サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【AKB48】のスキャンダルはいつもSNSから!?
第1特集
ITの進歩と歩んだAKB48の"誤爆""流出"スキャンダル史【1】

大島優子も指原莉乃も経験済み!? 事務所のSNS検閲が火種に――AKB48の"流出""誤爆"の真相

+お気に入りに追加

──2005年に結成されたAKB48。彼女たちのデビューからはや7年、この間にSNSを中心としたITツールは広く普及した。ブログ、モバイルメール、ツイッター、Google+。それらは彼女たちの重要な“営業ツール”となっているのだ。しかし、彼女たちにとって“自由に発信できる”それらのサービスは、ときに、思わぬ失態の原因ともなっている。スキャンダルの発信元ともなりつつあるITツールは、果たして彼女たちの味方か、敵か?

1211_akb_ill.jpg
(絵/エンライトメント)

 景気低迷に歯止めがかからない今の日本において、“手堅い景気刺激策”ともなっているのがアイドル産業だ。中でもAKB48をはじめ、SKE48やNMB48など“48グループ”がもたらす経済効果は、一説には年間300億円ともいわれるほど。その勢いはIT業界にも波及し、2011年12月より48グループの18歳以上(現在は13歳以上)の全メンバーにアカウントを持たせることで日本の市場開拓を謀ったSNSサービス「Google+」は、大量のユーザー獲得に成功。日本国内のネット視聴率を調査するニールセン社の発表によると、今年6月にはAKB48選抜総選挙を生中継するなどの連動企画も実施したことで、前月比136・2%となる485万人もの訪問者数を記録。サービス開始当初の11年7月には91万人だったことを考えると、驚異的な伸び率で普及しており、その一翼を担ったのが48グループであることに疑いはない。

 しかし、48グループにとっては、このGoogle+がスキャンダルの火種をまく“諸刃の剣”と化しているのも事実。今年8月には、当時HKT48に在籍していた古森結衣が「芸能界の世界がこんなに恐ろしいのも知りました。たくさん学んだな。人って簡単に信じちゃだめなんだね。本当にありがとうございました。」と、卒業を匂わせるメッセージをなんの前触れもなく投稿し、すぐさま削除されるという事件が勃発。さらに翌日には、運営側から彼女含む5人のメンバーの卒業が事後報告されるという異常事態が起こり、その理由についても「一身上の都合により、活動を辞退したいとの申し出がありました」としかアナウンスされなかったため、ファンの間では「何かスキャンダルを起こし、一斉に解雇されたのでは?」という臆測が広まった。後日、古森の父が「週刊文春」(文藝春秋/9月6日発売号)の誌面にて「娘以外の4人が男性ファンの自宅に泊まり、娘はその巻き添えを食らった。不当解雇だ」と告発したこともあり、“一身上の都合”とやらが穏やかなものでないことは確かなようだ。

「実際のところ泊まったのは誰か……など、詳細な部分についてはわかりませんが、とにかく辞めたメンバーたちがGoogle+のチャット機能を使い、ファンとつながってしまったことは間違いないようです。たぶん、そのやり取りも自分のスマホやPCではなく、Google+の更新のためにドコモから支給されたスマホで行っていたようで。これはHKT48に限った話ではなく、使い放題にできるスマホが支給されたのをいいことに、学校や地元の友達とチャットでやり取りしていたメンバーは結構いましたからね。そういうメンバーは、総じてデビューしてから日が浅く、まだ子どもに近い年齢の子たちなので、リテラシーが低いのも仕方ありませんが……。だからこそ、運営側の大人たちがしっかり指導しなきゃいけないのに、ただスマホを支給するだけで使い方もろくに教えていなかったんですよ」(元内部関係者・A氏)

 さらに、別の元関係者・B氏は、NMB48についてもこう指摘する。

「NMB48なんて、運営側が『チャットで私用のやり取りは禁止』とお達しを出したのは、HKT48の騒動があってからだったんですよ(笑)。まぁ、あそこは吉本興業の系列だけあって、お笑い事務所ならではの“事後処理型体制”なので、もともとリスクヘッジができないんですけど……」

1211_akb01.jpg
「AKB48 新戦略発表会」でグーグルとのタイアップが発表された。(c)AKS

 NMB48といえば、今年1月に運営側がGoogle+の投稿に対して独自に検閲を行っていく方針を決め、それによってリアルタイム性が失われることに懸念を感じたメンバーの山本彩が「何かぐぐたす【編註:「Google+の通称】やりづらいよ~ 壁が出来た感じ」などと投稿。48グループ総合プロデューサーの秋元康氏がGoogle+を通じて「業務連絡。NMBスタッフへ。ぐぐたす投稿に対する検閲はありえません」と検閲禁止を指示する事態が起きた。その後、SKE48のメンバーには運営スタッフから投稿時間に制限をかけられていたことが発覚。それもまた、秋元氏によって禁止令が下されたように、姉妹グループにおいては、各運営担当者の管理の下スタートしたプロジェクトだったことがうかがえたが、一方で、本体のAKB48ではどのような対応をしていたのか?

「AKB48の運営元であるAKSは、初めから検閲も投稿時間の設定も行っていませんでした。ただ、AKB48の正規メンバーはほぼ全員が芸能事務所に所属しているので、事務所によっては検閲をかけられていたメンバーもいるみたいですね。柏木由紀らが所属するワタナベエンターテインメントでは検閲を一切行わず、板野友美らが所属するホリプロでも、問題発言しがちな石田晴香以外は基本的に検閲なし。結局、石田も検閲に回さずに投稿するようになってしまったため、事務所が検閲できたのは3日間だけだったとか(笑)。両社とも、あえて自由にさせているというより、所属メンバーの数に対して担当マネージャーの数が足りないため、『そこまでやってられない』というのが本音だと思います」(前出・A氏)

 検閲の有無は、“そのメンバーにどれだけ信頼を寄せられるか”によって決まる部分も大きい。AKB48のファンで、Google+の投稿はほぼ全員分チェックしているというC氏によると、今でも検閲をかけられていそうなメンバーが存在するという。

「AKS直下のoffice48に所属している宮澤佐江です。ほかのメンバーの投稿に対するレスポンスもわりとタイムラグがあるので、もしかしたら今もマネージャーにチェックされているんじゃないかと。まぁ彼女は過去にモバメ【編註:メンバーからのメールが携帯電話・スマートフォンに届く有料サービス「モバイルメール」のこと】でやらかしてますからね。『他人の男の子の話聞いてても、えばにかなうヤツゎいないと思った』という一文をモバメ宛てのアドレスに誤送信してしまい、ファンの間で『えばという名の彼氏がいるんじゃないか』と疑惑を持たれた。そのせいか、同社に所属しているほかのメンバーはツイッターもやらせてもらっているのに、彼女だけはいまだにやっていません。おバカキャラで有名な小林香菜でさえやっているのに(笑)。ちなみに同じくおバカキャラの小嶋陽菜は、篠田麻里子にツイッターを勧められて、所属事務所の尾木プロには無断で始めてしまったそうです。その結果、『手越』という謎のツイートをする事件もありました。さすがに、今は検閲されているようですが」

 しかし、検閲を行っていたからといって、安心安全というわけでもない。基本的に、芸能人のブログやツイッターなどの検閲は担当マネージャーが行うほか、専門会社に委託して行われるケースもあるが、いずれにせよ担当者によって“当たり外れ”が生じるらしい。

「SKE48のモバメの検閲は、エムアップという会社【編註:同グループのオフィシャルWEBサイト、モバイルサイト全般を運営している】に丸投げしているそうなんですが、外れの担当者に当たると悲惨。登録している会員のもとには、ド深夜に『今からモツ鍋食べに行くよ』とか、朝方に『今公演終わったよ』とか送られてきたり……。明らかに、メンバーがメールを送った時間から相当なラグが生じていることがある。でも、これもちゃんとメールが届くだけマシで、もっとひどい担当者になると、メンバーが送ったメールが、検閲担当者のところで止まってしまって、会員のところまで届いていないこともあるようなんです。それで、11年末に小林亜実というメンバーが業を煮やして、検閲担当者に向けて『どうしてメールが送られないのですか? 1通1通時間をかけて内容を考えてメールを作っているのにひどいです』とメールを送ったら、それが検閲されずにファンのもとに届くという……。最悪ですよ(笑)」(SKE48ファン・D氏)

 また、アイドルとITを語る上で欠かせないのが、“流出”だろう。禁忌と知りながら密かに育んでいた恋が、思わぬかたちでネット上に広まってしまうことがある。今年1月には、当時AKB48に在籍していた米沢瑠美の非公式ツイッターアカウントが発見され、そこから同じく当時メンバーだった平嶋夏海と共に一般人男性と仲睦まじく過ごしている様子の写真が流出。翌日には2人そろって「活動辞退」となった。AKB48ファンのE氏によると、「こうした流出ネタは男性が発掘するものと思われがちだが、実は女性によって掘り起こされている可能性も高い」という。

1211_akb02.jpg
麻里子様(右)にそそのかされて失敗したこじはる(左)。(写真/後藤秀二)

「現に米沢のツイッターアカウントをいち早く見つけたのは、NEWSの手越祐也の女性ファンですからね。米沢自身はツイートを承認した人にしか見られないよう限定公開設定にしていたものの、手越ファンが『手越がやっているのではないか』と怪しんでいたアカウントに『るみ』と呼ばれていたことから足がついてしまった。それから11年9月に彼氏がいることが発覚し、AKB48を活動辞退に追い込まれた森杏奈だって、流出のきっかけが女友達のプロフィールサイト、そして森が通っていたのは女子校であることを考えると、彼女の身近にいる同性が情報を流した気がしてなりません」(E氏)

 さらに清純性を求められるアイドルの場合、問題視されるのは“現在”だけではない。過ぎ去ったはずの“過去”ですら、発掘されると矢面に立たされる羽目になる。

「11年8月に、山本彩が中学3年生の時に男女4人で撮ったプリクラが流出したんです。『おとまりんこ』と外泊を匂わせるペイントがされていたとはいえ、一緒に女友達も写っていたし、そもそも数年前に撮られたもの。山本から事前に流出の恐れがあることを申告されていたこともあって、運営側としてはそれほど危惧していなかったようなんですが……。ファンの反応は想像以上にシビアでしたね。ちょうど流出した翌日だったということもあるでしょうが、握手会で彼女の列がガラガラになってしまったんです。いつもはNMB48の中で1~2位を争うくらい長蛇の列になるのに。あれはビックリしました」(前出・B氏)

 今や中高生が携帯電話やパソコンをひとり一台所持するのは当たり前で、それを使ってネット上でコミュニケーションを図ったり、自己主張するのも当たり前の時代。10代半ばでアイドルになるまでの期間を、ネット上に“疑わしい痕跡”を一切残さずに過ごし切るほうが難しいと言わざるを得ない。そう考えるとアイドルにとってITは、“薬”よりも“毒”の作用のほうが強いのかもしれない。

 そんな中、「辞めた理由についてネット上で囁かれていることは全部嘘です!」と釈明する動画を撮影し、YouTubeで配信するという、まさに毒をもって毒を制す手段で再起を図る元アイドルも現れた。前述のHKT48の騒動で一斉卒業した5人のうちのひとり、菅本裕子である。この斬新な釈明方法は「騒動の火消しのために運営が指示したのではないか」との見方もあるが……。

「その可能性は低いと思います。もし指示されていたとしても、それは48グループとは関係ない人物によるものではないかと。9月に菅本のツイッターに『東京なう何してるかは……秘密!』と書き込まれていましたが、実際何をしてたかというと、オスカープロモーションをはじめとする数社の芸能プロダクションの人間と会っていたそうなんですよ。卒業して1カ月もたたないうちにそんな動きを見せるなんて、どのみち黒幕はいるでしょうね」(前出・A氏)

 転んでもただでは起きないバイタリティ。ITゴシップが氾濫する現代でアイドルに必要なのは、この“図太さ”ではないだろうか。

(構成/小芋堀男)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ