サイゾーpremium  > 連載  > CYZO×PLANETS 月刊カルチャー時評  > 【連載】月刊カルチャー時評/『恋するフォーチュンクッキー』

批評家・宇野常寛が主宰するインディーズ・カルチャー誌「PLANETS」とサイゾーによる、カルチャー批評対談──。

宇野常寛[批評家]×さやわか[ライター、物語評論家]×柴 那典[ライター/編集者]

1310_planets_02.jpg
6月に行われた第5回選抜総選挙で1位を獲得し、センターを射止めた指原。ファンからもメンバーからも、納得と驚きの声が両方あがっていた。

──6月に行われた第5回AKB48選抜総選挙で、指原莉乃が1位になった。そしてセンターに彼女を迎えてリリースされたシングルが「恋するフォーチュンクッキー」だ。初動で100万枚を超えた同作が示す、AKBの今後とはどのようなものなのか? AKB論、楽曲論、そしてダンス論の面からこの曲の真価に迫る。

宇野 今回の『恋するフォーチュンクッキー』(以下、『恋チュン』)は初日売上が110万枚で、AKB48史上では3番目に多い。これまでのAKBのシングルで初日売上1位は『さよならクロール』(2013年)、2位は『真夏のsounds good!』(12年)だったわけだけど、両方とも総選挙の投票券付きの曲だった。今回の『恋チュン』が投票券のついていないシングルでは過去最高の出だしになりそうですね。

さやわか これまでの総選挙直後のシングル初日売上枚数を比較すると、去年の『ギンガムチェック』が90万枚、その前の『フライングゲット』が102万枚。3年前の『ヘビーローテーション』は最初はあまり伸びなくて34万枚なので、『恋チュン』はかなり好調だと言えますね。

 AKBはすでにかなり歴史が蓄積されてきたと思うんですが、僕は曲で言うと、地下アイドル時代のAKBを象徴するのが「会いたかった」、国民的アイドルに駆け上がっていく「現象」としてのAKBを象徴するのが「ヘビーローテーション」、そして本当の意味でのAKBの代表曲として「恋チュン」が出てきたと捉えてます。お2人はAKBの歴史をどう切り分けて考えていますか?

宇野 僕は、まず前田敦子卒業までの「第一章」を、AKBが地下アイドルだった時期と、そこからマスメディアに進出して国民的なアイドルに成長していく時期に分けて考えていて、前者から後者へのターニングポイントがキングレコード移籍第一弾のこの時期の象徴として「大声ダイヤモンド」だったと思っています。そして「大声」からあっちゃん卒業までの時期は、戦後文化の中でも最大規模の現象としてAKBが頂点を極めていく過程として位置付けられる。

 あっちゃん卒業後のこの1年は、第二章の陣容と方向性が固まるまでの動乱期・転換期だったわけですが、この「恋チュン」以降になってようやく完全に第二章に突入した、という見立てをしています。

さやわか 地下アイドルから、あっちゃんを中心にしてリニア(直線的)に駆け上がっていく進化の過程が第一期だったとすると、第二期は頂点を極めていくような進化ではなく、宇野さんが「国民的」とおっしゃったように、AKBが「現象」ではなくプロ野球やJリーグのような「日常」になっていくということだと思います。そして指原のような今までは「邪道」とされたようなキャラクターが、純粋にファンたちに愛されて支持を受けるというものになった。

宇野 そう、AKBの第二章は縦に伸びていくのではなく、横に広がっていくイメージなんですよね。その象徴が今回選挙でセンターを勝ち取った指原莉乃でしょう。「恋愛禁止条例」を破って事実上のペナルティをくらった指原が、移籍先の博多で半分プロデューサーとしても活躍しHKT48を全国区に押し上げ、博多のファンたちがその功績を認めてこぞって投票したことで総選挙に勝った。指原は二つの意味でAKB第二章のカラーを決めたように思う。第一に地方の姉妹グループのメンバーとしてセンターを取ったことで「横に広がるAKB」というカラーを決めた。第二に、指原のセンター獲得はファンの民意が恋愛禁止条例の事実上の無効化を選択したようなもので、従来の参加型アイドルイベントをさらに押し進めた「みんなで決めるAKB」というカラーを方向づけたように思う。

 恋愛禁止条例をめぐる問題はデリケートだけどなかなか興味深くて、ファンの間でも、80年代からのアイドルの伝統に則ったタイプがいいのか、指原のようにセルフプロデュース能力に優れた現代的なタイプがいいのかという議論はずっとあった。そして峯岸問題【1】から、さっしーの1位獲得に至るまでの過程で、「アイドルはもっと多様であっていいんじゃないか」というイデオロギーが勝ったんだと思います。

ディスコチューンと日本の歌謡曲の歴史

1310_planets_03.jpg
48グループに関わるスタッフたちの踊る姿を次々に映した「スタッフバージョン」MVはYouTube公開後、ネット上でも話題になった。画像下は、SKE48劇場警備員の登場シーン(上は公式MV)。

 今回の「恋チュン」の曲調はフィリー・ソウル【2】で、典型的なディスコ・チューンですよね。実はこれまでのAKBの曲では、ディスコを歌謡曲/J-POPで使うという手法はあまり試みられてこなかった。

 一方で、日本の歌謡曲史を紐解くと、ディスコと歌謡曲の蜜月は比較的歴史が古くて、まず70年代半ばに岩崎宏美の「ロマンス」や「ファンタジー」という曲が、その後に中原理恵の「東京ららばい」「ディスコ・レディー」というムード歌謡的なディスコ曲もヒットしてる。これらはいずれも作曲家・筒美京平【3】の手によるものです。80年代になってからは、近藤真彦の「ギンギラギンにさりげなく」、田原俊彦の「ラブ・シュプール」がフィリー・ソウル。80年代初期の男性アイドルでは、こういった曲調は定番中の定番でした。

さやわか しかし80年代初期になると、打ち込みの表現が台頭したせいもあって、こういう正調のディスコ曲を女性アイドルがやると「ダサい」と言われてしまう時代に入っていきましたね。

 そうですね。その後、80年代後半はユーロビート【4】の時代になって、荻野目洋子がユーロビート・アイドルとして活躍し、それがWinkに引き継がれ、そこから初期の安室奈美恵やMAXといったエイベックス系につながり、90年代のJ-POPを席巻した。

 じゃあ90年代にフィリー・ソウル経由のディスコはどこにあったかというと、実は渋谷系だったんですね。小沢健二の「強い気持ち・強い愛」は筒美京平の作曲だし、ピチカート・ファイヴの小西康陽もまさに直系で影響を受けている。電気グルーヴの「Shangri-La」も、やはり70年代ディスコのサルソウルを代表するベブ・シルヴェッティという人の曲が元ネタになっている。つまり90年代中期、ディスコはサブカルだったんです。それが、再び90年代後半になってメインストリームに戻っていく契機のひとつがSMAPの「ダイナマイト」で、その流れの臨界点がモーニング娘。の99年の大ヒット曲「LOVEマシーン」だった。

 ただ、モー娘。以降にその流れが続かなかった。2000年代は宇多田ヒカルと浜崎あゆみの時代で、R&Bやトランスを非ディスコ的な解釈で歌う時代だった。その後のPerfumeにしても、言葉の元来の意味での「ディスコ」ではなかったですからね。そういう流れがあって、00年代後期から登場したAKBは非ディスコだった【5】わけだけど、10年以上の時を経て再びメインストリームにディスコが戻ってきたのが今回の「恋チュン」なんじゃないかなと僕は思っています。

さやわか モー娘。は打ち込みの要素をしっかり消化して、ドラムやベースなどの低音部分を強調することで曲としての華やかさを無理やり立てていたところがあった。でも「恋チュン」は70~80年代のフィリー・ソウル感がある。ストリングスが駆け上がったとしてもブチ上げるのではなく控えめに駆け上がる感じがあって、今これをやって売れてしまうというのは面白いですよね。

 しかし、この曲が出たとき、コアファンからは批判されたと聞きましたが、どうなんでしょう?

宇野 古参のアイドルオタの間では受けが悪かったけど、ツイッターでつぶやいているようなカジュアルな層には評判が良かった印象ですね。僕自身は、秋元康の“歌謡曲”へのこだわりを感じました。

さやわか MIX【6】がうまく打てないので、現場で盛り上がるタイプの人にはあまり受けが良くなかったのかもしれない。近年のアイドル曲は現場での盛り上がりを重視するアイドルオタに配慮する傾向があって、例えばももいろクローバーZなんかはガチガチにライブ向けに曲を固めていくわけですけど、AKBは必ずしもそうでないほうに舵を切っていることがよくわかる曲ですね。

『あまちゃん』は「恋チュン」に負けている!?

宇野 僕は、今のAKBのライバルって『あまちゃん』だと思うんですよ。僕自身はどっちもすごく好きで、『あまちゃん』は点数をつけるなら98点ぐらいの作品だと思うけど、画竜点睛を欠いているのは明らかに現代アイドル文化の扱い。

 GMT47【7】の参加した「国民投票」でトップアイドルがスキャンダルの影響で落ちぶれる展開があったけれど、元ネタのAKB総選挙ではむしろスキャンダルを逆手に取った人間が女王として君臨している。そして僕はこっちのほうが面白い。これは象徴的な一例だけれど、本質的な問題でもある。国民的朝ドラを作るというテレビ的なやり方で社会をひとつにまとめるって思想よりも、AKBのようにバラバラの価値観を持った人間たちが、バラバラのまま一緒にやっていくという考えのほうが僕にはリアリティがあるし、魅力的なんですよね。

 6月の総選挙で指原が勝ったあと、秋元康から「次の曲は“びっくり音頭”に決まった」と伝えられたというニュースがありました。結局それはドッキリの冗談だったことになっているけれど、僕は秋元康は本当に「音頭」、すなわち盆踊りの曲を作ろうとしていたんじゃないかと思ってるんです。「恋チュン」の公式MVは3800人が踊っているんだけど、当日その場でフリを教えられて皆踊れたらしい。『あまちゃん』のオープニング曲を作った大友良英【8】も、盆踊りや運動会で皆で踊ったり、甲子園でブラスバンドが演奏したりするようなものを想定して作っている。つまり「恋チュン」と『あまちゃん』は深いところでライバル関係にあるという宇野さんの見立ては、音楽性から見て僕もすごく同意するところです。

さやわか ただ、『あまちゃん』のオープニング曲は、「踊りやすさ」という意味ではそこまでではない感じがする。大友さんらしい、一見聴きやすいけど実はすごく複雑なことをやっているという作りなんですよね。今、音楽シーン的にはダンスの要素を持ってくることが非常に重要です。小学校でダンスの授業が始まり、それに加えて行政によるクラブカルチャーへの規制の問題が取り沙汰されている。そういう状況を踏まえて大友さんは「音頭」にアプローチしたと思うんだけど、ベタな盆踊りと正面から融合させるやり方なので、リーチできる層が限られると思う。それに比べるとAKBはこれが「ダンスを日常的なものにする」というミッションだと捉えて、数十倍レベルで成功させてしまっている。

宇野 これから日常の中にダンスの文化を取り戻そう、もしくは再構築しようとするなら、高度に作りこんだものを提供するのではなく、むしろダンスをすごく簡単にして敷居を低め、背後にある膨大な物語や構造を利用して感染力を高めるほうがいいわけですよね。

さやわか 「恋チュン」のMVには海外のファンが踊っているバージョン、スタッフバージョンなどさまざまなものがありますが、あれはすごく象徴的に見える。つまり、大人から子どもまで、不器用でもなんでもいいから、市井の人たちが踊るというものになっている。ダンス文化が難しい時期に来ていて、そこで「クラブカルチャーを守ろう!」と言って立ち上がる人たちが正しいかというとそうではなく、むしろ「子どもから老人まで」という広い尺度を持ったものにすれば、ダンスを守ることができるということですよね。

 AKBも最初期は「メンバー自身がどれだけうまく歌える/踊れるか」を見せ物にする文脈もあったんだけど、今は「みんなで踊ろう」となっている。「恋チュン」はメンバーも観客も全員同じ方向を向いて行進しながら踊る振り付けになっていて、観客との距離感が全然違う時代にシフトしていることが明らかになっていると思いました。そして僕はこっちのほうが、新しい可能性を持っていると思う。

「みんなで踊る」というのはキーワードですよね。『恋チュン』の付属DVDに振り付け映像があるんですけど、これが「Powered By DanceEvolution【9】」と書いてあって、ダンスゲームの画面を模した作りになっている。ゲームセンターに行けばこの曲で踊ることもできる。「カンナムスタイル」のように、簡単な振り付けを皆が集まって踊るフラッシュモブ的な快楽は世界的に広がってるけれど、日本では全然成功しなかった。でも「恋チュン」では、ダンレボや盆踊りのような日本独自のやり方の回路を駆動させることで、老若男女を踊らせることに成功する可能性がある。

宇野 「恋チュン」は歌詞からして、秋元康・AKBと「社会」との距離感が変わってきたことの集大成になっていると思う。例えば「RIVER」や「Beginner」は、世間に対して「AKBとは何か」を説明する曲だった。いわば世間に対する対決モードで、これはネットでは有名な分析だけど、この頃は歌詞も一人称が女性ではなく男性目線の曲ばかりだった。これはファンが推しメンを支えて一緒にAKBというゲームを勝ち抜く、というコンセプトを表現していたんだと思う。でもそのモードがだんだん変わってきて、最近の「UZA」ではアイドル的な擬似恋愛装置が持つ魅力と気持ち悪さが主題になっているし、「永遠プレッシャー」から「さよならクロール」まで3曲連続で一人称が女性目線の普通のアイドルソングになっている。AKBが社会の文化インフラのようになって、もはや新興勢力としての自分たちを紹介するまでもなくなった、と。

さやわか 不安材料をあえて言うなら、最近のシングルがチャートで100位圏外に落ちるスピードが早くなっていること。音楽がコミュニケーション消費されるようになって、「今、これを聴いて踊ってみる」ことが大事になるから一瞬の消費になりやすいというのと、AKBを知らない人が社会からほとんどいなくなった結果、初動が伸びる代わりに口コミで売れ続けるロングヒットが出づらくなっているんですよね。

宇野 だから逆に言えば、そのための「音頭」なんでしょう。例えば幼稚園のお遊戯会で踊られるとか、そのレベルまでいくかどうか。

さやわか 僕はこの曲は、SMAPの『世界に一つだけの花』のようなロングヒットを生むために、「盆踊り」の要素を持ってきたのではないかと思っていて。ただ、「世界に一つだけの花」が持っている「みんな違ってみんないい」というメッセージと、「恋チュン」の「誰でも一番になる可能性がある」というメッセージは似て非なるものなんですよね。

宇野 前者には窮屈さを感じるけど、後者には自由さを感じるよね。「世界に一つだけの花」では「戦うと負けてしまうから、運命を信じていたいよ」という形で、自己決定論と運命論が対立している。でも今回の「恋チュン」を筆頭にAKBの歌詞世界ではその2つがむしろ結託していて、「運命(じゃんけん)を信じられるからこそ、自己決定(選挙)もできる」というふうになっている。

「恋チュン」の真価は「ロングヒットするかどうか」で問われるんでしょうね。『紅白歌合戦』効果で年末年始にはまた数字を伸ばすでしょうし。

宇野 AKBが紅白に出るときはメドレーばっかりだけど、今回はこれ一本でやってほしい。そのときに、GMTや演歌歌手なんかも巻き込んで踊らせられていたら勝ちですよね。逆に言うと、NHKも「恋チュン」の盆踊りを取り込むしかない。

 それは観たいですね(笑)。「恋チュン」と『あまちゃん』の対決がどうなるか、紅白が今から楽しみです。

(構成/中野 慧)

宇野常寛[批評家]
1978年生まれ。批評誌「PLANETS」の発行と、文化・社会・メディアを主軸に幅広い評論活動を展開する。

さやわか[ライター、物語評論家]
1974年生まれ。「ユリイカ」「Quick Japan」などに執筆。著書に『僕たちのゲーム史』、『AKB商法とは何だったのか』がある。

柴 那典[ライター/編集者]
1976年生まれ。ロッキング・オン社勤務後、音楽やカルチャー分野を中心にフリーで活動。本誌のほか、「ナタリー」「MUSICA」「marquee」などで執筆。

1310_planets_01.jpg

作品紹介
『恋するフォーチュンクッキー』
作詞/秋元康 作曲/伊藤心太郎 振り付け/パパイヤ鈴木

AKB48の32枚目となるシングルタイトル曲。発売形態は、Type A、Type K、Type B、劇場盤の4パターン。それぞれジャケット写真はレスリー・キーが手がけている。メインPVでは、センターの指原がHKT48で活動する福岡市内の施設を使い、ファンから募ったエキストラ3800人と共に踊るという大規模な撮影を行った。

【1】峯岸問題
今年1月末、「週刊文春」にてEXILEの後輩グループメンバーと熱愛をスクープされた峯岸みなみが、自ら頭を丸刈りにした姿で騒動を謝罪。2月1日付で研究生への降格処分がなされた。この一連の騒動で、外部からはAKBの今後を心配する声も上がった。

【2】フィリー・ソウル
フィラデルフィア発で70年代に米国でヒットした音楽ジャンルで、それまでのソウルやR&Bにより洗練された都会的なアレンジを施したもの。代表的なアーティストにMFSB、ザ・スタイリスティクスなど。

【3】筒美京平
60年代後半から活動する、日本を代表する作曲家。「ブルー・ライト・ヨコハマ」「また逢う日まで」など名曲多数。最近では、元スーパーカー・いしわたり淳治が作詞を手がけた声優・竹達彩奈の3rdシングルに楽曲提供をしている。

【4】ユーロビート
高音のシンセサイザーと早いテンポ、歌ものが特徴の、ダンスミュージックの一ジャンル。イタリア発だが、日本で大ブームとなった。現在では大手レコード会社となったエイベックスは、当初はユーロビート専門でスタートしている。

【5】AKBは非ディスコだった
皆無だったわけではなく、『Everyday, カチューシャ』(11年)のカップリング「これからWonderland」はフィリー・ソウルのサウンドを採用している。

【6】MIX
地下アイドルの現場で見られる「タイガー、ファイヤー、サイバー、ファイバー、ダイバー、バイバー、ジャージャー!」から始まるファンの掛け声のこと。AKB48グループのライブの定番になっている。

【7】GMT47
NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』に登場する架空のアイドルグループ。AKB48を意識した設定になっている。

【8】大友良英
作曲家/ミュージシャン。ノイズミュージック、実験音楽や映画のサウンドトラックを中心に国内外を問わず幅広く活躍している。『あまちゃん』ではオープニング曲や劇中歌の作曲を手がけている。

【9】DanceEvolution
ダンス・ダンス・レボリューションのスタッフによる最新タイトル。アーケードやXbox360で展開されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ