サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の批評のブルーオーシャン  > 【宇野常寛】「指先」と「動体視力」
連載
宇野常寛の批評のブルーオーシャン 第43回

「指先」と「動体視力」

+お気に入りに追加

──既得権益がはびこり、レッドオーシャンが広がる批評界よ、さようなら!ジェノサイズの後にひらける、新世界がここにある!

1312_akb48.jpg
AKB48「ハート・エレキ」

 AKB48の最新シングル「ハート・エレキ」(10月30日発売)には、表題曲に加え「快速と動体視力」というカップリング曲が収録されている。この2つの楽曲はともにある種の恋愛観、ひいては人間観を歌いあげた双子のような曲だと僕は考えている。

 そう、この2曲はどちらも、言葉の限りを尽くした深い相互理解だとか、長い時間をかけて育んできた繊細な関係性だとか、そういったものが恋愛の、そして人間関係の本質であるという思想に真っ向から「否」を突きつけている。そうではなくて、視線や指さしを交わす一瞬の承認(されたような錯覚)のほうが恋愛にとって、人間にとっては大事なのだという思想を強く訴えたのがこの2曲なのだ。

 少し歌詞を読んでみよう。「ハート・エレキ」の歌詞にはこうある。

『世界のどんな言葉探してもニュアンス違うだろう/もどかしい今の気持ち/この指でしか伝えられない』──あるいは「快速と動体視力」はどうか。これは、毎朝通学の電車で見かける女の子に主人公の男の子が片想いしていて、しかし告白する勇気はなく、どんどん電車の中で彼女を目で追う能力だけが進化していく、というちょっとストーカーっぽい曲なのだが(笑)、こちらの歌詞には、『どんどんとよくなるのは/関係じゃなくて動体視力』というフレーズがある。

 アイドルファンの多くがここで想起するのは、いわゆる「レス厨」の存在だろう。「レス」とはコンサートで、ステージ上のメンバーの名前をファンがコールした際に、メンバーが指差しなどで応答する行為のことをいう。もちろん、コンサート会場には複数のファンがいるので、この「レス」の何割かはファンの側の妄想である。しかし、この「レスをもらったような気がする」ことに強い快楽を見いだし、コールに命をかける「レス厨」が存在するのは事実だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド