> 連載  > 「水着と下着の考証学」
連載
下着と水着の考証学 第32回

【非常事態下デビューの海と水着と下着】星なこ――ガーターベルトとかは着けたことないんです。

―― 小学生の頃、お母さんと、親戚みたいなお母さんと仲のいいおじさんと一緒に海に行ったら、青よりも赤とか黄色とか暖色系の水着が似合うよねって言われて。それ以来、下着もピンクとか暖色系を選びがちだったんで、今...

【非常事態下デビューの海と水着と下着】星なこ――ガーターベルトとかは着けたことないんです。
連載
下着と水着の考証学 第31回

【2020年デビュー ベールに包まれた女】七瀬いおり――自分の下着だと、家でHしてるみたい。

―― 中学までは“ペチャパイ”だったんです。スポーツブラだったから、胸の大きい女の子のブラジャーに憧れてました。生理が来たのも遅くて高校2年生だったんですよ。でもそこから成長して高校でCカップくらいになって...

【2020年デビュー ベールに包まれた女】七瀬いおり――自分の下着だと、家でHしてるみたい。
連載
下着と水着の考証学 第30回

【海に行ったことがない女】沙月とわ――自宅にいるときはブラを着けず基本“パンイチ”です。

―― これまでの男性経験人数が“1人”とは思えぬかわいらしさと、ナイスなバディを誇示する沙月とわちゃん。特技のクラシックバレエにちなんで、プリマドンナになりきってもらっての「下着と水着の考証学」記念すべき第...

【海に行ったことがない女】沙月とわ――自宅にいるときはブラを着けず基本“パンイチ”です。
連載
下着と水着の考証学 第29回

【汗だくになりながら下着姿で踊る女】古川いおり―― 今もワゴンセールで買っちゃいます(笑)。

―― 恵比寿マスカッツメンバーでも下着の話はよくします。楽屋でみんなが着替えてるところを見ると、個性的で楽しいですよ。たもさん(田森美咲)は私と色違いのものを持っていて下着の趣味が合うかな。一番インパクトが...

【汗だくになりながら下着姿で踊る女】古川いおり―― 今もワゴンセールで買っちゃいます(笑)。
連載
下着と水着の考証学 第28回

【アキバで脱がされちゃう女】手束真知子――毎日臨戦態勢で「いつでもかかってこい(ハート)」

―― パンツからパンティみたいな?大人の下着をつけるようになったのは16歳くらいの時。グラビアのお仕事を始めるにあたって、東京に出てきた頃でした。ひとり暮らしをして、自分で下着を選ぶようになってからですね。...

【アキバで脱がされちゃう女】手束真知子――毎日臨戦態勢で「いつでもかかってこい(ハート)」
連載
下着と水着の考証学 第27回

【スカートめくりを待つ女】桜井あゆ――根が裸族なので締め付けられるのが嫌。

―― お子様下着を卒業して大人のブラとパンティを着け始めたのは中学1年生のとき。制服がセーラー服だったから、絶対スカートめくりされるだろうなって思って。どうせパンティを見られるならエロいのがよかったから、入...

【スカートめくりを待つ女】桜井あゆ――根が裸族なので締め付けられるのが嫌。
連載
下着と水着の考証学 第26回

【Tバックで「意識高い」系のオンナ】天使もえ――いつ見られても大丈夫なように、ほつれたら取り替えるようにしています

―― 初めてオトナの下着を身に着けるようになったのは、周りの友達よりもちょっと遅くて高校生の頃。当時付き合っていた彼氏と初めてそういう関係になったので、その直前に空気を察して下着も用意したんです。

【Tバックで「意識高い」系のオンナ】天使もえ――いつ見られても大丈夫なように、ほつれたら取り替えるようにしています
連載
下着と水着の考証学 第25回

[黒レースTバックで“その日”に備えるオンナ]佐倉絆――とりあえず、 ピンク着けとけば、 間違いはないでしょ。

―― ブラとパンティーをセットで初めて着けたのは、小学校6年生のとき。ちょうど、それまでしていたスポーツブラがキツくなってきて、自分でこっそりネットで探して買ったのが最初です。ホントならお母さんに「買って」...

[黒レースTバックで“その日”に備えるオンナ]佐倉絆――とりあえず、 ピンク着けとけば、 間違いはないでしょ。
連載
下着と水着の考証学 第24回

[かわいいとセクシーが入れ替わるオンナ]涼川絢音――家にいる時は Tシャツにパンツとか セットじゃなくても いいかな。

――  このたび、kawaii*からAVデビューしたのですが、デビュー作は、かわいい感じの下着が多かったぁ! もう、自分の好みのものばっかりで、「アレも欲しい! コレも欲しい!」って心のなかで騒いじゃいまし...

[かわいいとセクシーが入れ替わるオンナ]涼川絢音――家にいる時は Tシャツにパンツとか セットじゃなくても いいかな。
連載
下着と水着の考証学 第23回

[熟女女優の頂点に立ったオンナ]一条綺美香――好きな下着に包まれると「私、女性だな」って思えるんです。

――  48歳でこの世界に飛びこんで2年半、光栄なことに『スカパー!アダルト放送大賞 2014』で熟女女優賞、そしてサイゾー賞までいただけるなんて。いまでも夢のような気分。応援してくださったファンの皆さんの...

[熟女女優の頂点に立ったオンナ]一条綺美香――好きな下着に包まれると「私、女性だな」って思えるんです。
連載
下着と水着の考証学 第22回

[いつまでもゾンビメイクなオンナ]小明――ブラジャーに包まれるとラッピングされている気分になります。

――  グラビアアイドルとしてデビューし、その後いろんなキャラで芸能界を漂流した結果、なぜかこのようなゾンビ姿にたどり着きました。心は今でもグラビアアイドルなので、このページに出られると聞いて喜んでいたのに...

[いつまでもゾンビメイクなオンナ]小明――ブラジャーに包まれるとラッピングされている気分になります。
連載
下着と水着の考証学 第21回

[テニスウェアが懐かしいオンナ]小島みなみ――Fカップだけどもっと盛りたいです。

――  今日の衣装は、みなみの中学時代の部活にちなんで、テニスルックにしてみました。AVの撮影ではテニスウェアは着たことがないので、中学以来で懐かしかったです! 下着のほうは以前AVの撮影の際に監督さんから...

[テニスウェアが懐かしいオンナ]小島みなみ――Fカップだけどもっと盛りたいです。
連載
下着と水着の考証学 第20回

[上手に脱がされたいオンナ]明日花キララ──脱がすのに 手間取ると 醒めちゃいます。

――  AVの仕事をしてると、普通は着ないような変わった形の水着を着ることがあるんですよ。その中でも今までで一番インパクトがあったのは、ブラジリアン水着。胸の三角の部分とか、布がすごいちっちゃくて。

[上手に脱がされたいオンナ]明日花キララ──脱がすのに 手間取ると 醒めちゃいます。
連載
下着と水着の考証学 第19回

[野菜でダイエット中のオンナ]さとう遥希──Fカップ巨乳以外は痩せ たいんです。

―― 今年の2月に「スカパー!アダルト放送大賞2013」で、女優賞とサイゾー賞をいただきました。編集者の方が私のAVを気に入ってくれたみたいで。デビュー時はあまり人気がなかったから……うれしかったですね。お...

[野菜でダイエット中のオンナ]さとう遥希──Fカップ巨乳以外は痩せ たいんです。
連載
下着と水着の考証学 第18回

[ムチでたたいちゃう女]小向美奈子──Sに見えるけど、 ホントは ドMなんです。

―― AVの撮影の時は、中の下着よりも外の衣装のほうに気を使っちゃうんだよね。逆に仕事で下着にこだわるのは、ストリップの時。動いてもズレないようなフィット感があるものか、ズレてもかわいく見えるものを選んでる...

[ムチでたたいちゃう女]小向美奈子──Sに見えるけど、 ホントは ドMなんです。
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』