サイゾーpremium  > 特集  > 【人殺し本】は誰のために書かれるのか?

bs_kyouaku_sikeideiidesu.jpg
『死刑でいいです』(共同通信社)。

──06年5月、福島県で、男子高校生が、母親を殺害して、頭部を切断。9月には京都で、就寝中の父親の首を、娘がオノで切りつけて殺害した。事件の本質を理解し、再発を防ぐために「出版」に課せられた責務とは?

常人では理解しがたい凶悪事件が起こるたび、それに関連した報道が連日のように繰り返され、事件の真相、犯人の真の動機などを探ることをテーマにした書籍が出版される。コラムでも紹介している『僕はパパを殺すことに決めた』【1】は、その代表格だろう。

 そうした本、特に加害者側に立った本の出版を考える上で、被害者と残された被害者遺族という存在を忘れてはいけない。光市母子殺害事件に関するナーバスな報道を見れば、加害者の言動や動機、弁明が、被害者遺族や報道する側の感情を逆撫でする性質を持っていることがわかる。時に殺人を正当化するような加害者の言い分が、出版を介して流布されることもある。ゆえに、その是非をめぐる議論が巻き起こるのが常だ。

 それでも、こうした本が出版されるのは、一定のメリットがあるからだ。犯罪社会学を専門とする立正大学・小宮信夫教授は言う。

「このような事件が起こっているんだということを知ることで、危機管理意識が高まります。また、加害者の周囲の人の接し方を知ることによって、自身の行動や子どもの教育などのヒントになるというメリットもあります。さらに、犯罪者の悲惨さを知って、自分が恵まれていることを確認して安心感を得るという面もあります」

 また、連続幼女殺害事件の宮崎勤の告白本『夢のなか』【2】の出版や、奈良小1女児殺害事件の小林薫の独占手記を雑誌「創」(創出版)に掲載するなど、殺人者の告白を扱ってきた同誌編集長篠田博之氏は、それを世に伝える意義について次のように語る。

「宮崎勤の事件以来、『心の闇』などという言葉で説明される、動機が解明されない事件が非常に増えています。それをしっかり解明して、社会全体で考えていかないと、この社会のシステムが壊れてしまうと思うのです。そのためにメディアは、犯罪者を抹殺して終わりにするのでなく、動機解明にもっと意を尽くすべきだし、彼らの内面を探らなければならないと思うのです」

 事件の真相、要因を究明して社会に問題提起することは、事件報道の大きな目的の一つだ。その意味で、犯人自らの告白は、一次情報として非常に有益だ。しかしそれは同時に、前述したような、被害者遺族を傷つけるという側面も持つ。この点を篠田氏は、どう考えているのか?

「ある意味、殺人犯に弁明の場を与えているわけですから、被害者感情との問題は当然あります。また、被害者側に自分の身を置いて同情的になる、というのが一般の人の受け止め方ですから、世論の反発もあります。それゆえ大手マスコミにはなかなかできないことかもしれない。だからこそやる意味はあると思うし、事件を解明するためには殺人犯の内面に踏み込むという作業は不可欠だと思います」(篠田氏)

 実際、「創」に殺人犯の手記を載せることで、ワイドショーなどがセンセーショナルに取り上げた結果、視聴者から抗議の電話を受けたりすることもあるそうだ。抗議の内容は、「人殺しの肩を持つのか」というような頭ごなしのものばかりだという。

殺された側の論理を知ることも欠かせない

 これまでのジャーナリズムは、そうした加害者の周辺や内面を探ることに主眼を置きつつも、加害者自らの弁については、距離を置いて扱ってきた。そうした報道が多数を占める中で、殺人者の弁を世に伝えるメディアが存在する意義は大きい。報道姿勢にも多様性があったほうが、社会への還元も大きいということだ。

 さらに、前出の小宮教授に言わせれば、既存の殺人事件報道は、人的要因だけに目を向ける画一的なものばかりで、防犯という観点からはほとんど役に立たないと指摘する。

「自分の身を守るという観点でいえば、犯罪を場所や環境でとらえて、危険な場所では警戒したり、そういう場所を減らす努力をすることのほうがはるかに有益です」

 また、事件のもう一方の当事者、被害者とその遺族もまた、これまでの報道では距離を置いて扱われていた。被害者家族の本心に迫った『殺された側の論理』【3】の著者、ノンフィクションライターの藤井誠二氏は、彼らの言葉を伝えることの重要性を次のように語る。

「これまでのジャーナリズムの仕事は、加害者がなぜ生み出されたかを探求することに重きを置くあまり、殺された側の存在をないがしろにしてきたのではないか、という思いがありました。以前に比べると、メディアの中で、被害者に関する報道の量は増えていますが、『世の中には、こんなかわいそうな思いをしている人がいるのね』という感じで消費されているだけの面は否めません。怒りであるとか悲しみであるといった、そういう文言の上澄みだけを伝えている部分が多いような気がして、そうではない部分を伝えなければならないと思ったわけです。殺された側にしか主張し得ない考え方、殺された側にしか見えない矛盾、殺された側にしか感じることができない人間の心、そういったものを伝えることには大きな意義があります」

 それまで、事件の凄惨さを演出するためにしか取り上げられなかった被害者遺族の声。彼らの不断の働きかけや藤井氏の活動などによって、さまざまな被害者救済制度が次第に整えられつつある。また、殺人者たちの本が、前述のような問題解決のために意義あるものであるならば、被害者遺族の声は、いつ被害者や被害者遺族になるかわからない我々国民への「問題意識を共有せよ」という警告にも取れる。

 書店には殺人事件に関するさまざまなテーマの本が並ぶが、一方の視点のみを受け入れ、ほかの視点を排除するように読むのではなく、それぞれの本の役割を十分に理解した上で読む必要があるだろう。すでに起こってしまった殺人事件から、我々が学べる情報は一つではない。

(文/逸見信介)
[07年12月号所収]

bs_kyouaku_bokuwa.jpg

【1】『僕はパパを殺すことに決めた』
草薙厚子/講談社(07年)/1575円
講談社は事態の推移に鑑みて、同書の重版を控え、出荷も停止している。そのため入手困難となっており、アマゾンやヤフオクでは1万円近い値で取り引きされている。


bs_kyouaku_kirino.jpg

『霧の中』
佐川一政/彩流社(02年)/1365円
81年に留学先のパリでオランダ人女性を殺害し、その肉を食べた(パリ人肉事件)佐川一政が、その体験を綴った「私小説」。刊行当時、反省の色なし、と批判の的となった。


bs_kyouaku_yumeno.jpg

【2】『夢のなか 連続幼女殺害事件被告の告白』
宮崎 勤/創出版(98年)/1575円
88年から89年にかけて発生した東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件の犯人、宮崎勤との往復書簡。事件以外のことにも言及している。続編『夢のなか、いまも』と併せて読みたい。


bs_kyouaku_19sai.jpg

『19歳 一家四人惨殺犯の告白』
永瀬隼介/角川文庫(04年)/500円
92年、市川市で起きた一家4人殺害事件の犯人で19歳の少年・関光彦との面会、手紙のやりとりから、凶行に及んだ動機、背景を探る。01年12月死刑確定(執行はされていない)。


bs_kyouaku_ikebukuro.jpg

『池袋通り魔との往復書簡』
青沼陽一郎/小学館文庫(02年)/560円
99年、池袋で発生した、女性2人の命が奪われた通り魔事件。犯人・造田博が作った「造田博教」についての手紙を通じた著者とのやりとりは、理解不能。07年4月に死刑確定。


bs_kyouaku_korosareta.jpg

【3】『殺された側の論理』
藤井誠二/講談社(07年)/1680円
100を越える被害者家族の取材を通じ、凄惨な事件の概要や被害者家族の苦悩が綴られている。単なる感情的な主張ではなく、被害者家族救済についての議論にまで話は及ぶ。


供述調書は"公正"なのか?
『僕はパパを殺すことに決めた』、その執筆手法の波紋

 著者宅などの強制捜査から、供述調書を提供したとされる精神鑑定医の逮捕にまで発展した、『僕はパパを殺すことに決めた』。事件を引き起こした要因である、加害少年やその父親などの供述調書を大々的に引用するという手法の是非が問われている。

「生の情報がこれだけ明らかにされている、という意味では、資料的価値は高いともいえる。著者にとっては皮肉に聞こえるかもしれませんが」と語るのは、「創」の篠田編集長。著者は、調書を介した少年との「対話」によって、事件の真の原因を、父親によるスパルタ教育、と結論づける。

「生の資料でインパクトがあるだけに、読んだ人はこれが真実だととらえる可能性は大いにあるでしょう。しかし、調書は、基本的には検察警察が取り調べを基にして書いた"作文です。真実が書かれているとは限りません。だから、引用された調書が、全体の中でどういう位置づけで、どういう状況で取られたものなのか、ということを解説しなければ危険です」(篠田氏)

 捜査側の調書は、裁判で有罪判決を得ることを目的として書かれている。それを検証なく出す、というのは、捜査が適法に行われているかをチェックする犯罪報道の役割を果たしていないばかりか、読者に加害少年や父親の人物像を歪めて伝えてしまう可能性もある。言論活動に刑事司法の介入があってはならないが、少年法やプライバシー権の精神を反故にするだけの公益性が同書に認められるかが問題だ。

 さらに、 「直接のきっかけは父親の刑事告訴ですが、調書の引用の割合がもっと少なければ、強制捜査まではしなかった、という話ですよ」(検察に詳しいジャーナリスト)という意見もある。これだけ大量の資料が漏えいし、ほとんどそのままの形で出版されれば、当局の面目は丸潰れである。そこに、加害少年の父親の告訴が飛び込んできた。となれば、「"報道の自由"の一線を越えたジャーナリスト」を懲らしめに当局が動くことは想像に難くない。

 プライバシー尊重の精神が肥大し、報道の自由を圧迫する近年は、ジャーナリズムにとって逆風が吹いている。そんな中での、著者の取材活動は評価されるべきだが、当局に隙を見せないよう資料の使い方などに配慮すべきであったのではないか。もっとも保護されるべき情報源が逮捕されたという前例は、負の遺産としてジャーナリズム全体に深い影を落としている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ