サイゾーpremium  > 特集2  > 【海猫沢めろん】が選んだ自己啓発嫌いが読むべき本

──何事につけてもやはり食わず嫌いは良くないことである。「自己啓発本なんざ読む気がしないですわ」という読者諸兄に、一度くらいは読んでみてもらいたい──ということで、ネタ半分ガチ半分で自己啓発本を数多く読み込んできた作家・海猫沢めろん氏に、嫌いな人でも読める作品を挙げてもらった。

1207_keihatsu03_umisawa.jpg
海猫沢氏の著書『ニコニコ時給800円』

 僕が自己啓発本を読み始めたのは、勤めていた会社を辞めた頃から。最初のきっかけは単純なヒマつぶしで、今までかなりの数を読みましたね。まぁ僕は成功したいわけじゃないし、「俺を論破してみやがれ!」って気持ちで読み始めるから、かなり変わった読者ではあると思うんですが。

 それでまず言いたいのは、起業家の成功ヒストリーには本当にウンザリってこと。宝くじのような体験談ばかりだから自分に当てはめられないし、みんな上から目線でムカつくんですよ(笑)。目新しさがないクセに説教臭いし、読む価値のない本ばかり。実体験を語るタイプは、その著者を信じられるかどうかで決まるわけで、もし信じるに値する著者に巡り会ったら、とことん信者になればいい。でも宗教と同じように、信じるものがある人は幸せ。それが見つからないから、みんな悩むんです。しかも自己啓発本って何十年も昔からほとんど更新されてなくて、似た内容ばかりなんです。少し中身を見ただけで「あ、あのパターンか」ってわかっちゃう。だから僕は普段から「実践できるか」と「独自性があるか」で選ぶようにしてますね。

「実践」のパターンでオススメしたいのは、勝間和代さんが翻訳をした『史上最強の人生戦略マニュアル』【1】ですね。これは人生で直面するさまざまな問題の解決法が示されていて、しかも書き込み式なので、気づくと自己分析もできてしまう。誰でも簡単にできるし、全米でベストセラーになったのも納得です。本を読み慣れていない人や、自己啓発本が嫌いな人にまず読んでほしい一冊ですね。

 同様に、岡田斗司夫さんの『あなたを天才にするスマートノート』【2】も面白い。これは明らかに『史上最強の~』と勝間さんの影響を受けた上で、そこに岡田さんがレコーディングダイエットの要素を取り込んで作った本。毎日自分の評価を記録していくことで、生活の中で切り捨てるべきムダや、もっと伸ばすべき大切な部分がわかってくる、という仕組みです。

「独自性」のパターンだと、中島義道先生の『人生に生きる価値はない』【3】なんてどうでしょう。先に挙げた実践系は、自分のダメな部分ととことん向き合わないといけないデメリットがあります。その結果、マイナス面を克服していくのが目的なんだけど、結構しんどい作業なんですよ。僕自身がそれらの本で自己分析を重ねてわかったのは、自分は大変なことは何ひとつやりたくない、つまり働きたくないってことだった(笑)。そんな後ろ向きなタイプと中島先生は相性が良い。彼は哲学博士で、ニヒリズムを突き詰めた結果「生きる価値はない」ということを、ポジティブな開き直りとして言い切っている。現代は不景気で大変だし、どんなに必死で働いても成長モデルがないのに、みんなで「がんばろう!」って口を揃えて言うでしょう。そういう状況にプレッシャーや生きづらさを感じている人たちの、肩の荷を下ろしてくれる一冊だと思います。同じように、ネガティヴな人には鴻上尚史さんの『孤独と不安のレッスン』【4】がオススメ。孤独との向き合い方をやわらかく説いた名著ですね。最近は『考えない練習』【5】が売れているように、「頑張らなくていい系」が主流になってきた。これは、仏陀が「苦行を頑張ったところで意味なんてない!」と気づき、なにもしないで座るだけで悟りを開いたのと似ていて、仏教的な考え方ともいえます。

 それが行くところまで行き着いたのが、『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』【6】。現代のお金儲けや私利私欲はすべてゲームなのであって、その幻から解脱すればひとつ上のフェーズ、つまり真実の世界に到達できる、という本。かなりスピリチュアルというか、自己啓発のジャンルを飛び越えた一冊です。そもそも自己啓発本の目的って、現世利益であることがほとんどだから、そこから比べるとかなりぶっとんでる(笑)。

 自己啓発本は内容の当たり外れが大きいジャンルだし、最初に言ったように、信じられる著者に出会えればいいんです。だから初めて読む人は、本屋で目をつぶって「手に取った著者を死ぬまで信じる!」って決めて適当に選べばいいんじゃない? もしくは究極的には、自分で書いてみること。それがいちばん思考の整理がされるし、自分を説得させるためだけの世界で唯一の自己啓発本になるからね。(談)

(構成/田島太陽)

海猫沢めろん(うみねこざわ・めろん)
1975年生まれ。作家。ホストやデザイナーなどさまざまな職業を経験したのちに上京し、04年に『左巻キ式ラストリゾート』(イーグルパブリシング)で作家デビュー。自伝的小説『全滅脳フューチャー!!!』(太田出版)のほか、近刊に『愛についての感じ』(講談社)、『ニコニコ時給800円』(集英社)がある。

ここから入門……してみる?
「手始めにこんなところ」めろん先生が選んだ6冊

1207_95p_01.jpg

【1】『史上最強の人生戦略マニュアル』
著:フィリップ・マグロー/訳:勝間和代/発行:きこ書房(08年)/価格:1785円
マッキンゼー時代、人生の戦略に悩んだ勝間氏が自己啓発本を読みあさる中で出会い、「最も影響を受けた」と前書きで語る。「◯◯に関する過去の出来事を5つ挙げる」などの設問の横に空欄があり、本に書き込める作り。


1207_95p_02.jpg

【2】『あなたを天才にするスマートノート』
著:岡田斗司夫/発行:文藝春秋(11年)/価格:1575円
言わずと知れたオタキング・岡田斗司夫氏が伝授する、新しいノート術。ノートに自分の1日の行動を書き出し、それぞれに点数をつけて評価し、自分にとって必要なものを見極める、といったやり方を推奨する。岡田氏はかなり熱心な勝間読者であり、本書もそのエッセンスを存分に取り入れたものになっている。


1207_95p_03.jpg

【3】『人生に生きる価値はない』
著:中島義道/発行:新潮社(11年)/価格:460円
『うるさい日本の私』(洋泉社)、『私の嫌いな10の人びと』(新潮社)などの著作によって“変人”哲学者として知られる中島ギドー氏が、その本分であるニヒリズムを全開に、「どうせ人は死ぬのだから何をやっても虚しいのだ」と開き直る。そこから目を離して生きることが最も不幸だと書くあたり、偏屈者の小誌読者諸兄向きと思われる。


1207_95p_04.jpg

【4】『孤独と不安のレッスン』
著:鴻上尚史/発行:大和書房(11年)/価格:680円
劇作家として知られる鴻上尚史氏が、「ひとりを生きるための練習帳」として記す。「人は一生、孤独と不安から逃れることはできない」とし、ならば、それとどう向きあって楽しんでゆくのか、具体的な実践方法や実例を紹介する。主には若年層向けに書かれているが、そうでない年齢の人でも。


1207_95p_05.jpg

【5】『考えない練習』
著:小池龍之介/発行:小学館(10年)/価格:1365円
各種メディアに引っ張りだこの人気住職・小池龍之介氏による、「不安のない日常」を目指すための練習法。「現代人は『思考病』に陥っている」と説くだけでなく、そこから脱するための実践法を紹介し、22万部超のヒット作となっている。続刊として『ブッダにならう 苦しまない練習』(小学館)も。


1207_95p_06.jpg

【6】『「ザ・マネーゲーム」から脱出する法』
著:ロバート・シャインフェルド/訳:本田健/発行:ヴォイス(11年)/価格:1470円
人材派遣会社マンパワー創業者の孫にしてスピリチュアルカウンセラーの著者が、「本来の自分」の姿を取り戻してお金という幻想に追われるゲームから脱却する方法を説く。「量子物理学的に考えて、この世界は自分の意識が作り出したホログラムでできた幻想である」などなど、オカルト好きにも垂涎ものの記述がたっぷり。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ