サイゾーpremium  > 特集  > 大手メジャーが青田買い?【ネットレーベル】が生む新しい音楽
第1特集
ニコ動とは一味ちがう"ネットレーベル"盛り上がってます!【1】

iTunes総合1位を獲る猛者も登場! 大手メジャーも青田買いを狙う?”ネットレーベル”が生む新しい音楽

+お気に入りに追加

──ネット発アーティストの活躍が、ここ数年音楽業界においてホットトピックになっている。ことここに至るまで、日本のインターネットで音楽系ウェブサイト/サービスはどういった変遷を遂げてきたのか? その歴史を追い、今面白いネットの音楽サービスとアーティストを紹介する。

1308_itbiz_04.jpg
ネットレーベルが主催するイベントは、客層も若く、場所もいわゆるクラブのハコだけではない手弁当感あたりが、より盛り上がりを誘う部分もあるのかも。

 ネットレーベルという言葉をご存じだろうか? これは一言でいうと、“ネット上で音楽などの作品を無料でリリースする、個人や組織単位のクリエイターレーベル”を指す。

 その規模や更新頻度、ジャンル、リリース形態などは多種多様だが、「ネットレーベル」と自称し活動を展開する彼らは、衰退の陰りを見せる既存の商業音楽を横目に、いつしかひとつの音楽シーンを醸成するまでに至っている。

 ネットレーベルは、いわゆるレコード会社によるレーベルとは異なり、基本的には非営利目的で運営されている。その定義は明確ではないが、複数のクリエイターによるフリーダウンロード音源などをリリースする、ネット上のゆるやかな連帯(=レーベル)だ。楽曲のほとんどが、レーベル名で運営されているウェブサイトからダウンロードが可能。参加する多くがアマチュアながら、売れ線を気にすることなく好き勝手に、言い方を変えればこだわりをひたすら追求して自由に作られた作品群は、音楽通をも唸らせている。しかも、そのすべてが無料で、日々インターネットの海に放流されているとくれば、新しいものを追いかける熱心な音楽好きにはたまらないだろう。

 DTM(デスクトップミュージック)などの打ち込み音楽と相性が良く、レーベルごとに熱心なファンがついたこの分野は、特に2010年以降、オルタナティブな音楽コミュニティを形成。そしてそれは今やネットを飛び出し、リアルに波及している。リリースすれば再生数・ダウンロード数が伸びるのはもちろんのこと、イベントを行えば満員どころか入場規制、グッズも即完……音楽業界関係者なら知らない人はいないといってもいい状態にある。

 例えば、12年に新宿の風林会館で開催された古参レーベル・Maltine Recordsによるイベント「歌舞伎町マルチネフューチャーパーク(カブチネ)」は、開催前からネット上で煽りに煽ってちょっとしたお祭り騒ぎが展開。当日詰めかけた来場者の多さから、会場の底が抜ける恐れがあるとして開始数時間で入場規制となった。

 さらに目立った個人の事例としては、tofubeatsというクリエイターが挙げられるだろう。

 彼は、12年夏に個人制作でデジタル販売した「水星 feat.オノマトペ大臣」でiTunes Store総合1位を獲得し、一気に音楽好きの間で話題をさらった。今年4月にはメジャー第一弾アルバム『lost decade』を発売し、こちらもiTunes Store総合ランキングで1位を記録。さらにワーナーミュージック・ジャパンからリリースされた同CDパッケージ版も、オリコンのCDアルバムデイリーランキングで19位を獲得するという快挙を成し遂げている。

 1990年生まれのtofubeatsは、神戸で育ち、中学生の頃から一貫してネットを中心とした音楽活動を展開してきた。ネットレーベルからの作品の無料配信やDJイベントへの出演、それらを通して他アーティストのリミックスや楽曲提供の仕事にも手を広げ、DJ・リミキサー・トラックメイカーとしてキャリアを重ねている。

 彼の成功により、これまでネットレーベルの存在を知らなかった人たちの間にも、こうした盛り上がりが伝わりつつある。このようにネットレーベルが隆盛するに至るまで、日本のインターネットにおいて自主制作の音楽がどのように発展してきたのか、各種ウェブサービス/コミュニティを振り返りながらたどっていこう。

ネットで盛り上がった過去の音楽サービス

 今とは違って、容量の少ないレンタルサーバーしかなく、回線も安定していなかった90年代から00年代前半、自作音源をネット上で公開するためには、外部サービスに頼るしかなかった。

 ネットレーベルが隆盛する以前の同人音楽シーンにおいて、重要なサービスとして関係者の誰もが挙げるのは、99年から運営されている音楽配信サービス「muzie」(ハッチ・エンタテインメント/当時。現在はエイベックスが運営)だ。アマチュアミュージシャンがオリジナル曲を発表し、他のアーティストと相互に交流を図れる場として機能した。当時、楽曲数も最大規模で、インディーズミュージシャンの支援を掲げたサービスは「muzie」くらいだった。メジャーデビュー前のAqua TimezやfripSideが籍を置いていたことでも知られている。

 そして、この時期に生まれた、もうひとつの特筆すべき音楽コミュニティがある。98年に発売されたコナミの人気ゲーム『beatmania』シリーズをオマージュした楽曲制作を発祥とする「BMS(Be-Music Source file)」だ。これは、音声・映像ファイルを組み合わせ、演奏が可能なファイルフォーマット及びそれを利用した、パソコン用のフリー音楽ゲームを指す。「BMS」に端を発したゲーム系の同人音楽シーンは、現在まで脈々と独自の文化を形成している。

 また、99年に始まった2ちゃんねるには、DTM板やクラブ板、カラ(カラオケ)板、フラ(FLASH)板などがあり、作品の投稿、ネットラジオ配信サービスの「ねとらじ」を使ったユーザー放送も流行していた。それらが「muzie」や「BMS」コミュニティと相互に連携し、勢いを加速させていたことも見逃せない。特に、「FLASH黄金時代」と言われる00年代の前半から、音楽と動画は密接に結びついていた。今のニコニコ動画で主流を占める「MAD動画」や「歌ってみた」、「ユーザー生放送」も、源流はそこにあるともいわれている。その他にも03年には、主にバンド系のミュージシャンの中で、一時は最もポピュラーとなった音楽系ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Myspace」も生まれている。

 そのような背景を下敷きとし、04年、明確に“ネットレーベル”と打ち出して作品をリリースするレーベルが登場する。

 ネットレーベルの厳密な発祥は曖昧だが、これまでに確認された中で古参となるのが、同年に設立された「鯖缶レコード」だ。主宰のGuchonさんいわく、「上の世代の間では、デジタル配信をメインに行っていたエレクトロニカ系のインディーズレーベルなどはありましたが、いわゆる“ネットレーベル”というパッケージで活動を始めた中では、かなり古い部類に入ると思います」とのこと。

「その頃、海外では既にネットレーベルが充実していました。いろんなアーティストが集まってひとつのレーベルとして打ち出すカタログ感やアングラ感が好きで、それを真似して作ったのが鯖缶です。でも、リリース直後は、『muzie』や『Myspace』で交流を持った人が見に来てくれる程度で、全然聴いてもらえませんでしたね。参加してくれるアーティストもいましたが、海外に倣って、初めは自分で名前を変えて何曲も制作し、参加アーティスト数も水増ししてました(笑)」(Guchonさん)

 そして05年、前述のtofubeatsも変名で参加する、Maltine Recordsが始まる。主宰のtomadは、それまで、「2ちゃんねる」VIP板のクラブVIPというスレッドで、リミックス音源を公開していた。一念発起して立ち上げた同レーベルは、今では最も名前の知られているネットレーベルのひとつだが、やはり最初はほとんどリスナーがいなかったという。

 一方、06年にはニコニコ動画がリリースされ、07年発売の音声合成ソフト「VOCALOID」シリーズのアイコン・初音ミクと共に、一大ムーブメントを起こすに至った。そこで、作曲家・リミキサー・歌い手といった同人音楽や映像クリエイターが一気にニコ動に流れ込むことになる。

 ネットレーベルは、それら同人音楽やボーカロイドとは少し流れを異にする。Maltine Recordsをはじめ、独自の路線を歩んでいたネットレーベルは、リアルでのクラブイベント開催などで地道にファンの母数を増やしていった。ネットレーベルシーンから頭角を現したDJ WILDPARTYや、リミキサーやコンポーザーとして活躍するfu_mou、y0c1eといったネット系アーティストを抱える株式会社一二三代表の佐藤讓さんは、ネットレーベルの知名度に拍車をかけたのは、08年に日本語対応した「ツイッター」の存在だと語る。

「特にMaltine Recordsが、ツイッターをうまく使ってネット上でバズを作っていた印象があります。一方で、ソーシャルサービスが流行り出したタイミングで新しい血を入れるかのように、イベントにも本格的に力を入れ、リアルを重視しているのも興味深かった」

 彼らにリアルな場所を提供する受け皿となったのは、09年に秋葉原にオープンしたDJバー「MOGRA」だ。場所柄、アニソンを軸にイベントを開催していたMOGRAと、アニソンリミックスなども配信するネットレーベル出身のクリエイターとは親和性が高かった。翌10年には動画共有サービス「Ustream」が日本語対応し、MOGRAは積極的にイベント配信を行った。映像作家・宇川直宏が開局した日本初のライブストリーミングスタジ

「DOMMUNE」が始まったのもこの年。そして同年、Maltine Recordsがコンピレーションアルバム『MP3 KILLED THE CD STAR?』を初めてフィジカルリリースして話題を集めた。
 SNSやネットサービスがネットとリアルの間を取り持つ形で、ネットレーベル出身のクリエイターがMOGRA以外にもイベントに出演する機会が、徐々に増えていった。ネットレーベル/アニソン系のイベントには、これまでクラブを楽しんでいた客層とはまったく違う、若いオタク・ギークが熱狂する姿があった。

レーベルから個人へ、新しいフェーズに移行

 そして、13年現在。関係者が口を揃えて言うのは、一時のようなネットレーベルをめぐる喧噪は落ち着き、次のフェーズに移行している、ということだ。Guchonさんは、「バブルがはじけた」と語る。

「海外ではとっくにメジャー/インディーズ、そしてネットレーベルという区別が無効化するほど、デジタル配信は当たり前に行われています。日本でも、メジャーレーベルにおいてもよく見かける手法となりました。ただ、日本の音楽業界ではデジタル配信はそこまで徹底されてないために、いまだにジャンルも方向性も異なる僕らが“ネットレーベル”として括られて受容されているのでは」(同)

 特に、12年末、Guchonさんも主催者の一人であり、ネットレーベルが垣根を越えて結集した巨大イベント「大ネットレーベル祭」以降、レーベルではなくクリエイター個人にスポットが当たるようになっていると、前出の佐藤さんは指摘する。

「ある時期からネットレーベルの数が増えて、すべてを追いかけるのが難しくなってきている。だから、オリジナルや商業作品のプロデュースですでに台頭している個々のアーティストが、フィーチャーされるようになってきているのだと思います。

 ネットレーベル系のクリエイターは職業作家に近い職人的なスキルを持っていて、他のアーティストをプロデュースする仕事で力を発揮する人が多い。CDが売れなくなった中、自分のアルバムをリリースするだけじゃなく、さまざまなジャンルのプロデュースワークも並行して行うマルチなスタイルのほうが、今の時代にフィットしていると思います」(佐藤さん)

 ビジネスとは異なるロジックで自生し、メジャーで通用するアーティストを輩出してきたインターネットの音楽シーン。ネットレーベル自体をマネタイズするのではなく、そこから生まれたマルチクリエイターが、Perfumeにおける中田ヤスタカのように、プロデューサーとして成功するというモデルもあるのかもしれない。事実、前出のtofubeatsもブレイク前からメジャーレーベルに目をかけられ、各種アーティストのリミックス等を手がけていた。かように、メジャーレーベル側の間で、ネット系クリエイターの青田買いが加速する動きも出てきている。そもそもビジネスにつながるとは思われていなかった愛好家の集まりから、新しいヒットの潮流が生まれ、あまつさえtofubeatsのようにメジャーのフィールドでCDも売れるという状況はとても示唆的だ。

 現在、YouTubeやSoundCloudなど、ネット上で音楽視聴を完結できる状況が整いつつある中、あえてCDを買う理由があるとすれば、アーティストへの支援以外になくなってきている。CD自体がアーティストグッズ化し、普段はネット上で音楽を楽しみ、イベントに行ってグッズを購入するというスタイルが、日本でも定着しつつある。まだまだ模索段階だが、今後、音楽ビジネスが、インターネットと良好な関係を築くことができるのか、今が過渡期ともいえるだろう。

 これから先、インターネットからどんな音楽がどう生まれてくるようになるのか、前出の佐藤さんは「新しいインフラが出てきて、次の動きが生まれてくる可能性はありますよね」と語る。

「ここ10年の音楽シーンは、ネット上のインフラの誕生に左右されてきた。MySpace、YouTube、ニコ動、そしてネットレーベルにとってはSoundCloudやツイッターがそうでした。そういうふうに、新しいインフラが新しい表現や音楽を呼んでくる感じはします」

 確かに音楽ジャンルに限らず、ひとつの新しいサービスの登場が、ネットを取り巻く環境を一変させてしまうということも往々にしてある。今後、どのような新しい音楽サービスが生まれ、それによってネットレーベルはどういう変化を遂げていくのか。過度の期待で自由を殺してしまうのは本意ではないが、すでに音楽シーンの一翼を担うまでに成熟したネットレーベルの動向には、興味以上の何かを抱いてしまう。    

(文/新見 直 KAI-YOU)

■共有サービスで気軽に聴ける
SoundCloud
[運営会社]SoundCloud Ltd.
[サービス開始]2007年8月

1308_itbiz_01.jpg

ドイツ発の音楽共有サービス。ストリーミングによる公開だけでなく、ユーザーがダウンロードや購入をできる機能がある。特に近年、グレーゾーンながらリミックス楽曲が多く集まるプラットフォームとなっているために重宝されている。


■ミュージシャン人気はジワジワと
Bandcamp
[運営会社]Bandcamp, Inc.
[サービス開始]2008年9月

1308_itbiz_02.jpg

アメリカ発の音楽配信・販売プラットフォーム。高品質なデジタル販売やフィジカルパッケージやグッズの販売まで可能なことに加え、手数料も安い。近年、Bandcampを利用してアーティストが楽曲販売を行う機会が増え始めている。


■日本上陸は本当に今年、か?
Spotify
[運営会社]Spotify Ltd.
[サービス開始]2008年10月

1308_itbiz_03.jpg

スウェーデン発、世界最大のストリーミング配信サービス。レーベルと正式契約した楽曲を配信し、ユーザーは月額で利用することが可能。何度も日本に上陸すると言われてきたが、いよいよ年内には実現すると報道されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ