サイゾーpremium  > 連載  > 佐々木俊尚のITインサイドレポート  > 【佐々木俊尚】アプリストア支配からアプリを解放せよ!
連載
佐々木俊尚の「ITインサイド・レポート」 第63回

iOS、Androidから第三極OSへ アプリストア支配からアプリを解放せよ!

+お気に入りに追加

進化の歩みを止めないIT業界。日々新しい情報が世間を賑わしてはいても、そのニュースの裏にある真の状況まで見通すのは、なかなか難しいものである――。業界を知り尽くしたジャーナリストの目から、最先端IT事情を深読み・裏読み!

1309_news2_03.jpg
ヨーロッパではすでに7月から販売がスタートしているFirefoxOS搭載モデル。日本では、KDDIが2014年中に発売すると発表している。

 iOSとAndroidが支配してきたモバイルOSの世界に、新たな動きが起こってきている。この動きは、スマートフォンに完全移行しつつあるモバイルの世界の中心を、再び大きく変える可能性をはらんでいる。2極支配の後に訪れるのは、どんな時代なのか?

 アップルのiOS、グーグルのAndroidに代わる新たなモバイルOSへの期待感が高まっている。この「期待感」は、アップルとグーグルに支配されてしまったNTTドコモなどの通信キャリアが苦し紛れに思いついたように受け止める人もいるだろう。アップルとグーグルの支配から逃れるために、ドコモはサムスンと第三のモバイルOS「TIZEN」の開発に乗り出し、KDDIは同じく第三のモバイルOSであるFirefox OSを搭載した製品を出そうとしているのだ、と。

 しかしそのように「通信キャリアVS支配的ネット企業」という構図だけに落とし込んでしまうと、この問題は見誤ってしまうことになる。もう少し俯瞰的に見ていく必要があるのだ。

 iOSとAndroidの最大の特徴はなんだろうか。パソコンのOSと比べてみればわかるが、それは「アプリをストア経由でしか入手(購入)できないこと」だ。パソコン時代は、アプリはパッケージで電器店から買ってきたり、サイトからダウンロードして解凍したり、さまざまな方法でインストールすることができた。しかしアップルはここにApp Storeという審査つきのアプリストアを導入し、アップルが認めたアプリしかインストールできないようにしたのである。

 このようなやり方は、質の低いアプリやウィルス感染した怪しいアプリが流通してしまうことを防ぐことができる。しかし一方で、アプリを入手する動線が固定されてしまい、アプリをウェブの世界の中でどう位置付け、どう活用するのかという可能性を限定させてしまうデメリットがあったのは間違いない。

 だからこういう束縛からアプリを解き放ち、より自由闊達なウェブとアプリの世界を作れないだろうか? そういう可能性が、第三のモバイルOSには期待されているのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

インタビュー

連載