サイゾーpremium  > 連載  > ITリレーコラム「テクノロジーから見る!業界アウトルック」  > 【連載】 業界アウトルック『中国ネット界』
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.06

中国共産党・習近平総書記体制誕生でネットは規制一辺倒から世論工作へ変わる!

+お気に入りに追加

もはやどんな事物もテクノロジーと無関係には存在できないこのご時世。政治経済、芸能、報道、メディア、アイドル、文壇、論壇などなど、各種業界だってむろん無縁ではいられない──ということで、毎月多彩すぎる賢者たちが、あの業界とテクノロジーの交錯地点をルック!

[今月の業界と担当者]
中国ネット界/安田峰俊(ノンフィクション作家)

──政治の面でもビジネスの面でも、近年日本が熱い視線を注ぐ国・中国。今年秋には第18回中国共産党大会が行われ、今後の5年を統治してゆく習近平総書記体制が固まった。悪名高いグレートファイヤーウォールに阻まれて自由にネットが使えない、といわれるかの国では、これを機にネットと政治の関係が変わっていこうとしている真っ最中だ──。

1302_itrelay.jpg
3億5000万人近いユーザーを抱える中国独自のマイクロブログ・微博。11年には日本語版も開設されている。

「紳士淑女の皆様、そして友人たちよ、こんにちは! 長らくお待たせ致しました」

 今年11月15日、中国共産党総書記に就任した習近平の演説の冒頭部分の言葉だ。

 習が微笑を浮かべながら、英語の「Ladies and gentlemen」に相当する気さくな表現(=女士們、先生們)で話を始めたこと、演説の開始時刻が予定時間よりも1時間遅れたのを謝ってみせたこと、共産党の難解な専門用語を極力使わずに平易な言葉で話したことなどは、中国の国内外で驚きを持って受け止められた。

 詰めかけた記者たちに、習が「記者朋友(メディアの友人たち)」という柔らかい表現を多用したこともあり、彼の演説は国営放送のCCTV(中国中央電視台)はもちろん、BBCやNYタイムズ、朝鮮日報など多くの西側メディアでも肯定的に報じられた。

 前任者の胡錦濤は、中国国内のネット民から“殭屍(キョンシー)”というあだ名を付けられていたように、無表情で堅苦しい演説をすることで知られた人物だ。胡は、ネット規制をはじめとした言論弾圧や、政治・経済改革の停滞などから国内外での人望がなく、習との関係も良好でないとされる。

 習近平がフラットなイメージを前面に打ち出す作戦を採ったのは、自身と前任者の違いをアピールする目的ゆえのことなのだろう。

「習総書記の演説は上品で、官僚臭くなくて素直に話している」

 習近平の就任演説に対する、広東省のネット民の投稿だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』