サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【小学館】は引き抜きばかり! 各出版社の新ドル箱マンガ

――本企画で関係各所に聞き取りを調査を敢行。2014年以降、各出版社を支えるような、大ヒットとなるのはどの作品だろうか? ここでは、本誌がマンガ編集者への聞き取りや、各種のデータをもとに各社の注目作品をピックアップ。一言解説と共に、紹介する。果たして、今後のマンガ界の救世主となるのは──?

集英社

1312_publisher_01.jpg
(絵/都築 潤)

売り上げ約98億円
1926年に小学館の娯楽部門として分離、設立。国民的マンガ誌「週刊少年ジャンプ」を擁するコミック市場の最大手。

着々と新陳代謝に成功している集英社。『黒子のバスケ』は度重なる脅迫事件によりTSUTAYAから関連商品が撤去されるなどの憂き目に遭っているが、腐女子を中心に熱狂的なファンから支持を得て累計2300万部突破。さらに、ウェブマンガからコミック単行本化した『ワンパンマン』の売上げも好調で、順調に世代交代に成功しつつある。まだまだ“横綱相撲”は続きそうだ。

――[2014年注目作品5選]――

1312_publisher_02.jpg

■脅迫事件もなんのその
『黒子のバスケ』
累計2300万部突破


1312_publisher_03.jpg

■ポストONE PIECEの本命?
『暗殺教室』
最新刊の初版100万部


1312_publisher_04.jpg

■往年の名作で荒稼ぎ
『ときめきトゥナイト 真壁 俊の事情』
15年ぶり新作で売り切れ続出


1312_publisher_05.jpg

■ウェブマンガから大ヒット
『ワンパンマン』
累計160万部


1312_publisher_06.jpg

■映画化でがっぽり
『清く柔く』
人気シリーズの映画化は吉と出るか?


講談社

1312_publisher_07.jpg
(絵/都築 潤)

売り上げ約67億円
1909年創業。「週刊少年マガジン」、「なかよし」、「モーニング」など数多くのコミック誌を発行している。

しつこいようだが、今年はなんといっても『進撃の巨人』。「いよいよ、『ONE PIECE』に対抗できる国民的マンガが現れた」(業界関係者)という気の早い声も聞かれた。さらに、『亜人』『七つの大罪』など次世代の看板マンガを育て、集英社を追撃できるか注目が集まっている。また、東村アキコの新作『メロポンだし!』を「モーニング」とLINEマンガで同時連載し、オールカラーで単行本化するなど新たな取り組みのほか、ネットにも力をいれている。

――[2014年注目作品5選]――

1312_publisher_08.jpg

■アニメ化でモンスター級に
『進撃の巨人』
累計2500万部突破


1312_publisher_09.jpg

■2014年の大ブレーク候補?
『亜人』
累計100万部突破


1312_publisher_10.jpg

■マガジン激推しでアニメ化最有力視
『七つの大罪』
4大少年誌を制覇した著者の渾身作


1312_publisher_11.jpg

■ヤンマガお家芸が新機軸!
『ヤンキー塾へ行く』
多くのマンガ通が絶賛


1312_publisher_12.jpg

■LINEマンガで史上初の同時連載
『メロポンだし!』
オールカラーで単行本化


小学館

1312_publisher_13.jpg
(絵/都築 潤)

売り上げ約50億円
1922年創業。「週刊少年サンデー」などを発行。集英社、祥伝社、白泉社などと「一ツ橋グループ」のドン。

『銀の匙』はアニメに続き、実写映画化も決定。また、『マギ』もアニメ第2期がスタートした。しかし、「真新しいヒット作が見られない」(業界関係者)との声もあり、「いまだにあだち充など大御所頼り」(某編集者)と、先行きを心配する声も。「『MIX』人気に浮かれているあたりが、苦境を象徴している」(業界関係者)という意見も。

――[2014年注目作品5選]――

1312_publisher_14.jpg

■アニメ、実写映画化と破竹の勢い
『銀の匙 Silver Spoon』累計1200万具突破


1312_publisher_15.jpg

■全国の書店員を味方に
『重版出来!』
2巻も無事重版出来!


1312_publisher_16.jpg

■『式の前日』作者の新作
『さよならソルシエ』
編集者から好評価


1312_publisher_17.jpg

■タッチの続編的マンガ
『MIX』
大御所・リメイクマンガ


1312_publisher_18.jpg

■アニメ放映で人気は継続『マギ』
累計1300万部突破


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』