サイゾーpremium  > 特集  > 宗教  > 高校野球で名を馳せる【PL教団】、宗教の弊害を解く【ひかりの輪】
第1特集
噂の新宗教団体が考える日本の政治&社会問題【4】

高校野球で名を馳せるPL教団、宗教の弊害を解くひかりの輪

+お気に入りに追加

パーフェクトリバティー教団(ぱーふぇくとりばてぃーきょうだん)

高校野球で名を馳せた“完全な自由”を標榜する団体
設立年/1946年 本部所在地/大阪府富田林市 信者数/94万人

1401_wide_06.jpg
(絵/管 弘志)

[活動概要]
●主な活動
明るく楽しく生活できる心を提供し、その生活を広めていく活動をしている。「人は悉く神の子であることの自覚を促し各自の個性を人世の為自由に高度に表現し『人生は芸術である』の真理の下に自他共に恵まれ幸いされるの心境を悟得せしめ以て世界人類永遠の福祉と平和とに貢献すべき道を開示するのを目的とする」としている。

●信者による複数の宗教団体への入信について
PLの信仰は、「神に依り、各自の心を明るく豊かにするものですから、他宗教に籍を置きながらPLの信仰をしている方は大勢おられます」という。

[社会]
●東日本大震災に関する支援活動
国内外の協会から被災地教会へ支援物資を送る。釜石教会長は信者の安否確認に自転車や各種連絡機能を使い奔走。また2011年6月に慰霊祭を挙行し鎮魂に努めているという。

※当欄は、教団HP、機関誌『PL』、『宗教年鑑』(文化庁)などから引用し、掲載しています。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ