サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【社会学者・北田暁大】が語るネット用語の効能
第1特集
ネット用語の"歴史&社会的"基礎知識【2】

使い方を間違えると世代が知られてしまう!? 社会学者・北田暁大氏が語るネット用語の「効能」

+お気に入りに追加

――定着したかと思ったら、いつの間にやら死語の世界へ向かってしまう言葉たち。時代の波を乗り切るためにも、ネット用語の流行と廃り、派生を学ぶ!

1405_2ch_04.jpg
一度は死語の世界へと旅立ったものの、SNSの発達によって、再度市民権を得ることとなった、ネット用語界のマエストロ「DQN」。

 インターネット用語、つまり現代の“ネットスラング”は単にはやりで使用されるものが多く、社会学者としてコメントすることは、正直困難なので(計量言語学者などの立場であったら相応に面白い話ができるかもしれないが)、ここではひとりのネットユーザーとしていくつかピックアップしながら雑感を書くことにしたい。

 編集部が用意した用語リストを確認すると、あまりに死語が多かったことに驚きを禁じ得なかった。「サイゾー」の読者層にはなじみの言葉が多いのだろうが、下手に使うと危ないものも多々あるので、ご同輩、気をつけて。

 まずは【(ry】。これは「略」を意味し、「これ以上書くとキケン/無骨だから略」ぐらいのニュアンスを持つ表現だが、タイピングをする際、キーボードの配列を使い、より高いキケン度を表すものとして【うわ、何をすくぁwせdrftgyふじこlp;@】というのがよく見られた時期もある。なんかルパンが峰不二子に騙されて取り押さえられてる光景が浮かぶではないか。これがまたどんどん進化して、私が見た限り、単に淡々と【ふじこ。】とだけ表記する派生態もあった。実にクールな感じだ。

【JK】の出自はおそらく“女子高生”の略だったと思うが、その後は「常識的に考えて」の意味で使われているケースも多いように感じる。「……的に考えて」の部分だけを残し、【……K】というような形での用法も多々見られる。

【JC】は女子中学生、【JS】は女子小学生だが、こっちのほうはJK的な派生態をみたことがない。派生用法がどこかに落ちているかもしれないが、危なすぎて調べるつもりはない。

【()】は私も時々使うが、なんというか、「あきれて特段、感想もございません」みたいなニュアンスか。【(笑)】という近代日本が生んだ由緒正しき活字媒体での感情表現は当然のことながら、【(泣)】や【(怒)】のような表現を派生させたが、「そんな感情すら抱かないよー、どーでもいいですよー」という感じだ。それに近い意味を持つ表現に【(棒)】がある。これは「棒読み」のニュアンス。それに加え、私は今ひとつ使い切れていないのだが【(小並感)】や【(小並)】【編註:派生した【粉みかん】なども】という用語がある。字義的には「小学生並みの感想」という意味のようだが、どうも【(棒)】と置換可能な雰囲気もある。

【草】や【草生えた】は、【(笑)】が嘲笑のニュアンスを得て【w】となり、嘲笑度を醸し出すため【wwwwwwwwwwwwww】と増殖していった結果、その視覚的表現が草が繁茂しているように見えるところから生まれた模様。これはちょっとアラフォーで使っている人は珍しい気もするが……気のせいですか、そうですか。この【ですか、そうですか】も時々使われる表現だが、「……ですね、わかります」と同じように、伝達内容にコミットしていないことを表す婉曲話法。ちょっと最近見かけなくなったけれども。

 その他、【マカー】や【ようつべ】など、その言葉自体を見れば単純にわかるものがネット用語には多く散見される。基本こうしたネット用語はわからんなあ、と思ったらググれば(「グーグルで調べる」の意ですよ、念のため)いいし、別に誤用しても構わない。「すべからく」の誤用のように、うざったいぐらい誤用を責めるような面倒な人はいない。ネット用語の場合、誤用のほうが面白くなって広まるケースもある。あまり気にせず使えばいいのであって、神経質になる必要はない。ただ、その誤用・使用法からだいたいの年齢がバレてしまうのはほぼ確実なので、年齢詐称などせず、素直に年齢を明かして、「山手線なう。目の前のドキュソがケンカ始めたwww」とか、なにかと【自演乙】や【必死だな】など書いてると、「ああ、昭和の人の香りがするなあ」と優しく見守ってもらえるかもしれませんよ。知らんけど。

(文/北田暁大)

北田暁大(きただ・あきひろ)
1971年生まれ。東京大学大学院情報学環准教授。広告や映画館などのメディア分析をはじめ、社会学的なコミュニケーション理論の研究に従事。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ