サイゾーpremium  > 特集2  > 売れるバンドは見た目8割、テク2割? t...

──日本独自のカルチャーとして世界各地でも人気の高い「ビジュアル系」。イロモノ扱いされてきた期間も長いが、現在ではすっかり音楽のいちジャンルとして定着している。一般的なイメージは「世界観を作りこみ、ルックスに凝り、熱狂的女子ファンがついてモテまくり」といったところだろうが、本当にそうなのか?果たして本当にビジュアル系はカッコイイのか!? 音楽業界におけるその位置づけ、事務所間の力関係の闇、はたまた当のファンたちが知る「意外な一面」まで、いま再びアツいビジュアル系の世界を問い直す!

1111_V_tobira.jpg
(絵/土谷尚武)

 その派手ないでたちから、約20年前の黎明期にはイロモノ的に見られていたビジュアル系バンドだが、近年では、街を歩けばビジュアル系バンドマンに憧れているかのようなスタイルのホストや学生もあふれ、いつの間にか市民権を得たように見える。また今年10月23日には、2回目となる、ビジュアル系バンドの音楽フェス『V-ROCK FESTIVAL 2011』がさいたまスーパーアリーナで開催されるなど、ジャンルとしては活況を呈しているようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ