サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 【芸能】水嶋ヒロはいまや絢香の裏方に?
ニュース
[サイゾーpremium限定ニュース]

【無料】2作目がさっぱり書けない!! 表舞台から消え、妻・絢香の裏方に回りそうな水嶋ヒロ

+お気に入りに追加
201210_mizushima_news.jpg
水嶋ヒロ先生の処女作『KAGEROU』(ポプラ社)は大ヒットを記録!

 このところ、ソロデビュー25周年記念の新曲「きみがくれたもの」のPRでやたらテレビ番組への出演が目立つキムタクの妻・工藤静香だが、同曲を提供したのはシンガーソングライターの絢香。静香は絢香について出演した番組で「娘たちがファンだった」と笑顔で話していたが、「女性自身」(光文社)によると、楽曲提供が実現したのは絢香の夫で俳優の水島ヒロが橋渡しをしたおかげだったという。

 同誌によると、水島は2009年に放送されたドラマ「MR.BRAIN」(TBS)でキムタクと共演以来、家族ぐるみのつきあいを始め、最近では音楽活動で多忙な絢香をサポートするために料理の腕を上げようと、静香のもとに通って料理を教えてもらい、その恩返しで絢香の楽曲提供が実現したというが、最近では“主夫”同然の状態のようだ。

「絢香との結婚をしばらく伏せていてすっぱ抜かれるなど、以前所属していた大手事務所と関係が悪化したまま辞めたので、テレビ各局や映画各社は暗黙の了解でいまだに水嶋を使いたがらず、『先に使ったところはどうなるか』と警戒して様子をうかがっている。最近は仕事らしい仕事もなく、絢香のツアーグッズのプロデュースなど裏方の仕事ばかり」(音楽関係者)

 俳優としては厳しい水嶋だが、おととし本名の齋藤智裕名義で応募した小説「KAGEROU」が「第5回ポプラ社小説大賞」を受賞し一躍脚光を浴び、同書は発行部数が60万部を超える大ベストセラーとなるなど、ベストセラー作家としての顔も持つが、なかなか第2作が発表されない。

「あまりにも稚拙な内容から大賞受賞に関してさんざん『デキレースだ』と言われた。実際、大量に在庫を抱え返品する書店が相次ぎ、ネットオークションにも安価で大量に出品されてしまった。そこで、第2作で汚名を返上しようと、水嶋は震災をテーマにした小説を書いたが、デキがいまいちで出版にいたらず。そんな状況に追い打ちをかけるように、今年1月、NEWSのメンバー・加藤成亮が加藤シゲアキ名義で発売した小説『ピンクとグレー』(角川書店)が好評で、実際に同書を読んだ水嶋もあまりのクオリティの高さにショックを受け、ますます書けなくなってしまった。メディアとしても1人いれば十分な『イケメンタレント作家枠』が個人事務所で干されている水嶋よりも、ジャニーズ事務所所属の加藤のほうが何かと扱いやすい。このままでは、水嶋はすっかり絢香の裏方に回ることになりそうだが、かなり嫉妬深く、水嶋がどの女性タレントと共演するかチェックしていた絢香にとってはこれとない仕事に専念できる環境だ」(出版関係者)

 イケメン、慶大卒の高学歴、全国高校サッカー選手権出場で運動神経抜群、そしていきなりの売れっ子作家人生……天が二物も三物も与えたと思われた水嶋だが、ここに来て、おそらく本人も予期しなかったであろう高い高い壁にぶちあたってしまったようだ。

【「サイゾーpremium」では、このほか水嶋ヒロ&絢香を追った記事もたくさん!】
芸能界の重鎮も敵に回した!? 水嶋ヒロ編集長と研音の確執
青い十字架は何を暗示するのか? 水嶋ヒロ 先生へ捧げる愛ある8首
ケイダッシュに喧嘩を売る研音の禁じ手と好調ぶり


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』