サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 若手狩りか、メンターか? ベンチャーキャピタル基礎の【基礎】
第1特集
投資を受けたらヤバイ!? ベンチャーキャピタル最新事情【2】

若手狩りか、メンターか? 今さら聞けない"ベンチャーキャピタル"基礎の基礎

+お気に入りに追加

──本文では現在のベンチャーキャピタルの流行の形や、その功罪を論じているが、そもそもベンチャーをめぐる金の流れは、世間にはさほど知られていないことだろう。ここでは、VCとは何か、日本の主なVCにはどんな会社があるのか、ざっくりチェックしていこう。

1211_murakami.jpg
今年11月に上場最年少記録を塗り替えたリブセンス・村上太一氏(25)。

 まず、「ベンチャーキャピタルとは何か?」という基本的なところからおさらいしていこう。起業したてのベンチャー事業では、銀行など、一般に企業が資金調達をする機関からの融資を受けることができない。事業内容も先が見えず、十分な担保もないためだ。そこで、ベンチャーキャピタル(以下、VC)から出資を受け、代わりに事業者は株式を渡す。VCは当該ベンチャーの株主となるわけだ。企業側に返済義務は生じないが、出資に見合ったリターンを出す必要がある。それが、株式を売却したときに得られるキャピタルゲインなわけだが、こうした株式の売却は「イグジット(EXIT、出口)」と呼ばれる。ベンチャー企業が取れるイグジットの種類は大きく2つ。ひとつは上場(IPO)、もうひとつはバイアウト(売却)だ。日本では上場企業・非上場企業にかかわらず「企業買収」と聞くと身構えられがちだが、例えばアメリカでは最初から「このサービスを育てて、グーグルに買ってもらおう」というのを目標に起業する創業者もいる。特集【1】でも触れている通り、IPOの間口が狭まる中で、これまでは前述の理由から忌避されがちだったバイアウトがようやく日本でも普及し始めているのは良い流れだと言えよう。上場もできず、さりとて売却もできず、リビングデッドと呼ばれる塩漬け状態になるベンチャー企業はこれまで少なくなかったからだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

禁じられたSEX論

禁じられたSEX論

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【永尾まりや】肉じゃがが得意なんです。
    • 【遠山茜子】No.1ギャルと呼ばれる苦悩
    • 【AK-69】が語るヒップホップドリーム
    • 【電子たばこ】は身体に悪いのか?
    • 祝TBS退社!【いつも宇垣に恋してるッ】
    • 【メイカーの伝道師】が語る日本人が目指すべき道
    • 高須基仁/【ツイッター】下品さに喝
    • 【エイプリルフール】という祭り
    • 日本のスーパーが【アリババ】に制圧される日
    • 町山智浩/【ビリーブ】アメリカの未来を担う女性最高判事
    • 【勤勉さで経済大国に】という日本人の誤認
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/ちえみリボーン
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/【失恋ショコラティエ】で女たちは"第二希望"を受け入れた
    • 世界でファンを増やし続ける【SHIBARI】とは?
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【琉球】でビールを造る老舗酒販店の3代目
    • 伊藤文學/【薔薇族】万引きで自殺した少年
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』