サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】エイズが「死の病」でなくなるまでの知られざる戦い
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第67回

エイズが「死の病」でなくなるまでの知られざる戦い

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『いかにして疫病を生き延びるか(原題:How To Survive A Plague)』

1305_machiyama_01.jpg

アメリカでのエイズ拡大初期の1980年代からエイズ患者の権利拡大を推進している団体である「ACT UP」や「TAG」の活動を追ったドキュメンタリー。13年アカデミー賞ドキュメンタリー長編部門ノミネート作品。

監督/デイビッド・フランス 出演/ピーター・ステイリー、ボブ・ラフスキーほか 日本での公開は未定。


「もう死ぬんだと思った」

 1985年、ウォール街で債券のトレーダーをしていたピーター・ステイリー(当時24歳)は、HIVポジティブと診断された。ゲイであることは秘密にしていたので、誰にも相談できなかった。AIDS(エイズ/後天性免疫不全症候群)は81年にアメリカ国内で患者が発生して以降、死者は年々増え続けた。

「当時はなんの薬もなかった。死を待つだけだった」

 87年3月24日、ステイリーがいつものようにウォール街に出勤すると、結成されたばかりのACT UPという団体がピケを張り、「エイズの治療薬開発に政府の資金を」と訴え、警官隊に逮捕されていた。

 当時のアメリカ大統領だったロナルド・レーガンはエイズ発生以来、何も対策を講じていなかった。それどころか公の場ではエイズについて決して言及せず、そんな病気は存在しないかのように振る舞っていた。85年、レーガンの俳優時代からの友人ロック・ハドソンがエイズで亡くなったが、大統領は動かなかった。

 ならば無理にでも政府を動かすしかない。ステイリーはACT UPの活動に身を投じた。

 13年アカデミー賞の最優秀長編ドキュメンタリー候補になった『いかにして疫病を生き延びるか(原題:How To Survive A Plague)』は、エイズと闘った運動家たちの記録だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』