サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】パイロットはアル中!?“奇跡の英雄”の真実
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第63回

未来を見据えた選択のため権謀術数も辞さない指導者

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『リンカーン』

1301_machiyama.jpg

「奴隷解放宣言」で知られるアメリカ16代目大統領のエイブラハム・リンカーンの、大統領としての最後の数カ月を描いた作品。リンカーンは奴隷法を定めた合衆国憲法13条を改正するため、あらゆる手段を講じていく。

監督/スティーヴン・スピルバーグ 脚本/トニー・クシュナー 出演/ダニエル・デイ=ルイス、サリー・フィールドほか 日本では2013年4月より全国ロードショー予定。


 スティーヴン・スピルバーグがエイブラハム・リンカーンの映画を作ろうとしている」と報じられたのは2000年頃だった。偉大な大統領の生涯と南北戦争を描く超大作になる、と言われていたが、12年越しに完成した『リンカーン』は、そういう大作ではなかった。

 ゲティスバーグの演説も奴隷解放宣言も、『リンカーン』には登場しない。この映画で描かれるのは1865年1月の下院議会だけだ。

 そこで論議されたのは、合衆国憲法第13条だった。「奴隷制もしくは自発的でない隷属は、アメリカ合衆国内およびその法が及ぶいかなる場所でも存在してはならない」。これは1862年9月の奴隷解放宣言の法制化であり、その後一切の奴隷制度を禁止するために必要だった。『リンカーン』は、この憲法改正のためのリンカーンの知られざる「裏工作」だけを描いた映画なのだ。

 当時、リンカーンをはじめ、奴隷制度撤廃を主張し、北部各州の多数派を占めていたのは共和党。対して、奴隷制度継続を求める南部各州の政治家は民主党だった。現在のアメリカで、黒人に支持され、北部や西海岸で支持されているのは民主党で、南部で白人たちに支持されているのは共和党だから、今では逆転している。

 南北戦争中も、北部の連邦政府の下院議会の3分の1は、民主党議員が占めていた。彼らはコパーヘッド(マムシ)と呼ばれ、常に大統領に反対してきた。今回の修正第13条にも、全党一致で反対するはずだが、憲法修正には下院議員の3分の2以上の賛成が必要だ。そのため、最低でも20人の民主党議員の票を獲得しなければ。

 そこでリンカーン(ダニエル・デイ=ルイス)とスワード国務長官は民主党の懐柔を開始。リンカーンに恩赦を受けたW・N・ビルボという民主党員を使い、寝返りそうな議員と密かに交渉した。例えばネルソン議員には次期内閣での財務大臣の座を約束した。金を渡す場合もあった。

 敵は民主党員だけではない。共和党院内総務のサディアス・スティーヴンス(トミー・リー・ジョーンズ)は「人種の平等」を訴えていた。つまり黒人に白人とまったく同じ人権を与えようと。民主党員の中にも奴隷制度に反感を持つ議員は少なくなかったが「人種の平等」は行き過ぎだと考えていた。そこで、リンカーンはスティーヴンスに「人種の平等」ではなく「法的な平等」までトーンダウンするよう説得する。

 いよいよ評決が行われる直前、南部連合の副大統領をはじめとする和平使節が密かに北部に入り、大統領と和平交渉を求めてきた。今、南北戦争が終わるのは、タイミングが悪い。リンカーンは「修正第13条は南軍の士気を挫くための法案だ。戦争を終わらせるにはこれしかない」という論理を使ってきたからだ。実際、評決当日に、民主党員たちは和平交渉の噂を聞きつける。「戦争が終わるなら、今、急いで奴隷制度を撤廃する必要はない」と民主党員は決議の延期を求めた。するとリンカーンはしれっと「和平使節など来ていない」と嘘をつく。

 敵を裏金で買い、味方を妥協させ、嘘をつく。「正直エイブ」と呼ばれたリンカーンのイメージとは正反対だ。スティーヴンスも「今世紀の最も偉大な法案は、米国で最も純粋な男の腐敗で通過した」という言葉を残している。だが、リンカーンは何がなんでもやるしかなかったのだ。

「奴隷制度撤廃は、今、鎖につながれている100万の黒人のためだけじゃない」と、リンカーンは言う。「彼らの、何千万の子孫のためなんだ」

 スピルバーグは政治的な発言はしない。その代わり映画を作る。ブッシュがテロの報復としてイラクを攻撃した時は『ミュンヘン』を撮った。1972年、ミュンヘン五輪で、イスラエルの選手団がパレスチナ・ゲリラに殺され、イスラエル政府は報復としてパレスチナの要人11人を暗殺した。最後にスピルバーグは今は亡き世界貿易センタービルを見せることで、暴力に対する暴力の空しさを静かに示した。

 今、アメリカの下院では、多数派の共和党員がオバマ大統領の政策にことごとく反対し、改革がまったく進まない。目前には「財政の崖」が迫っている。債務上限引き上げに対して共和党が党を挙げて反対すると、アメリカはデフォルト(債務不履行)するかもしれない。『リンカーン』が示唆するのは、目的のために敵も味方も手玉に取るリーダーシップと、目先の党内政治より未来を見据えた選択をする必要性なのだ。

まちやま・ともひろ
サンフランシスコ郊外在住。『〈映画の見方〉がわかる本』(洋泉社)など著書多数。TOKYO MXテレビ(金曜日23時半~)にて、『松嶋 ×町山 未公開映画を観るTV』が放送中。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ