サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 【連載】丸屋九兵衛の「ファンキー・ホモ・サピエンス」
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【10】

百獣王を題材に読み解くオタク×黒人という必然 

+お気に入りに追加

人類のナゾは音楽で見えてくる! ブラックミュージック専門サイト「bmr」編集長・丸屋九兵衛が”地・血・痴”でこの世を解きほぐす。

『GIRL』ファレル・ウィリアムス

1405_fhs_02.jpg

(発売元:SMJ)
ダフト・パンク「Get Lucky」は、まさに転換点だった。このコラボレーションでのファレルの冴えっぷりに感銘を受けたレコード会社の大物が、彼を口説いたのだとか。こうして生まれたのが、ファレルにとって8年ぶりのソロ名義アルバム(日本盤は4月30日発売予定)。70年代調の先行シングル「Happy」は、すでに大ヒットとなっている。


 ハワイではキカイダーが地元のヒーローとして愛されている。フランスでは、『UFOロボグレンダイザー』が人気を集めるあまり、原作者の永井豪に同国の勲章が授与されたという。

 失礼ながら、各ジャンルの「ワン・オブ・ゼム」的作品――前者は実写・等身大ヒーローもの、後者は巨大ロボットアニメ――とも見えるものが海外で人気を得ているのを知ると、我々日本人は首をひねることになる。

 そんな「ビッグ・アウトサイド・ジャパン」のひとつに、『百獣王ゴライオン』という80年代のロボットアニメがある。5対のライオン型ロボがドッキングして1体のヒト型ロボに、という変形合体が売りの作品だ。これがアメリカでは『Voltron』というタイトルで放映され、ウケた。メチャメチャウケた。特に黒人に。

 いま、『百獣王ゴライオン』の実写映画化にかかわっているんだ……と自慢げに語ったのが、誰あろう、ファレル・ウィリアムスである。もっとも、それは06年のコメントであり、この米製作映画は「企画地獄」に陥った結果、8年後の現在も銀幕にたどり着いていないのだが。

 ファレルが、友人チャド・ヒューゴと組んだプロデューサー・デュオ「ザ・ネプチューンズ」として注目され始めたのは90年代後半。当初から、金属的サウンドと、自他ともに認める「ナード(オタク)」的姿勢で、群雄が割拠するプロデューサー界にて異彩を放っていた(後に「N*E*R*D」なるバンドとしても活動)。

 ネプチューンズの2人は、80年代後半から黒人音楽界を席巻した巨匠プロデューサー、テディ・ライリーの弟子にあたる。この80年代後半は、米黒人音楽レコーディング作品の主流が、人力演奏からプログラミング(打ち込み)へと移行した一大転換期。そして、ここから音楽プロデューサーというもののあり方が激変した。

 それまでのプロデューサーといえば、クインシー・ジョーンズ・タイプだった。主役の資質と力量を見極め、それを最大限に守り立てる布陣を考案し、優秀なソングライターやアレンジャー、ミュージシャンを集める、調整役にして黒幕。武器になるのは経験と人脈だ。

 しかし、プログラミング主体の音作りは、こうした事情を劇的に変えた。これ以降のプロデューサーとは、自分でプログラムしながら曲を作る役割。極端な場合はプロデューサー本人が作曲・編曲・演奏をすべて手がけるため、人格力や社交性は必須条件ではなくなり、ちょっと口下手なオタクでもOKとなった。むしろ、そんな根を詰めた作業にはオタクこそが適任だろう。もっとも、テディ・ライリー(67年生まれ)が台頭した80年代後半は、黒人の自己表現はまだまだ選択肢が限られており、根がオタクなテディも、がんばって常識(黒)人を装わねばならなかった。

 だがネプチューンズ(ファレル=73年生まれ、チャド=74年生まれ)が頭角を現した90年代後半は、黒人やラティーノの価値観もだいぶ多様化。いや、ヒップホップがもともと内包していたオタク性(これについてはまたの機会に)が「クール」と認められる時代になった、と言えるかもしれない。それが証拠に……この時期、件の『百獣王ゴライオン』をモチーフにしたCMを、飲料メーカーのスプライトが制作。それが、ゴライオンを操縦するパイロットとしてラッパーたちをフィーチャーしたものだったのだ。

 それと前後して、シーンに確かな一歩を刻んだのがネプチューンズだった。時流が彼らの登場を望んだのか、彼らが時流を形作ったのか。こうして時代の寵児となったファレルだったが、件の『ゴライオン』発言――彼の初となるソロ・アルバム『In My Mind』(06年)リリース直前のものだ――の後から翳りが見え始める。前述の『ゴライオン』プロジェクトの迷走と並行して、彼自身の音楽キャリアも傾いていった。

 そんな彼が本格的に復活したのは昨年。きっかけはダフト・パンクのシングル「Get Lucky」への参加だった。松本零士好きで知られるダフト・パンクだけに、「オタク、オタクを知る」というか「オタク、オタクを救う」というか。ただ、復活を果たしたファレルも、イメージが妙にファッショナブルなのが気になる。「日本のファッション界とリンクする洒落者」化してから失速したのだから、初心に返ってオタク魂を貫いたほうがいいと思うのだが。

丸屋九兵衛(まるや・きゅうべえ)
老舗ブラックミュージック雑誌あらためウェブサイト『bmr』の編集長。台北のストリートやオタク文化、肉食ざんまい、男装女子♡などについて書いた『史上最強の台北カオスガイド101』が1月末に発売された。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ