サイゾーpremium  > 連載  > ITリレーコラム「テクノロジーから見る!業界アウトルック」  > 【連載】 業界アウトルック『戦闘機業界』
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.08

マライアに踏まれたアイツは空の絶対王者!? タッチパネルで操作する米軍戦闘機の今

+お気に入りに追加

もはやどんな事物もテクノロジーと無関係には存在できないこのご時世。政治経済、芸能、報道、メディア、アイドル、文壇、論壇などなど、各種業界だってむろん無縁ではいられない──ということで、毎月多彩すぎる賢者たちが、あの業界とテクノロジーの交錯地点をルック!

[今月の業界と担当者]
戦闘機業界/丸屋九兵衛(「bmr」編集長/雑学コメンテイター)

 軍事大国・アメリカが莫大なお金と時間をかけて開発する戦闘機。ここではあえて「戦闘機業界」と的を絞って、その最先端事情を追ってみたい。しかも、今回「戦闘機業界」を分析するのは、ブラックミュージックの専門サイト「bmr」編集長の丸屋九兵衛氏。果たして、丸屋氏が論ずる戦闘機の現在とは?

1305_nn2_03.jpg
曲線を随所に取り入れたデザインのF-16。良好な視界を確保する水滴型キャノピーも特徴だった。(写真/アメリカ空軍)

 1999年にマライア・キャリーが放った「I Still Believe」というヒット。空軍基地慰問をテーマとした同曲のビデオで、マライアは(なぜか)戦闘機のボディ上で仁王立ちになって絶唱する。その戦闘機こそが、当時まだ基地で試験運用中だった最新鋭機、F-22だった……。

 このF-22ラプターは時代の最先端、ステルス性を追求する通称「第5世代」の最強戦闘機。これがもう、他の追随を許さないくらい、圧倒的に強い。

 それ以前、ステルスとは無縁だった「第4世代」戦闘機で最も先鋭的なF-16ファイティング・ファルコンを見てみよう。ボディと主翼が流れるようにつながる、洗練された形状だ。一方、F-22は非常にカクカク。それまでのデザインの傾向に逆らう、非現実的な形とも映る。ほとんどの面が直線ばかり、しかもそれらの直線は可能な限り平行になるような配置。それもこれも、目的はステルス性の向上にある。直線/平行主義の設計は、敵のレーダー波を乱反射しないように計算されたもの。さらに、機体を構成する素材自体がレーダー波を吸収するスグレモノだ。結果、全長20メートルほどの機体なのに、レーダーではスズメ大にしか映らないという、驚異の隠密仕様となっている。

 そしてF-22は、ただステルスなだけではない。あえて航空力学的に不安定な形状を採用することで戦闘時に小回りが利くようにする(その分、通常飛行時にグラグラするが、それはコンピュータで徹底的に制御)という革命的な設計思想をとことんまで突き詰めた結果、機動性も凄まじいものとなっている。

 軍備の要は戦闘機。その戦闘機が強すぎて強すぎて、ほかのどんな国家も、もはやアメリカと直接対決なんてできないのだ。テロ以外の手段では。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』