サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > 高校球児よ、見よ!人前で泣く清武ではなく...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第74回

高校球児よ、見よ!人前で泣く清武ではなく、涙をこらえる清原の姿を。

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1201_takasu.jpg
対談で、清原が野球界に戻りたがっていることはよくわかった。だが、プロ野球は難しいだろう。野村克也監督は、サッチー騒動で阪神の監督を実質クビになったあと、すぐにシダックスの監督に就任した。心の不良少年、清原よ、ノンプロでもいいじゃないか。その生き方を学生たちに見せてほしい。

 11月下旬、「スポーツ報知」の裏一面で、清原和博が高校野球の指導者として招へいされていることが報じられた。アプローチしているのは、甲子園に春夏計6度出場した日本航空高(山梨県甲斐市)や日本航空石川高(石川県輪島市)を運営する、学校法人日本航空学園である。部活動部門を統括するGM(ゼネラルマネージャー)のほか、校長として招く可能性もあるという。実はこれ、私が加勢していることである。

 清原とはサイゾー10月号の対談で久しぶりに会った。あの時、私はあらためて清原のことが好きになった。18歳、ドラフト会議直後の会見で涙目になった清原。41歳、引退会見で涙目になった清原。しかし、決して涙は流さなかった。いつも奥歯をかみしめ冷や汗と脂汗を流し、涙をこらえて耐えていた。ひとりぼっちで戦うガキ大将である。

 キヨはキヨでも、元読売巨人軍代表の清武英利氏はなんだ。会見で、61歳にもなって「ファンのために……」なんて言って、ハンカチを出して泣いていた。私だって人前でハンカチを出して泣いたことはないぞ。清原とは大違いである。清武は2004年に巨人の代表に就任した。04年といえば、清原が去就問題で謝罪会見を行った年。追い出そうとしてたのはお前か? あの時の清原の言葉、「泥水をもすする覚悟で精いっぱいプレーしたい」は忘れない。私の大好きな言葉「ぼうふらが 人を刺すよな 蚊になるまでは 泥水飲み飲み 浮き沈み」と同じ意味である。

 そんな清原の生き方が、日本航空学園を運営する梅澤理事長の心を打った。同学園は、JALとは何の関係もない。戦時中、卒業生は陸軍航空廠へ軍属として全員優先採用されるなど、少々右翼っぽいところがある学校である。全寮制で侍精神を尊ぶ。清原の男を通すところと通じる。

 プロ野球選手が高校野球の監督になるのは難しい。教育を第一と考えている高野連が、教員以外の人間に門戸を開かないからだ。指導者になるための条件を、教員経験10年必要→5年→2年と徐々に緩和させ、今年、臨時講師や大学専任教員としての勤務期間も認めた。過去には、プロ野球引退後、教員免許を取得し高校野球の監督になった選手もいる。

 ここへ風穴を開けるのは誰か。清原ではないか。職業として監督を選んで何が悪い。ボランティア感覚では強い選手は育たない。オリンピックと同じだ。私は、オリンピックの女子選手は清く正しくセックスなんかしないと、ずっと思っていた。ところが、今なんか、みんなメチャメチャ遊んでいるだろう。高校野球だけ「聖地」のわけがない。そもそも高校で野球をやるやつなんか、勉強ができない不良ばかりだ。

 さらに、ハードルとなるものは3つある。金銭面、世間体、ひざの故障。金銭面と世間体は、日本航空高が山梨と石川にあることに免じて乗り越えてほしい。打倒山梨・甲府商業(堀内恒夫の出身校)、打倒石川・星稜高校(松井秀喜の出身校)である。石川のキャンパスは能登空港を降りたらすぐ目の前。ひざが心配なら、東京から飛行機で通えばいい。

 そもそも私がなぜこの件に加勢しているかというと、この学園は、東京や静岡、石川、山梨にダンススクールも運営している。校長を務める相良まみは、いじめられて行き場のない子どもたちに、ダンスのスキルで克服するように教えている。いじめられっ子、あるいは不良少年が世間から差別区別されても、野球やダンスという武器があれば戦っていける。清原も野球界から糾弾され、フロントやマスコミから言葉の暴力を受けた。けれども泣かない。彼は野球という武器を持っているからだ。

 私はこの件に関して金をもらってはいない。功名心もない。ただひたすら"抵抗の武器"を清原という天才に持たせたいという思いで加勢する。規制の関係で甲子園のグラウンドに立てないのなら、ネクタイ姿でスタンドに立てばいい。応援のブラスバンドは長渕剛の曲にすればいい。

 ジャーナリスト出身のインテリ清武は、会見でなんの関係もないオリンパスを引き合いに出し、コンプライアンスがうんぬんと説いた。クライマーズハイならぬジャーナリズムハイになってるな。「重大な法規違反がある」と言って文科省で会見を行ったが、フタをあけてみたら内紛の恨みつらみ。なぜ記者クラブの記者たちは「文科省でやる必要あるんですか」とつっこまない? 

 11年のおかしい点2つ。8月15日を新聞休刊日にしたこと。清武の記者会見で記者クラブのやつらが何も言わなかったこと。そんな非常識が通じるなら、清原が高校野球の監督になるくらいどうってことない。けっこう毛だらけじゃないか。

高須基仁ブログ「"百花繚乱"独り言」〈http://plaza.rakuten.co.jp/takasumotoji/〉

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ