サイゾーpremium  > 連載  > キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」  > 【連載】時間を忘れて夢中になることがあるのは良いのか悪いのか…
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第13回

キンコメ高橋のセクハラトーク再び!夢中になることがあるのは良いのか悪いのか…

+お気に入りに追加

どんなに立派なお言葉も、決して素直に受け取らない卑屈家が2人。そのこじれた思考に、偉人たちの格言を浴びせてみると……?

今月の格言

決して時計を見るな。これは若い人に覚えてもらいたいことだ。

トーマス・エジソン(Thomas Alva Edison)
1847年、アメリカ生まれ。電話機、蓄音機、電球、発電機などの発明にかかわり「発明王」と呼ばれた発明家。1931年没。

 ハァハァ、遅くなってすみません!! 強風で電車が止まってしまって……! そして遅刻しておいてなんですが、今回の格言はエジソンの「決して時計を見るな。これは若い人に覚えてもらいたいことだ。」です。

 小明ちゃんは腕時計をしていないね。ちゃんと時計見てくれてたのかなー?今日も風が強いわけだから、家を出る前にそれも計算に入れて、さらに30分早くに出れば間に合ったわけだよ。

 予定では40分前に到着するはずだったんですよ。いやはや申し訳ございません。

 まぁ別にスルメジャーキー食べてたからいいんだけどさぁ。

 ほんとだ、イカくせえ。机にカップラーメンを食べた残骸もありますね。今回の格言は若者に向けてですけれども、パーケンさんも胃袋は若者ですね。エジソンも「時計を見るな」って言ってますし、あんまりピリピリしないほうがいいですよ!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号