連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「未来の党がネットでボコボコに」

+お気に入りに追加

「はてなブックマーク」とは?
ソーシャルブックマークサービスの最大手。ネットのトレンドや“今”話題になっていることがわかる。気になる情報を共有したり、他のユーザーが興味を持つ話題を見たりできる。iPhone/Androidでも閲覧可能。http://b.hatena.ne.jp/

──衆院選では自民党が圧勝し、民主党が惨敗。第三極では日本維新の会に票が集まったものの、存在感を出せないままでした。そんな中、ネットで異彩を放ったのが日本未来の党。公示前に登場した謎のサイトは一瞬大きく話題になりました。政治をよそに盛り上がったのが月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帳』。原作である人気小説では「黒髪、ロングヘア」のヒロインを、「茶髪、ショートヘア」の女優・剛力彩芽さんが演じることで「悲報」とまで言われてしまいました……。
【集計期間:11月16日~12月15日】

政治・経済│2012.12.3 MON

1302_hatena02.jpg

■未来の党がネットでボコボコに
ブックマークuser数255
[タグ]政治、web、選挙
[エントリータイトル]
ネットでプレ総選挙!あなたの意見を表明してください。|未来の党
[エントリーページURL]
http://b.hatena.ne.jp/entry/122623162

衆院選で「卒原発」を唱えた日本未来の党は、議席を大きく減らしました。同党は衆院選の公示前に「ネットでプレ総選挙!」と題したアンケートサイトを開設。「原発推進に賛成ですか?」などの質問が並びましたが、面白がったネット住民が投票に加わったらしく、不自然な投票結果になりました。投票数が何度もリセットされる、設問が後から変えられるなど運営がずさんなことから「偽物説」「陰謀説」まで飛び出す始末。結局サイトは閉鎖され、後日報道で党が作った本物であることがわかったのでした。現時点では見られなくなっています。

『日本未来の党』
代表は嘉田由紀子滋賀県知事。民主党を離党した小沢一郎氏が立ち上げた「国民の生活が第一」、「減税日本・反TPP・脱原発を実現する党」などが合流した。衆院選で公示前の62議席から9議席に激減した。

『アンケートサイト』
「ネットでプレ総選挙!」では、メールアドレスの登録や多重投票の防止策などが存在していなかった上に、「投票結果の数字をリセット」が繰り返され、公正なアンケートサイトとは言いがたかった。

ブクマコメント
●そもそも特定の政党が自分のサーバで投票システムを用意するとか操作し放題だろ。せめて第三者サービス使え。
●政策内容はさておき、こうなることも予想できない程度の推測能力しかもたない人達に日本の未来は任せたくないな。
●閉じやがった。都合が悪いと無かった事にする。これって脱原発派が言うところの東電と何が違うの?
●実際の選挙のような責任ある選択でない状況では、「せっかくだから俺は面白そうなほうの選択肢を選ぶぜ」ってことになるよなあ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』