サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  > 【連載】丸屋九兵衛の「ファンキー・ホモ・サピエンス」
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【9】

あの改名男、次なる挑戦 怪獣語尾はファンクの印!

+お気に入りに追加

人類のナゾは音楽で見えてくる! ブラックミュージック専門サイト「bmr」編集長・丸屋九兵衛が”地・血・痴”でこの世を解きほぐす。

『7 Days of Funk』7 Days of Funk

1403_FHS_01.jpg

(発売元:Stones Throw)
趣味が高じて形になったものなので、作業に〆切はなく、当初はリリース元のレーベルすら決まっていなかったとか。件のブーツィ・コリンズが参加、いつものブーツィ節(ヴォーカル)を披露している。また、よりマイナーなファンク・バンド「スレイヴ」のスティーヴ・アーリントンもフィーチャー。これはデイム・ファンクの趣味だろう。


 怪獣名の欧文表記について考えてみたい。

 ガメラはそのままGamera。ラドンは、ちょっとヒネってRodan。しかしゴジラは……Godzillaなのだ。知ってる人も多かろうが。

「ゴリラ(とクジラ)」という命名起源を思い出させる語尾「illa」。神罰のごとき天災(実は人災だが)を象徴する「God」、そして終末をイメージさせる文字「z」の挿入。語感の達人、ルイス・キャロルが生きていたら感嘆したであろう、絶妙な造語センスである。作品自体の知名度と、その語感に心を打たれてか、芸風(?)に取り入れてしまったアーティストまでいる。そう、ブーツィ・コリンズだ。

 ブーツィといえば、ジェイムズ・ブラウン全盛期を支えた凄腕ベーシストにして、70年代後半の米音楽界で異臭を放った「Pファンク軍団」の大物。その彼にとって最大のヒット曲は、78年にブーツィーズ・ラバー・バンド名義で発表したBootzillaである。「ブーツィ+ゴジラ」だからブーツィラ。街を破壊するファンク怪獣……ではなく「ねじまき式の怪獣人形」という設定がキュートだが、なんにせよ、このBootzillaの大ヒットによって、アメリカ黒人たちの脳裏には、こう刻まれた。「zilla=ファンク」と。

 この刻印が35年の時を経て結実したのが……「スヌープジラ」なのだ。

 本連載第1回のテーマは、「人気ラッパーのスヌープ・ドッグがレゲエに転向し、スヌープ・ライオンと改名!」という件だった。それから1年も経っとらんのに、またも改名したのだ、あの野郎は! 「スヌープ・ライオン」にレゲエという命題があったのと同様に、今回の「スヌープジラ」改名が目指すところは――文脈からおわかりのとおり――ファンクである。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』