サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】瓦礫受け入れの裏に【産廃利権】あり!?
ニュース
市民の健康とお金、どちらが大事?

がれき受け入れの静岡県・島田市長に産廃利権の影あり!?

+お気に入りに追加
1206_shimadashi.jpg

 3月15日、静岡県島田市が、東電管内以外では初めて被災がれきの受け入れを正式表明した。受け入れの検討当初から反対運動が起こったが、桜井勝郎市長の独断的な指揮の下で、がれきの受け入れが進められていった。

「11年12月の受け入れ方針発表当初は、多くの住民がこれに猛反対。桜井市長が反対派を『左翼的ヤクザ』と呼び、それに対して反対派が『こんなゴリ押しで、どっちがヤクザだ』と罵り合うほど泥沼となっていました」(近隣市の職員)

 結局、2月16・17日に実施した災害廃棄物の試験溶融(焼却)で、基準値以上の線量率は計測されず、これをきっかけに受け入れへと傾いた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ