サイゾーpremium  > 連載  > 丸屋九兵衛の音樂時事備忘「ファンキー・ホモ・サピエンス」  >  【連載】丸屋九兵衛の「ファンキー・ホモ・サピエンス」
連載
丸屋九兵衛の音楽時事備忘録「ファンキー・ホモ・サピエンス」【4】

太めDJの出世劇に見るトーク至上国家USA

+お気に入りに追加

人類のナゾは音楽で見えてくる! ブラックミュージック専門サイト「bmr」編集長・丸屋九兵衛が“地・血・痴”でこの世を解きほぐす。

『Suffering from Success』/DJ KHALED

1310_FHS_01.jpg

(発売元:Cash Money)
困った横顔が印象的な最新作は近日発売。過去6作すべてに参加した肥満仲間のリック・ロスは、今回も皆勤賞を継続。そのほかもリル・ウェインやエイス・フッドなど、南部ラッパーが多めの人選か。件のニッキー・ミナージュは“I Wanna Be with You”に参加。問題のプロポーズ劇でも「君と一緒にいたい」を繰り返したキャレドである。


 DJキャレドという人物をご存じだろうか? いまアメリカで「DJ」を名乗る人間のうち、最も影響力を持つ男だ。

 このDJキャレド、つい先日はMTVのカメラに向かって、当代きっての人気女性ラッパー、ニッキー・ミナージュに公開プロポーズを敢行して話題になった。ただし、この2人は交際しているわけではない。つまりこれは唐突かつ一方的な告白であり、後から聞いたニッキー・ミナージュは大笑いしたという。「単なる新作宣伝」との揶揄もあり、全米規模で苦笑を呼ぶ結果となった。だが、このDJキャレドとはそもそも何者なのか? 実は彼の存在や地位を考えると、日米の文化差異が浮かび上がってくるのだ。

 2006年に発表した『Listennn...the Album』以来、DJキャレドは計6枚のアルバムを発表しており、この9月か10月に発売される『Suffering from Success』が第7作ということになる。

 問題は、それらの自己名義作で、キャレド自身がほとんど働いていないことである。DJらしくスクラッチする場面も少ないし、ラップもなし。DJと名乗るアーティストの自己名義アルバムはたいてい、そのDJのプロデュース曲集だが、キャレドのプロデュースは1作につき最大3曲。その3曲中にアルバム全体の序章が含まれていたりするので、実質的には2曲である。それ以外の曲はすべて、ほかのプロデューサーの仕切りで、そうそうたる顔ぶれのラッパーやシンガーが参加している。

 自己名義作なのに、ラップしない、プロデュースもほぼしない。「シャウトアウト」と称される曲冒頭の掛け声というか威勢のいい紹介トークは、確かに本人がやっているが……それだけでいいのか?

 ここで根本的な疑問。DJキャレドの「DJ」とはなんなのか。

 日本の状況からわかるように、DJという言葉には2つの意味がある。その1、ラジオでしゃべる人(米ではラジオ・パーソナリティと呼ばれる傾向あり)。その2、ターンテーブルなどを操って音楽をかける人。

 最近の日本の若者がクラブDJ(後者)に憧れるのか否かは知らんが、少なくともラジオでくだらんトークを垂れ流す輩(前者)よりはクールに見えるだろう。特に、その若者がヒップホップやR&B好きならなおさら。

 しかし! アメリカにおいては、今も昔も偉いのは前者。ラジオでしゃべるほうのDJなのだ。特にブラック・ミュージックの世界では。往年の革命的ファンク・バンド「スライ&ザ・ファミリー・ストーン」を結成する前のスライ・ストーンが西海岸ラジオ界の名物DJだった事実もある。これはつまり、ソウル~R&B~ヒップホップが本質的に「ラジオでかかってナンボ」の音楽であり、かつ、ラジオDJとしての名声がアーティスト活動の基盤となりうるジャンルだ、ということでもある。

 実はDJキャレド、出発点は「レコードをかける人」のほうのDJだった。だがラジオ界入り後に、進路を自問したようだ。だって、「誰がレコードに針を落としているか(あるいはCDや音源データの再生ボタンを押しているか)」は、ラジオでは伝わらないから。しゃべり担当のラジオ・パーソナリティに比べ存在感の希薄さを噛みしめるのは当然のこと。そのあたりを実地で痛感してトークへの移行を試み、それが予想外の規模で成功してしまったことで、現在の彼の地位があるのだろう。

 結局のところ、しゃべくりで魅力あるヤツが勝つ。それがディベート大国アメリカというものなのではないか? プロレスラーに対する評価すら、マイク・パフォーマンスにおける饒舌さで決まる国なのだから。ラジオ・パーソナリティとしての地位を活かして成り上がり、シャウトアウトという一発芸でアルバムの主役を名乗るDJキャレドの存在は、その証左ではなかろうか。

 ただ、疑問は残る。例のプロポーズ映像を見ても、キャレドはさして雄弁とは見えないのだ。彼の本名はKhaled Bin Abdul Khaledといい、アラブ系イスラム教徒だから、「石油王の一族であり、金にモノを言わせて地位を獲得したのでは?」という短絡的推測もあった。でもパレスチナ移民の子なので、その線は薄かろうなあ。この謎については、さらなる研究を待ちたい。

まるや・きゅうべえ
老舗ブラックミュージック雑誌あらためウェブサイト『bmr』の編集長だが、分野外の無駄な知識が膨大で「ダークサイドの池上彰」と呼ばれる。自慢はコスプレ歴と、荒俣宏のサイン。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ