サイゾーpremium  > 連載  > 学者・萱野稔人の"超"哲学入門  > 【萱野稔人】カール・シュミット『政治的なものの概念』を読む
連載
哲学者・萱野稔人の"超"哲学入門 第5回

政治というものは"友"と"敵"という区別のうえになりたっている

+お気に入りに追加
1407_kayano_01.jpg
(写真/永峰拓也)

『政治的なものの概念』

カール・シュミット(田中浩・原田武雄翻訳)/未来社(70年)/1300円+税
ナチズムの政治理論を支えたとされるドイツの法哲学者カール・シュミットの代表作のひとつ。人間の善性を政治理論から排除し、政治的なものの本質が友と敵との区別にあるという「友・敵理論」を提示した。

 カール・シュミットは20世紀初頭から後半まで活躍し、多くの業績を残したドイツの法哲学者です。第二次世界大戦ではナチズムに協力したために日本ではとても評判が悪いのですが、法や政治の基礎について本質的かつ深い考察をしており、「ナチに加担したからダメ」と切り捨てるにはあまりに重要な人物です。

 今回とりあげる『政治的なものの概念』は1932年にだされた彼の代表作のひとつです。その著作のなかでシュミットは、国家をはじめとする政治的なものはどのような原理で成立しているのか、ということを論じています。すなわち、そもそも政治の本質とは何か、という問題ですね。

 シュミットは例として、道徳においては「善と悪」という区別がその本質的な原理となっていると指摘しています。善と悪という区別があるからこそ、道徳という領域が成立しているのだ、ということですね。同じように、経済においては「利」と「害」が本質的な区別となる。人びとが「利益を得よう」「損害を避けよう」とするからこそ、経済という領域が人間社会に成立するのだ、ということです。

 では、政治においてはどのような区別が本質的な指標となるのでしょうか。それは”友”と”敵”という区別である、とシュミットは考えます。

 ここでいう「敵」とは決して比喩的な意味における敵ではありません。それは具体的な意味において解釈されなくてはならない、とシュミットは強調しています。つまり、ここでいわれている「敵」とは、最終的には暴力を行使して殺害するところまでいきつく可能性のある相手だということです。ひるがえって「友」とは、そうした敵から保護すべき仲間、もしくは敵に対して共に戦う仲間のことです。要するに、暴力の行使をもいとわない対立が「敵」と「友」を区別させるんですね。そうした「友/敵」の区別が政治という領域を根本的になりたたせている、とシュミットは論じているのです。

 このようなシュミットの理論はしばしば「暴力を肯定し、正当化するもの」だと批判されてきました。「だからナチズムに傾斜したのだ」ともいわれてきました。いまでもそのように批判する人は少なくありません。

 とはいえ、彼の理論をそのように批判することは決して正しい解釈ではありません。というのもシュミットは「だから暴力を行使することは正しい」と主張しているのではないからです。あくまでも、政治的な領域は暴力の行使にいきつくような「友/敵」の区別のうえになりたっている、という事実的な確認をしているにすぎません。

 この点について、政治的なものの典型である国家を例に考えましょう。

 国家はときとして戦争をしますよね。それは相手を支配するためであったり、自国を守るためであったりします。そのとき、戦争の相手国は敵であり、その敵を倒すために動員された兵士やその背後にいる国民は友です。戦争が善いことなのか悪いことなのかは置いておきましょう。善悪はともかくも、そのように敵と友に分かれて戦うことがありうるということが、国家という「政治的なもの」を存立させている、ということです。

 さらにいえば、国家は日常的にも、法を維持するために暴力(物理的強制力)をもちいます。つまり法に違反した人を逮捕し、監禁する。誰かを逮捕し監禁するということは、その人がたとえ暴れても力ずくで押さえこみ拘束する、ということです。こうした物理的強制力を最終的にもちいるのでなければ法は維持されえません。このとき法律違反者は「敵」であり、その敵を逮捕するために動員された警察やその背後にいる国民は「友」です。法律違反者を「敵」だというのは少し大げさすぎるのではないかと思う読者もいるかもしれません。法律違反者は、法によって体現された秩序を維持しようとする人たちにとっては暴力(物理的強制力)をつかってでも取り締まるべき事実上の「敵」であると考えると、わかりやすいかもしれません。要するに、「敵/友」の区別が政治の本質だというのは、暴力こそが政治的なものをなりたたせている、ということなのです。

 最終的に暴力(物理的強制力)をもちいるのでなければ法を維持することはできない。これはあくまでも事実的な問題であり、「善い・悪い」の問題ではありませんよね。もちろん多くの人が「あんな法律には従いたくない、あんな法を課してくる政府には従いたくない」と思うことはつねにありえます。そのときは、政府がもちいる暴力に対抗してでも法にあらがう人が多数でてくることで、国家のなかで「敵」と「友」が分裂することになるでしょう。とはいえその場合でも「敵/友」の区別そのものが消滅するわけではありません。戦争が起ころうが、平時だろうが、国家が分裂しようが、「敵/友」の区別は残るのです。

 政治は「善い・悪い」の区別のもとで成立する道徳の領域とは異なった地平で存在している。しかしあまりに多くの人が両者を混同しています。それでは政治を思考することはできません。その混同から脱することがシュミットを読む意義だといえるでしょう。

(構成協力/橋富政彦)

かやの・としひと
1970年、愛知県生まれ。03年、パリ第十大学大学院哲学科博士課程修了。哲学博士。津田塾大学教授。主な著書に『国家とはなにか』(以文社)、『カネと暴力の系譜学』(河出書房新社)、『権力の読みかた』(青土社)など。近著に『最新日本言論知図』(東京書籍)、『新・現代思想講義 ナショナリズムは悪なのか』(NHK出版新書)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ