サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > アイドル女優もヤリマンに!抱腹卒倒の【アメリカンコメディ】

――本国でヒットしても笑いのツボが日本とは違うから面白くないといわれ、DVDスルー(劇場未公開でDVD発売のみ)されることが多かった米国産コメディ映画。とはいえ近年、『ハングオーバー!』シリーズや『テッド』が日本でもヒットするなど、笑える映画がないわけではない。そこで、2000年代以降に時期を絞り、革新的で刺激的でリアルなアメコメを探りたい。

1403_american_01.jpg
『俺たちニュースキャスター』【2】より。主演のウィル・フェレル(写真中央)は、要注目コメディアン!Blu-rayが税込2500円で発売中。TM & (c) 2004 DreamWorks LLC. All Rights Reserved. TM & (c) 2013 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.

 何かと「大味」というイメージのあるアメリカン・コメディであるが、固定観念を覆す破格かつリアルな作品があるのをご存じだろうか? 本稿では2000年代以降に生まれたそうした類いのコメディ映画に焦点を当てたいが、それを説明するにはまず、『サタデー・ナイト・ライブ』(以下、SNL)から始めないといけない。これは、1975年からアメリカの土曜深夜に生放送されているお笑い番組で、この番組で実績を残した構成作家やお笑い芸人が映画の世界にフックアップされ、後にスターになっていくというアメリカン・コメディ界の伝統的な登竜門なのである。ここから輩出された人物として特に注目したいのは、アダム・サンドラー。「彼の登場以降、笑いの質が急激に上がった」と語るのは、彼の写真を表紙にした『21世紀アメリカの喜劇人』(スペースシャワーネットワーク)の著者である長谷川町蔵氏だ。

「それまでは芸人の鉄板ネタや得意キャラをつなぎ合わせて話をつくるコメディ映画が多かったのですが、彼以降の作品はストーリー重視になり、脚本や演技のレベルが高くなったんです。テレフォン・セックスのサービスコールを利用したことでトラブルを抱えることになる主人公を彼が演じた02年の『パンチドランク・ラブ』【1】は、『マグノリア』(99年)のポール・トーマス・アンダーソンの監督作ですが、全編にサンドラーへのオマージュが捧げられています。彼ほど黄金期が続いているコメディアンはほかにいないでしょうね。

 また、サンドラーの後にSNLのレギュラーになったウィル・フェレルが、04年に初めて本気で脚本を書いたのが、70年代の風俗をネタにした『俺たちニュースキャスター』【2】です。現在ではアメリカン・コメディ界のVIPにまでのし上がったウィル・フェレルの代表作に推す声も多く、9年後に公開された続編は全米で興行収入1億ドルを突破しています。この映画をきっかけにハリウッドを席巻することになったのが、監督・脚本・プロデューサーのジャド・アパトーです。童貞3人組が初体験を目指して奮闘する07年の『スーパーバッド 童貞ウォーズ』【3】は彼の製作で、正統なイケメンが誰も出演していないという邦画ではあり得ない映画なのに超ヒットしました。主演は、後に『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(13年公開)でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたジョナ・ヒル。だから、『ウルフ~』だけを見て『ジョナ・ヒルがいい!』と言っている人は、今すぐこの映画を観ないといけないんです!!」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』