サイゾーpremium  > 連載  > 小原真史の「写真時評 ~モンタージュ 過去×現在~」  > 写真時評~モンタージュ 現在×過去~【06】
連載
写真時評~モンタージュ 現在×過去~

「黒船」と富士山とプロパガンダ

+お気に入りに追加
1210_shashin01.jpg
「戦艦サウスダコタと富士山の夕日」(1945年、IZU PHOTO MUSEUM蔵)/戦中霊峰として日本人の戦意発揚に貢献した富士山は、アメリカ側のプロパガンダとしても利用された。

 1945年9月2日、日本の降伏文書調印式が東京湾の戦艦ミズーリ上で行われた。式中ミズーリの甲板が二枚の星条旗で飾られたというのはよく知られたエピソードだろう。一枚は1853年に来航したペリー艦隊のサスケハナ号が掲げていた31星入りのもの、もう一枚は1941年の真珠湾攻撃の際にワシントンのホワイトハウスに掲げられていた48星入りのものだ。当時の州の数だけ星が入れられた二枚の星条旗は、調印式に臨むダグラス・マッカーサーの要望によって本国から取り寄せられたという。アメリカ合衆国の象徴・星条旗によって、その勝利が演出されたわけだ。ペリー艦隊来航から92年越しの勝利といったところだろうか。

 この日の東京湾には、夏の天気としては珍しく、富士山の姿が海面に映っていたようだ。この山もまた日本の象徴とされてきたものの一つだろう。ペリー艦隊は伊豆半島の石廊崎を回る際に富士山を遠望し、その後戦闘開始の号令が発せられたという。海上から見える高山は世界にもあまり多くないようだが、乗員たちが石廊崎沖で眼にした雄大な富士山の姿は、そこが日本の領海内であることを強く意識させるものだったのかもしれない。『ペリー艦隊日本遠征記』の表紙にも、向かい合うアメリカ人と日本人を背景に富士山の装飾が施されている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

禁断の映画と動画

禁断の映画と動画

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論

    • 【石丸元章×海猫沢めろん×MC漢×菊地成孔】対談

インタビュー

連載

    • 【橋本梨菜】ギャル男をマネタイズしたいんです。
    • 【RaMu】YouTubeで人気の美女が泡まみれ
    • 【ダレノガレ】は突然に
    • 日本の【AI市場】と日本企業のAI導入の真実
    • 【オスカー社員】が大量退社で瓦解!?
    • 祭事的【渋谷ハロウィン】分析
    • 【出前アプリ】を支えるライダーたちの過酷な日常
    • 【フレディー・マーキュリー】の一生
    • 町山智浩/『ボーイ・イレイスド』ゲイの息子と神のどちらを選ぶのか?
    • ジャーナリスト殺害事件で変わる【サウジ】の覇権
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/それがジュリー
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【カーネーション】フェミ論点全部乗せの名作朝ドラ
    • 「俺たちの人生は死か刑務所だ」ギャングの豪快な人生
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【山陰】でビール造りに励む男
    • 【薔薇族】刊行で去っていく友と、死を恐れぬ編集者
    • 幽霊、紅衛兵たちのアニメ映画興行。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』