サイゾーpremium  > 特集2  > 【Tカード】はビッグデータじゃない!活用の本当の難しさ
第2特集
ビッグデータ・ビジネスの真実【3】

ツタヤはただのポイントシステム屋さん!? ビッグデータ活用の本当の難しさとは?

+お気に入りに追加

――みずから収集した膨大なデータをもとに、前ページで解説したビッグデータ分析システムを実際に運用しているのはどういった企業たちなのか? そこから見えてくるのは、やはりあの世界的IT企業の優秀さと、そして一部のニッポン企業のダメダメっぷり……?

1402_bigdata03.jpg
『どう使う? が解決する! ビッグデータ実例でまるわかり!』(TAC出版)

「ビッグデータをビジネスに活用する」。そう高らかにうたっている企業が増えている。だが、その内実は企業によってさまざまだ。ここでは、ビッグデータを実際に収集・運用してビジネスを行っているという企業が実際に何をしているのかお伝えしよう。

 まずは、グーグルやアマゾンなど海外の巨大IT企業だろう。前ページでも述べた通りこの2社は、収集したビッグデータを運用するシステムも自前で賄っている。実はそうした企業の代表例が日本にも存在する。セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどを運営するセブン&アイ・ホールディングスだ。

 コンビニ企業が、商品販売にあたって徹底的なデータ分析を行っていることは知られた事実だ。例えば店舗の詳細な売り上げ、商品、天候、季節、交通量、周辺の人口などのデータを利用して、店舗の売り上げシミュレーションや各商品の詳細な販売予測等を日々はじき出している。

 当初は単純なPOSデータ分析であったが、データを蓄積するにつれてセブン-イレブンは、分析結果をメーカーとの共同商品開発に利用したり、あるいはプライベートブランドの開発に活用したりしている。その徹底したデータ利用はコンビニ業界の中でも頭ひとつ抜けており、それがコンビニ業界で長年トップを独走している理由だとも言われている。

 同時にセブン-イレブンは、そうした分析の元になっているデータを絶対に外部に出さないことでも知られている。ある調査会社の社員は「我々は多くの小売業者からデータを受け取り、分析を代行する代わりに、ほかの事業者のデータと総合して、その市場全体の動向も分析しています。でも、コンビニ業界トップのセブン-イレブンのデータが欠落しているため、データとして不完全なものにならざるを得ない。あそこの持っているデータは、それくらい膨大かつ強力なんです」と語る。

 これは、セブン-イレブンが外部の調査会社や分析会社に頼る必要がないということの証左でもある。自分たちで集めたデータを自社システムで運用・分析して、商売の改善やサービス向上に努める。ビジネスとしては極めてまっとうで、利用者からも理解が得られやすいだろう。

 一方、自分たちで集めるだけでなく、さまざまな事業者からのデータも積極的に集めているのが、ツタヤを擁するカルチュア・コンビニエンス・クラブ傘下のTポイントだ。Tポイントは、加盟小売店や飲食店にポイントシステムを提供し、その運用のために販売データを取得。そうして収集したデータをマーケティング分析に活用しているといわれている。

 しかし、ITジャーナリストの西田宗千佳氏は「Tポイント運営におけるツタヤは、本質的には"ポイント屋さん"です。彼らがやっているのは、ポイントやクーポンと引き換えに利用者の属性データを集めるシステムを多くの小売業者に提供しているだけ。収集データ量としては確かに膨大ですが、ビッグデータ処理といえるほど分析の成果が出ているように見受けられません」と、その実態を語る。

 一方で、意外なところでビッグデータ分析が大活躍してる業界がある。そのひとつが、DeNAやGREEなどのソーシャルゲーム業界だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』