サイゾーpremium  > 特集2  > 技術、ルックス、萌え度【クロスレビュー】

好感度ランキング常連から期待の新人まで 本誌が注目する4大局&NHK男子アナ名鑑」までに見てきたように、民放4局ではどこも将来を嘱望されている(であろう)イケメン男子アナがいる。そこにNHKの看板アナを加えた5局のエースアナウンサーたちを、好き勝手にレビューしてみた。

25歳から46歳まで、硬軟取り混ぜてジャッジ!
このアナウンサーがスゴい!?

好感度ランキング常連から期待の新人まで 本誌が注目する4大局&NHK男子アナ名鑑」でも紹介した各局の看板アナウンサーたちの中から、特に知名度・期待値が高い5人をピックアップ。総合力が高いのは誰でしょう?

女子アナウォッチャー
丸山大次郎氏

1977年、北海道生まれ。男性週刊誌を中心に、コメント提供や記事制作などをしている。

イケメン好き女子
池面萌子氏(仮名)

ジャニーズもK-POPも役者系も、イケメン大好きな20代女子。腐女子趣味もあり。

フリーアナウンサー
三谷啓子氏

杉並区後援『魅力を引き出す話し方セミナー』講師。ラジオ・司会・ナレーション・CM・テレビ・ネットなど幅広く活動。

1401_2toku_meikan_23.jpg

【日本テレビ】
桝 太一(32)

(ます・たいち)1981年9月4日生まれ。千葉県出身。東京大学大学院農学生命科学研究科修了。06年入社。大学院時代にはアサリの研究をしており、貝殻の縞模様を数えて、貝が生まれた年を推定するという、地道な作業に明け暮れていたのだとか。担当番組/『ZIP!』(月~金)、『Nippon Pride-日本代表の掟-』、『全国高等学校クイズ選手権』など。

[丸山大次郎氏]
「他局を見回しても今のナンバーワン」

「桝さんは間違いなく、次の世代の“羽鳥・安住”でしょうね。キー局全体で見ても存在感が圧倒的で、ほかに匹敵するアナウンサーが現状ではいません。貫禄もある。でも、奥さんに弱いとか、学生時代はアサリの研究をしていたとか、どこかちょっと微笑ましい部分が垣間見られるんですよね。キャラクターも立っていて、いいと思います。これから、先輩アナの上重聡とのライバル関係が気になるところです」

[池面萌子氏]
「日テレのあざとさが嫌!でも萌える…」

「桝さんってイケメンなの? 顔が下膨れだし、全然かっこいいと思わないんだけど……正直、あまり魅力を感じません。日テレなら上重くんのほうがいい。顔が好き(笑)。女子が好きな正統派のイケメンとは少し的をずらして、あざとく採ったなあって感じ。羽鳥アナが人気あったからか、日テレの男性アナ推しはわざとらしくて嫌です。だけど、羽鳥アナと桝さんの新旧看板アナの絡みは萌えるな(笑)」

[三谷啓子氏]
「お箸の持ち方には要注意です」

「声、語尾までしっかり言い切る力がありますよね。高学歴なんですけど、コンビニ弁当が好きとかアサリに詳しいとか、親しみやすいところがあるのもいいと思います。人気があってチヤホヤされることも多いと思いますが、ここからが彼のアナウンサーとしての力の見せどころでしょうか。そうそう、お弁当を食べている映像を拝見したのですが、お箸の持ち方を練習したほうがいいと思います。食べるロケもありますから、お箸は美しく持てるようになったほうがいいですよ!」


1401_2toku_meikan_24.jpg

【TBS】
山本匠晃(29)

(やまもと・たかあき)1984年6月13日生まれ。愛知県出身。横浜国立大学卒。2008年入社。好きな食べ物はめかぶ。『金スマ』ではキンタローと社交ダンスに挑戦しており、「正直、アナウンサーの仕事よりダンスに夢中」と発言。担当番組/『ひるおび!』(月~水、金)、『さんまのSUPERからくりTV』、『中居正広の金曜日のスマたちへ』(不定期)など。

[丸山大次郎氏]
「主婦・アラサー女子受けは◎な草食系」

「純粋なイケメンですよね。草食系な雰囲気があるので、主婦やアラサーOLからの受けが良さそう。なので、『ひるおび!』や『金スマ』に起用しているのはナイスチョイスだと思います。TBSはきっと、この子を推していくんでしょうね。情報バラエティなど、報道よりは少し柔らかい番組で使って出していきそうな気がします。若いうちは外見のかわいさで人気が出てもいいと思います。陰でこっそり技術力を磨いていけばいいですよ」

[池面萌子氏]
「番組で見せた泣きの演技に胸キュン(ハート)」

「THE・かわいい顔! 『金スマ』で坂上忍がやっている子役養成スクールに山本くんが取材に行っていたんですけど、泣かせる演技の授業で坂上さんに“お前も泣いてみろ”と言われて、がんばってビービー泣いてたんですよ。それが本当にかわいかった……。以来、気になってます。遊んでなさそうな感じもイイ。まあ実際は違うんだろうけど(笑)。不倫のカズ(渡辺和洋/フジ)といい、デキ婚の生田竜聖といい、何度も裏切られてきてますから……」

[三谷啓子氏]
「安住アナと重なる雰囲気、ただし地味」

「とても優しそうです。雰囲気は安住アナとかぶりますね。本人も安住アナを目標にしているのでしょうか?それは悪いことではないので、その中でいかに自分のカラーを出していくかが重要だと思います。ただ、プロフィールを見ると個性があまりないんですよね……。趣味も“TV・音楽・ラジオ”と書いてるだけですし。それから、番組で子どもみたいに泣いているところを見たのですが、ちょっと違和感がありました。20代後半の男性がここまで泣くものなのかなと…(苦笑)」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年8月号

「茜子」のグラビア新境地

「茜子」のグラビア新境地

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ