サイゾーpremium  > 連載  > 友達リクエストの時代  >  小田嶋隆の「友達リクエストの時代」
連載
友達リクエストの時代【第10回】

そのボキャブラリーを脱ぎ捨てればたちまちフレンドリーな人間になれる

+お気に入りに追加

SNS隆盛の昨今、「承認」や「リクエスト」なるメールを経て、我々はたやすくつながるようになった。だが、ちょっと待て。それってホントの友だちか? ネットワーク時代に問う、有厚無厚な人間関係――。

1309_az_odajima.jpg
『イッツ・ア・スモールワールド』

 2000年の12月に、10日間ほどの旅程で、インドを訪れたことがある。仕事といえば仕事なのだが、肝心の仕事の中身は、なりゆきまかせというのか、最後まで未定だった。

「交通費と宿泊費は負担するが、ギャラは取材結果を執筆する媒体から受け取ってほしい」

 という、ちょっと不思議なオファーだった。

 結果を述べれば、この時のインド取材について、私は、原稿の執筆先を見つけることができなかった。ということは、仕事にならなかったわけなのだが、それはそれで良かったのだと思っている。

 というのも、00年当時、私はまだアルコール依存症からの回復の途上にあって、完全な状態ではなかったからだ。旅自体も、リハビリのひとつと思えば、それはそれで有意義な過程だった。

 訪印の直接の目的は、「トランスフォーミング・ワールド」(以下「TW」と略称)と名付けられたワークショップに参加することだった。「TW」は、第三世界のクリエイターを中心に、約30カ国から60人ほどの人間が集まって意見交換をする枠組みで、「国際会議」というほどカタいものではない。「日本の国際交流基金が資金提供をして立ち上げたNGO」ぐらいな位置付けになると思う。

 00年のミーティングは、「TW」を立ち上げるための初会合というふれこみで、参加メンバーは、期間内の適当なタイミングで、それぞれ10分ほどのスピーチをすることと、出身国の歌をアカペラで歌う義務を負っていたが、それ以外はまったくの自由行動を許されていた。スケジュールは、バンガロールというインド中部にある都市のホテルを中心に、近隣の村での農業見学やバングラデシュの自然活動家による映画の上映会、民族音楽の催しなどをこなしながら、のんびりと進んだ。

 特筆すべきは、現地に10日ほど滞在する間に、10人ほどの外国人の友だちを作ったことだ。これは、私にしてはかなり珍しいことだ。外国人にせよ、日本人にせよ、私は、成人してからこっち、新しい友だちを持ったことはない。してみると、この折のインド訪問は、実に貴重な体験だった。 

 もっとも、友だちになったとはいっても、帰国してから幾人かとメールのやりとりをしただけで、実績としては、あれ以来、誰とも会っていない。

 結局、行きずりの友だちだったということだ。

 とはいえ、大切なのは、行きずりであれ、期間限定であれ、私のような偏屈な人間が、10日という短期間のうちに親しく語り合う幾人かの仲間を作り得たというその実績だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』