなら書けばいい」と答え、すぐにケツ持ちの幹部に電話を入れたそうだ。

 恐喝者は、この件と同様に、何人かの野球選手やタレントを薬漬けにしてそのネタをメディアに売りつつ、その記事を止めさせる交渉を本人やマネジメントサイドに持ちかけるか、あるいは所属事務所の顧問という形で合法的に入り込み、カネを得ているらしい。

 横浜銀蝿の翔も、田代まさしも、この人物によって薬漬けになった。クレイジーケンバンドはこの人物がらみで、映画の企画が宙に浮き、今後大きなトラブルに発展すると見られている。

 さて、3月に死去した安西水丸に続き、4月にはエロスの権化の渡辺淳一が亡くなった。百瀬博教、団鬼六、真樹日佐夫……次々に、私の周りにいたエロスや格闘に生きた人間が死んでいく。生きているのは荒木経惟ぐらい。私は自ら前に出ずとも、ところてんのように年齢的に押し出されている。

 同じように、45歳の杉本彩も、他のエロ女優たちがズッコケたために、自然と前に出てきた。藤原紀香も川島なお美も岡本夏生もコケ、米倉涼子は鼻につく。壇蜜は伸び悩み、追い上げてこない。

 唯一、切れ味鋭くエロスができるのは、杉本だけ。だが、代表作がない。だから、私が写真集でもって代表作を作ろうと思っている。2014年の後半は、杉本から始まる!

【今月の懺悔】
2泊3日検査入院し、白内障も含めてあちこち調べた。痛風以外は悪いところは一切ない。胃も肺も肝臓も全然OK。食道が荒れていたが、それはタバコの吸い過ぎ。強靭な体だ。これからもイケイケでいきます!

たかす・もとじ
90年代以降、出版プロデューサーとして、ヘアヌード写真集ブームを仕掛けたり、スキャンダルの渦中の人物に告白本を書かせたりするなど、ギョーカイの裏で暗躍。元学生闘士で、現在は多数の媒体で言論活動を展開している。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ