サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 海外で支持を集める【インディーズ・ゲーム】
第1特集
めくるめくフリーゲームの世界【3】

大手ゲーム会社なんてクソくらえ!? 海外で支持を集めるインディーズ・ゲーム

+お気に入りに追加

――海外では、個人でも参入可能なダウンロード販売の「インディーズゲーム」が人気を集めており、3000万本も売れる作品があるという。活況を呈しているように見えるそのシーンのカラクリをひも解いてみたい。

1404_free_12.jpg
「Xbox Live」は、中小ゲーム開発会社のダウンロード販売にも利用されている。

 F2Pに代表されるオプション課金など、フリーゲームを利用したゲームのマネタイズは海外でも注目されている。しかし、ゲーム流通にネットを使う手法は、日本と海外では微妙に状況が異なっている。

 そもそも海外では、ここ10年でゲームのネット販売が日本以上に普及した。海外でも日本と同じくパッケージでのゲーム売り上げは年々落ちているが、ネット販売の好調によって相殺できている格好だ。

 特に海外ではXbox360の「Xbox Live」など、中小のゲーム開発会社が手軽にダウンロード販売を行える仕組み作りが成功したのが大きい。これは昔から小売店の力が強く、大手を振ってネット販売の仕組み作りを推進できなかった日本とは対照的だと言える。Xbox Liveは2009年に個人のゲーム製作者にも開放されたし、今や面白いゲームが次々に登場することで日本のゲームファンからも注目されるようになったパソコンゲーム販売サイト「Steam」など、一人から数人規模の開発チームがアイデアに富んだゲームを製作、販売できる環境が広がっている。

日本でも浸透しつつあるパソコンゲームのダウンロード販売プラットフォーム「Steam」。

 ダウンロード販売で人気を集める、大手ゲーム会社にたよらないシーンは、海外で「インディーズゲーム」と呼ばれている。日本では一部のスマートフォン用ゲームなどを除いて安価でゲームを製作、および販売することは難しくなりがちで、どうしても大企業が莫大な予算を投じる例が多い。しかし海外のインディーズゲームでは、個人でも無理せずゲーム業界参入ができ、それが有能な開発者の増加やゲーム業界全体の技術力の向上にも貢献している。たとえば11年に発表されたインディーズゲーム『Minecraft』などは昨年までに3000万本を販売する大ヒット作になっている。

1404_free_14.jpg
3000万本の大ヒットになった『Minecraft』は、ドットテイストのブロックが溢れる世界で建物などを自由に創造できるゲーム。

 海外では今やインディーズゲームは大きな広がりを見せており、インディーズゲームだけを集めたイベントが催されたり、有望な開発者にスポンサーが付くことも珍しくない。日本でもフリーゲームがインディーズゲームと呼ばれたり、インディーズ開発者を支援しようという動きもある。しかし現状では、スマートフォンなど注目されやすい分野以外では個人に近いレベルの開発者が注目されることは、まだ少ないといえる。

 また前述のように個人に近いレベルの開発者が手軽に高度なゲームを作って販売する仕組みはいまだに整っていない。日本でインディーズゲームを活性化させるには、任天堂やソニーなど、ハードウェア販売メーカーもある程度協力してシーンを築いていく必要があるかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ